Actinoptychus senarius Ehrenberg
 
*「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「コシノディスクス亜綱2」へ

 殻形は、硬貨形.。殻面は扇形の隆起部と沈降部が交互に並ぶ。
 一般的には隆起部・沈降部あわせて六つの扇形からなる。
 殻径;22.8-67.4μm
 胞紋;沈降部;13-15.7/10μm,隆起部;14-19/10μm
 胞紋は放散状の条線を形成する。
 中心域は、無紋域もしくは粒状である。
 唇状突起(rimoportula)の外側開口部は、殻面隆起部の縁辺部に存在する(矢印)。
 単体で認められる。
 

 採取地:日本海(福井県高浜・山口県長門)・瀬戸内海(兵庫県須磨)・紀伊水道(大阪府南部)・
      太平洋(和歌山県海南・田辺・茨城県ひたちなか市)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
ページ作成および更新情報
 作成日:2013.08.31(分離)
 最終更新:2013.08.31 NEW
コシノディスクス亜綱 2の部屋へ、ようこそ !
あとがき
  コシノディスクス亜綱 2の部屋は、日本海(福井県・山口県)・太平洋(和歌山県2ヶ所・茨城県)・瀬戸内海(兵庫県2ヶ所)・紀伊水道の
  8地域の試料から産出しています(2013年8月現在)。
   このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
  コシノディスクス亜綱 2に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
参考文献一覧

日本海洋プランクトン図鑑(改訂版),1982,山路勇;保育社
・日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻ほか),1966,元田茂ほか,蒼洋社
・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
・Fryxell, Sims, and Watkins,1986, Azpeitia(Bacillariophyceae):Related
 Genera and Promorphology

珪藻の部屋

コシノディスクス目 (COSCINODISCALES)
 
コシノディスクス科(Coscinodiscaceae)
ページ作成日:2013.08.31
最終更新日:2013.08.31
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
Coscinodiscus radiatus Ehrenberg

 殻形は、円盤形で、殻面はほぼ平ら、もしくはいくぶんアーチ状である。
 殻径:113.2μm
 胞紋:3-5/10μm。胞紋は粗く、全面ほとんど同じ大きさで、周縁部のみいくぶん小さい。放散状に配列する。
 周縁帯は狭く、棘はないく、唇状突起(rimoportula)の外側開口部(右の写真矢印)が認められる。
 

 採取地:日本海(山口県長門)・瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(第3版),1984,山路勇;保育社

         日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻ほか),1966,元田茂ほか,蒼洋社
ヘリオペルタス科(Heliopeltaceae)
Arachnodiscus japonicus Shadbolt ex Pritchard

 Syn : Arachnodiscus ehrenbergii Bailey, A. ornatus (Brebisson) Greville
 殻形は、円盤形。殻面の模様はやや扇形である。
 殻径:130-193μm
 条線:1/10μm、条線は放散状に配列し、短いものもある。
 中心域は、一方の殻では明瞭で、細長い放散状のスリットに円く囲まれ、唇状突起(rimoportula)を持つ(黒矢印)。
 他方の殻の中心域も明瞭であるが、唇状突起を持たない。
 

 採取地:日本海(山口県長門),瀬戸内海(兵庫県須磨),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・条線密度は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

         日本海洋プランクトン図鑑(改定版),1982,山路勇;保育社
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
 こちらは、珪藻分類群別写真集のコシノディスクス亜綱 2の部屋です。
 この部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 コシノディスクス亜綱
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 コシノディスクス亜綱 (COSCINODISCOPHYCIDAE)
   クリサンテモディスクス目 (CHRYSANTHEMODISCALES) →コシノディスクス亜綱 1
    ・クリサンテモディスクス (Chrysanthemodiscaceae)
       ・クリサンテモディスクス
(Chrysanthemodiscus)

  
 メロシラ目 (MELOSIRALES) コシノディスクス亜綱 1
  
 
 ・メロシラ科 (Melosiraceae)
      
 メロシラ(Melosira)
      
 ステファノフィキシス属(Stephanopyxis)
   
 
ハイアロディスクス科(Hyalidiscaceae)
      
 ハイアロディスクス属(Hyalodiscus)

  
 パラリア目 (PARALIALES) コシノディスクス亜綱 1
   
 パラリア科 (Parariaceae)
      
 
パラリア(Paralia)

  
 アウラコセイラ目 (AULACOSEIRALES) コシノディスクス亜綱 1
   
 アウラコセイラ科 (Aulacoseiraceae)
      
 
アウラコセイラ(Aulacoseira)

  
 コシノディスクス目 (COSCINODISCALES)
  
  コシノディスクス科 (Coscinodiscaceae)
      
 コシノディスクス属(Coscinodiscus)
   
 ヘミディスクス科 (Hemidiscaceae)
       ・アクティノサイクラス属(Actinocyclus)
       ・
アツペイティア属(Azpeitia)
   
 ヘリオペルタス科 (Heliopeltaceae)
      
 アクチノプチクス属(Actinoptychus)

   アステロランプラ目 (ASTEROLAMPLALES)
    ・アステロランプラ科 (Asterolamplaceae)
       ・
アステロムファラス属(Asteromphalus)

   アラクノイディスクス目 (ARACHNOIDISCALES)
   
 アラクノイディスクス科 (Arachnoidiscaceae)
      
 アラクノイディスクス属(Arachnoidiscus)


緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

アラクノイディスクス目 (ARACNOIDISCALES)
 
