Cylindrotheca cf. closterium

*左写真の右上から左下にかけて伸びている個体(黒矢印先)
 殻形は、細い舟形、先端の形はくちばし形、線状。
 殻長:224.2μm、殻長の3/4程度は線状の先端部である。
 巾:8.7μm
 間板:8-9/10μm
 

 採取地:太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE.

ページ作成日:2007.08.20
最終更新日:2013.08.31
あとがき
 バシラリア目は、釧路川・琵琶湖・池(大阪府)・府民の森・烏川・温井川・余呉湖・木津川・荒川・日本海(山口県)・太平洋(2ヶ所)・瀬戸内海(2ヵ所)の
 14地域の試料から産出しています(2013年8 月現在)。
  このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 バシラリア目に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013 .08.31 管理人
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
バシラリア目の部屋へようこそ !
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Bacillaria paxillifer (O. F. Muller) Hendy

 Syn : Vivrio praxillifer O. F. Muller 1786, Nitzschia praxillifer (O. F. Muller) Heiberg 1863,
     Bacillaria paradoxa Gmelin in Linneaeus 1788
 殻形は、線形、先端の形はくさび形。
 殻長:61.8-76μm
 巾:5.6-5.8μm
 条線:23-25/10μm
 間板:6-8/10μm
 管縦溝は殻の中央部を長軸方向にまっすぐに走る。


 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Hantzschia amphioxys (Ehrenberg) Grunow in Cleve and Grunow 1880

 Syn : Eunotia amphioxys Ehrenberg 1841, Nitzschia amphioxys (Ehrenberg) W. Smith 1853,
     Navicula amphioxys Westendrop 1845-1849, Amphora amphioxys J. W. Bailey 1850,
     Hantzschia amphioxys var. genuina Otto Muller 1905, Nitzschia amphioxys var. genuina Mayer 1919
 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:33.4-37μm
 巾:6-7.5μm
 条線:23-25/10μm
 間板:8-10/10μm
 中心節がある。
 管縦溝が走る側の殻縁の中央部がへこむ(矢印)。


 採取地:釧路川(北海道東部)、池(大阪府)、余呉湖(滋賀県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
  ハンチア属 (Hantzschia)
バシラリア目 (BACILLARIALES)
 
バシラリア科(Bacillariaceae)
 
 バシラリア属 (Bacillaria)
製作者:NaCl & Au
  プサモディクチオン属 (Psammodictyon)
Tryblionella littoralis (Grunow in Cleve and Grunow) D. G. Mann

 Syn : Nitzschia littoralis Grunow in Cleve and Grunow 1880,
     Nitzschia tryblionella
var. littoralis (Grunow) Grunow in Van Heurck 1881,
     N. visurgis Hustedt 1957
 殻形は、狭い舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:61μm
 巾:16.8μm
 条線:不明瞭
 間板:8-9/10μm
 管縦溝は一方の殻縁に沿って走る。
 ほぼ長軸に沿って中央部にしわのように見える線がある。
 殻の両縁共に、中央に浅いくびれがある(矢印)。


 採取地:烏川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
        THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
  トリブリオネラ属 (Tryblionella)
Tryblionella salinarum (Grunow) Pelletan

 Syn : Nitzschia tryblionella var. salinarum Grunow in Cleve and Grunow 1880,
     Nitzschia calida
var. salinarum (Grunow in Cleve and Grunow) Frenguelli 1923
 殻形は、狭い舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:37.3μm
 巾:10.7μm
 間板:11/10μm
 肋:10/10μm、肋はほぼ平行に並び、殻を横切る。
 長軸方向に肋をまたぐしわが2本あるように見える。これは殻表面が波打っているためにそのように見える。
 殻中央部は浅いくびれがある(矢印)。
 

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
        THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
  ニッチア属 (Nitzschia)
Tryblionella apiculata Gregory

 殻形は、舟形もしくは狭い舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:40.3μm
 巾:8.9μm
 肋:10/10μm、肋はほぼ平行に並ぶ。
 間版:6-7/10μm
 長軸方向に一本の溝があるように見える。
 管縦溝と間板は光顕下では判別できなかった。
 殻の中央部の両縁共にくびれる。
 

 採取地:温井川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度・間版密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
        淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Nitzschia brevissima Grunow in Van Heurck

 Syn : Nitzschia parvula Lewis 1862 non W. Smith 1853, N. obtusa var. brevissima (Grunow) Van Heurck 1885,
 殻形は、線形の中央圧縮形、先端の形はくちばし形。
 殻長:34.5μm
 巾:4.8μm
 条線:不明瞭
 間板:8/10μm、間隔不同。
 殻中央部の両縁共にかなり強くくびれている(左写真の矢印)
 

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Nitzschia amphibia Grunow

 Syn : Nitzschia amphibia var. acutiuscula Grunow in Cleve and Grunow 1880,
 殻形は、舟形、狭い舟形、線形、先端の形はくさび形。
 殻長:10.3-20..4μm
 巾:3.8-4.4μm
 条線:17-20/10μm
 胞紋:22-24/10μm
 間板:9-10/10μm
 中心節のあるものとない物があるが、採取試料の物は小型のものが多く、中心節は確認できなかった。
 

 採取地:釧路川(北海道東部)、琵琶湖南湖(滋賀県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度・間板密度は、採取した試料の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Nitzschia commutata Grunow
,
 殻形は、線形、先端の形はくさび形。
 殻長:58.7μm
 巾:9.5μm
 条線:16/10μm、平行に配列するが、殻端でわずかに放散状となる。
 間板:9/10μm、殻中央部では、間版を欠く中心節がある(左写真の矢印)。
 殻中央部の両縁共にくびれている。
 

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本淡水プランクトン図鑑. (1964)水野尋彦;保育社.
Nitzschia dissipata var. media (Hantzsch) Grunow

 Syn : Nitzschia media Hanzsch 1860,
 殻形は、舟形、先端の形は頭状形、くちばし形。
 殻長:25-33.6μm
 巾:4-4.5μm
 条線:不明瞭
 間板:9-12/10μm
 基本種との違いは、殻縁が平行に近いこと、殻先端の形が違うことで区別できる。
 

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Nitzschia parvuloides Cholnoky

 殻形は、狭い楕円形、舟形、狭い舟形のS字形、先端の形はくさび形。
 殻長:25.1μm
 巾:4.4μm
 間板:12/10μm 、中央部に間版の欠けた中心節がある(左写真矢印)。
 殻形はゆるいS字状であるが、殻の一方側のみ中央でへこむ。その部分が間版列の中心節にあたる。
 

 採取地:温井川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Nitzschia sigma (Kutzing) W. Smith

 Syn : Synedra sigma Kutzing 1913,
 殻形は、舟形のS字形、先端の形はくさび形。
 殻長:83.4μm
 巾:6.3μm
 間板:10/10μm
 殻はS字状。
 管縦溝は間版のある側の殻縁に沿って走る。
 

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Nitzschia tabellaria (Grunow) Grunow in Cleve et Grunow 1880

 Bas : Denticula tabellaria Grunow 1862
 Syn : Nitzschia sinuata var. tabellaria (Grunow)HGrunow in Van Heurc 1881
 殻形は、狭い楕円形、舟形、狭い舟形の中央膨出形、先端の形はくちばし形。中央部が強く膨出する。
 殻長:12.3-18.6μm
 巾:4.4-6.8μm
 条線:20-23/10μm、弱い放散状配列
 胞紋:22/10μm
 肋:6-8/10μm 、肋は長く伸びて殻の中央まで達する。
 管縦溝は狭く、殻縁に沿って、または殻縁側へ寄り添うように走る。。
 

 採取地:烏川(群馬県)、府民の森(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度・肋密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 バシラリア亜綱 (BACILLARIOPHYCIDAE)
  
 バシラリア目 (BACILLARIALES)
  
 
 ・バシラリア科 (Bacillariaceae)
      
 バシラリア(Bacillaria)
      
 ハンチア属(Hantzschia)
      
 プサモディクチオン属(Pusammodictyon)
      
 トリブリオネラ(Tryblionella)
      
 ゴンフォニッチア属(Gomphonizschia)
      
 ニッチア属(Nitzschia)
      
 ネオデンティクラ属(Neodenticula)
      
 シリンドロセカ属(Cylindrotheca)


緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

 こちらは、珪藻分類群別写真集のバシラリア目の部屋です。
 バシラリア目の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 バシラリア亜綱 バシラリア目
 
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
珪藻の部屋
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
参考文献一覧

・日本淡水プランクトン図鑑. (1964)水野尋彦;保育社
・日本海洋プランクトン図鑑改訂版(1982)山路勇;保育社
・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge
・Akiba and Yanagisawa(1986);Taxanomy, mrphology and
 phyrogeny of the Neogene diatom zonal marker species in
 middle-to-high latitudes of the North Pacific; In Kagami,
 H., Karig, D.E., Coulbourn, W.T. et. al., Init.Rep. DSDP., U.S.
 Goverment Printing Office, Washington, vol.87, p.483-554
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

ゴンフォニッチア属 (GomphoNitzschia)
Gomphonitzschia ungeri Grunow

 殻形は、細い楕円もしくは狭い舟形で無相称
 先端の形;くさび形。
 殻長:18.2μm
 巾:最大5.1μm
 条線:18/10μm、平行に配列する。
 間版:10-11/10μm
 

 採取地:荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間版密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
        淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Tryblionella punctata W. Smith

 殻形は、楕円形、もしくは細い楕円形。先端の形はくさび形。
 殻長:37.2-49μm
 巾:20.3-22.3μm
 条線:7-8/10 μm、平行に配列し、殻端でわずかに放散状となる。
 間板:7-9/10μm
 胞紋;6-9/10μm Tryblionella属の中では粗い。
 殻面が横方向にうねっているため、光顕では長軸方向に線があるように見える。


 採取地:太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度胞紋密度は、採取した試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Psammodictyon pandriforme (Gregory) Mann

 Bas : Nitzschia pandriformis Gregory
 Syn : Nitzschia pandriformis Gregory 1857
 殻形は,細い楕円形で中央圧縮形.先端の形はくさび形・準くちばし形,もしくは小突起形.
 殻面には殻を縦走する歪が認められる.
 殻長;27.6-50μm
 巾;10.7-17.6μm
 条線;11-15/10μm,胞紋列からなり,平行に配列し,殻端では緩やかな放散状をなす.
 胞紋;9-12/10μm
 間板;10-12.5/10μm

 採取地:太平洋(和歌山県海南・茨城県ひたちなか市),紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・幅・条線密度・胞紋密度・間板密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Psammodictyon sp.2

 殻形は,舟形で中央圧縮形.先端の形はくさび形,くちばし形.
 殻長;49.3μm
 巾;13μm
 条線;12-13/10μm ,訪問列からなり,殻面の中央で平行に、殻端では放散状に配列する.
 胞紋;10-12/10μm.,胞紋の形は六角形で,密度が小さい.
 間板;11-12/10μm

 採取地:太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・幅・条線密度・胞紋密度・間板密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Nitzschia vitrea G.Norman

 Syn : Nitzschia linearis var. vitrea (Norman) Hustedt 1909
 殻形は、細い舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:63.2μm
 巾:4.6μm
 条線:15-16/10μm、条線は殻全体で平行に配列する。
 間板:16/10μm
 

 採取地:太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑改訂版(1982) 山路勇;保育社.
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

  シリンドリセカ属 (Cylindrotheca)
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Psammodictyon sp.3

ページ作成および更新情報
 作成日:2007.08..20
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新3:2010.07.25
 更新2:2010.01.03
 更新1:2008.08.10
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

  ネオデンティクラ属 (Neodenticula)
Neodenticula seminae (Simonsen and Kanaya) Akiba and Yanagisawa

 Syn : Denticula marina Semina 1965, Denticula seminae Simonsen and Kanaya 1961
 殻形は、舟形、先端の形は広円形。
 殻長:6.6-7.3μm
 巾:2.4-2.8μm
 間板:9-106/10μm
 条線:14-17/10μm
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:Akiba and Yanagisawa(1986);Taxanomy, mrphology and phyrogeny of the Neogene
        diatom zonal marker species in middle-to-high latitudes of the North Pacific;
        In Kagami, H., Karig, D.E., Coulbourn, W.T. et. al., Init.Rep. DSDP., U.S.Goverment Printing
        Office, Washington, vol.87, p.483-554.
Psammodictyon sp.1

 殻面は舟形で中央圧縮形である.
 殻面は縦軸方向にうねりが存在し,光顕ではこのうねりにより殻縦方向に線が走るように見える.
 殻先端の形は,小突起状もしくはくさび形.
 殻長;15.7-25.4μm
 巾;7.7-10μm
 条線;18-21/10μm,胞紋列からなる.
 胞紋;13-16/10μm
 間板(竜骨keeled raphe);13-16/10μm

 採取地:日本海(山口県),瀬戸内海(兵庫県須磨・明石),太平洋(和歌山県海南),紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・幅・条線密度・胞紋密度・間板密度は,採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Psammodictyon sp.3

 殻形は,縦に長い六角形,中央圧縮形.先端の形は,くさび形.
 殻長;12.8μm
 殻巾;6.9μm
 条線;24/10μm,胞紋列で殻中央部では平行に配列し,殻端に近づくと放散状となる.
 胞紋;16/10μm,胞紋の形は六角形を呈す.
 間板;13-142/10μm

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・幅・条線密度・胞紋密度・間板密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Nitzschia linearis (Agardh) W. Smith

 Syn : Frustulia linearis Agardh ex. W. Smith 1853, Nitzschia linearis f. brevis H. Peragallo and M. Peragallo 1900,
     N. linearis var. genuis A. Mayer 1913,
 殻形は、線形、先端の形はくさび形。
 殻長:113μm
 巾:5.3μm
 条線:21/10μm
 間板:11-12/10μm
 間版列の中央では間版を欠く中心節がある(左写真矢印)。
 

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・間板密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.