DIATOMS
珪藻写真
珪藻の部屋
ページ作成および更新情報
 作成日:2013.08.31 NEW

製作者:NaCl & Au
珪藻綱の一種の部屋へ、ようこそ !
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
ページ作成日:2013.08.31.
最終更新日:2013.08..31.
あとがき
 今回の珪藻綱の一種の部屋は、瀬戸内海・紀伊水道・太平洋の3地域の試料から作成しました(2013年08月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 珪藻綱の一種の部屋に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人

Copyright 2008 Neko no Shippo
 こちらは、珪藻分類群別写真集の珪藻綱の一種の部屋です。
 この部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱  
 に属し,かつ珪藻の部屋のどの部屋に属すのか不明だった
 タクサの写真を掲載しています.
 タクサ名につきましては、誤り等あるかと思いますが、ご了承ください
 当部屋の写真で,ご存知の属・種がございましたら,掲示板もしくはメールにて
 ご教授いただければ幸いです.

参考文献一覧

 ・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge
 ・New marine diatoms from Miocene Abuzuru Formation, the Miura      Peninsula ;central Japan.Komura(2005),Diatom vol.21,p.1-46.

珪藻の部屋
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
アクナンテス目(Achnanthales)の一種 その1

 殻形は,楕円形.
 先端部は,くさび形.
 殻長;19.2-28.7μm
 巾;11.5-27.2μm
 条線;縦溝殻:16.5-22/10μm
     無縦溝殻:6-8/10μm
 胞紋;縦溝殻:17-22.5/10μm
     無縦溝殻:4-8.5/10μm
 無縦溝殻(写真右上と左下)には,軸域の左右に互い違いに線状の隆起部と
  沈降部が配列する(肋の様な構造).
 沈降部に胞紋が個々に独立して存在する.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
キンベラ目(Cymbellales)の一種 その1

 殻形は,帯面観はくの字に曲がったくさび形
 殻長;36.6μm
 殻高;7.3-10.1μm
 条線;18-20.5/10μm,ほぼ平行に配列する.
 両殻共に縦溝が中心付近まで延びる.
 帯面観で殻端に隔壁が認められない.
 以上の2点から,Rhoicosphenia属ではないと考えられる.


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
キンベラ目(Cymbellales)の一種 その2

 殻形は,細い舟形で上下非対称.
 殻長;14.7μm
 巾;4μm
 条線;13-15/10μm,平行に配列する.
   殻端に行くに従い若干密度が大きくなる.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
キンベラ目(Cymbellales)の一種 その3

 殻形は,細長い舟形上下非対称
 先端の形は,,頭部(巾が広い方)円形,尾部(巾が狭い方)楔形.
  殻長;30.4-33.7μm
 巾:5.6μm
 条線;14.5-25.5/10μm,中心から頭部にかけては,放散状に配列する.
  中心から尾部方向はほぼ平行配列で,尾部に近い部分で放散状となる.
  殻端に行くに従い密度が大きくなる.特に,頭部の密度は大きい.
 中心域は円形.
 軸域の巾は一定で,殻巾の最も狭い部分では軸域の巾は殻巾の1/3以上となる.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
バシラリア亜綱(Bacillariaphycidae)の一種 その1

 殻形は,殻面は細い卵形で上下非対称.帯面は楔形.
 殻端は,頭部は円形,尾部は楔形.
 殻長;21.7-25μm
 巾;6.2-7.3μm
 条線;17.5-25/10μm,放散状に配列する.
  殻端に行くに従い密度が大きくなる.
 中心域は円形.
 縦溝は真っ直ぐ伸びる.中心域で向かい合って大きな孔を作って終わる(写真上・右下).
 Gomphonema属やGomphoneisis属のように中心域に遊離点は存在しない.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
ナビクラ目(Naviculales)の一種 その1

 殻形は,細長い楕円形.
 先端の形は,くさび形もしくは円形.
 中軸域にH形の無紋域がある.
 殻長;24.8-35.1μm 
 巾;9.1-12.5μm
 条線;密度は無紋域外側・内側共に19-22/10μm
  配列は外側では中心で平行,殻端にいくに従い放散状になる.
  内側は平行に配列する.
 縦溝は,殻中央部で中心孔を作ってまっすに向き合って終わる.
  殻端では両端で同じ向きに曲がる.
 殻面の無紋域は,殻端に向かって巾が狭まる.
 中軸域にH形の無紋域があることから,Lyrella科Lyrella属もしくは,
 Sellaphora科Fallacia属と考えられるが,両者の区別は光学顕微鏡では難しい.


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
バシラリア亜綱(Bacillariaphycidae)の一種 その2

 Syn ; Callimastogloia eucallo Komura,2005
 殻形は,楕円形.
 先端がくさび形.
 殻長;16.6-23.7μm
 巾;12.2-17.2μm
 条線;10.5-13/10μm
 胞紋;7-10/10μm
 縦溝は真っ直ぐ走り,殻端に達しない.


 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:・The Diatoms 1990 Round, Crawford, and Mann
         ・New marine diatoms from Miocene Abuzuru Formation, the Miura Peninsula ,
          central Japan.Komura(2005),Diatom vol.21,p.1-46