アラクノイディスクス科(Aracnoidiscaceae)
ヘミディスクス科(Hemidiscaceae)
Actinocyclus sp.3

 殻形;円形で、殻面は平坦で、周縁でわずかに隆起している。
 殻径:24.4-28.9μm
 胞紋:5-8/10μm、周縁部では9-12/10μm。
 胞紋は放散状に配列する。大きさは周縁部で小さいことを除いては、殻全体を通して同じくらいである。
 周縁部には数個の唇状突起(rimoportula) と一つの大きな擬結節(pseuronodulus;矢印) が認められる。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Actinocyclus sp.2

 殻形;円形で、殻面は平坦。
 殻径:59.6μm
 胞紋;8-10/10μm、周縁部では13/10μm。
 胞紋は束状で放散状に配列する。大きさは周縁部で小さいことを除いては、殻全体を通して同じくらいである。
 周縁部には数個の唇状突起(rimoportula) と擬結節(pseuronodulus;矢印) が認められる。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Actinocyclus sp.1

 殻形;円盤形で、殻面は平坦。
 殻径:38μm
 胞紋;5-6/10μm、周縁部では11-12/10μm。
 胞紋は放散状に配列する。大きさは周縁部で小さいことを除いては、殻全体を通して同じくらいである。
 胞紋は中心ではまばらである。
 周縁部には等間隔に唇状突起(rimoportula)が存在し、擬結節(pseuronodulus;矢印)も認められる。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Coscinodiscus marginatus Ehrenberg
 *「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「コシノディスクス亜綱2」へ

 殻形は、円盤形で、殻面はほぼ平らである。
 殻径:42.5-51.4μm
 胞紋:4-5/10μm。胞紋は粗く、六角形である。中心から周縁に向かって少し小さくなる。
 周縁帯の条線は荒く、放散状である。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨),紀伊水道(大阪府南部),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(改訂版),1982,山路勇;保育社
Coscinodiscus sp.1

 殻形は、円盤形で、殻面はほぼ平らである。
 殻径:48.7-124μm
 胞紋:3-7/10μm。胞紋は放散状に配列し、六角形をなし、中心から外側に向かって若干大きくなり、
 周縁では小さい。
 殻中心部には花紋がある。また、間隙網目が多く認められる(下の写真の矢印)。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改定版),1982,山路勇;保育社

       THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Coscinodiscus gigas
Azpeitia nodulifera
Actinoptycus
sp.2
Asteromphalus flabellatus
Asteromphalus hectaptis

Coscinodiscus gigas Ehrenberg

 殻形;大型で殻面は平ら。明瞭な無紋の中心域が存在する。
 殻径;229.3-249.6(150-300)μm
 条線;4-5/10μm
 胞紋;4-5()/10μm、放散状に配列し,条線を作る。

 採取地;紀伊水道(大阪府南部)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(改訂版),1982,山路勇;保育社
製作者:NaCl & Au
Azpeitia nodulifera (Schmidt) Fryxell and Sims 
 
*「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「コシノディスクス亜綱2」へ

 殻径;34.5μm
 胞紋;周縁部::5.5-6.5/10μm,
    中心部:5-6/10μm,
    半径1/2付近:;4.5-5/10μm
 周縁部唇状突起間距離;;7-7.6μm
 中心付近に他の胞紋とは異なる焦点深度のものがあり,これは有基突起である.
 この中心の有基突起のすぐそばにはくぼんでいる部分がある.

 採取地;紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献;Fryxell, Sims, and Watkins(1986), Azpeitia(Bacillariophyceae):Related Genera and Promorphology.
Actinoptychus sp.2
 
*「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「コシノディスクス亜綱2」へ
 
*化石珪藻の方はActinoptycus spBとしている.

 殻形は、硬貨形.。殻面は扇形の隆起部と沈降部が交互に並ぶ。
 隆起部・沈降部あわせて六つの扇形からなる。
 殻径;61.1μm
 胞紋;15-17/10μm
 周縁部唇状突起:;6、隆起部・沈降部共に縁辺部の中央に存在する。
 中心域は、無紋 。
 隆起部と沈降部が各々3個存在することがA.senariusの特徴と同じであるが、A.senariusのrimoportulaは
 隆起部縁辺の中央にそれぞれ1個存在するが、今回の標本は一つの隆起部、または沈降部に1個存在する.
 ゆえに,異なる種であると考えられる.

 採取地;紀伊水道(大阪府南部)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径は、採取資料中の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Asteromphalus flabellatus (Brebisson) Ralfs

 殻面は卵形,放射脈が走りその部分が盛り上がっている.
 殻径;短軸:34.6-40.4,長軸:44-59.7μm
 胞紋;12.5-15.5/10μm
 放射脈;8本,内1本は細く,中心域で他の全ての放射脈と接する.
 中心域は巾が広い側に寄る.

 採取地;紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改定版),1982,山路勇;保育社
       THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE.
アステロランプラ目 (ASTEROLAMPLALES)
 
アステロランプラ科(Asterolamplaceae)
Asteromphalus heptactis (Brebisson) Ralfs

 殻面は円形または楕円形,放射脈が走りその部分が盛り上がっている.
 殻径;44.5-52.7μm
 胞紋;6.5-8/10μm
 放射脈;7本,内1本は細く,中心域で他の全ての放射脈と接する.
 中心域は細い放射脈の走る方向とは反対側による.

 採取地;紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改定版),1982,山路勇;保育社
       THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE.