4a
200μm
キプリス幼生(Cypirs larva)の画像です。
3a
500μm
ノープリウス幼生(nauplius larva)の画像です。
3mm
柄部
頭状部
2a
カメノテ(Capitulum sp.)の画像です。
カメノテ
 フジツボ_分類群03-3a
 

 撮影:神奈川県三浦半島(2013年7月)
 特徴:干潮時に撮影したフジツボ。
     殻にびっしりと小型のフジツボが付着している。
     フジツボはカメノテとよく似ているが、柄がない。
フジツボの画像です。
2015/1/17 更新
 顕微鏡写真集 
 ------------------
 顎脚綱
 ------------------
 
鞘甲亜綱
 ------------------
 
フジツボ・カメノテ
  不明種 (030)

 ノープリウス幼生
  不明種 (010)

 キプリス幼生
  不明種 (020)


フジツボ
 ----------------------------------------------------------
 
鞘甲亜綱というと聞きなれない感じがしますが、フジツボ(蔓脚下綱)、エボシガイ(蔓脚下綱)、
 カメノテ(蔓脚下綱)の仲間です。この仲間の多くは、海岸などで固着生活を営んでいます。
 カニなどに
寄生するフクロムシ蔓脚下綱 根頭上目)も 鞘甲亜綱のなかまです。
 
フジツボやフクロムシの成体は、とても甲殻類とは思えない外見ですが、ノープリウス幼生を
 持つことから甲殻類であると分かります。
鞘甲亜綱では、ノープリウス幼生の次にキプリス幼生に変態
 します。キプリス幼生はカイミジンコに似た形態をしています。フジツボの場合はキプリス幼生の次に
 固着生活に移りますが、フクロムシでは、さらに複雑な変態をします。

  ここでは、鞘甲亜綱のノープリウス、キプリス幼生を紹介します。
 ----------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p227-234.

 ----------------------------------------------------------
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 鞘甲亜綱_ノープリウス幼生(01)_分類群02-3a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm
 特徴:暗視野照明で撮影した鞘甲亜綱のノープリウス幼生。
     背甲の前側突起を明瞭に観察できる。
  ノープリウス幼生の他の画像はこちら。 
 鞘甲亜綱_キプリス幼生_分類群01-1a
 

 採取:神奈川県三浦市城ケ島(2014年8月)
     *海岸(港湾)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.5mm
 特徴:前方(左側)に1対の第1触角、その後ろに複眼、胸肢がある。
     フジツボやカメノテはキプリス幼生の後に付着生活に移る。
     このときに第1触角は固着する時の付着器として機能する。
     写真のキプリス幼生は、フジツボなのか、カメノテなのか、
     他の鞘甲亜綱の幼生なのかは不明。
 
 キプリス幼生の他の画像はこちら 
キプリス幼生(Cypirs larva)
ノープリウス幼生(nauplius larva)
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 カメノテ(Capitulum sp.)_分類群01-2a
 

 採取:神奈川県葉山町(2014年8月)*海岸
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:16.8mm
 特徴:小型のカメノテ。
     三浦半島西岸では3cmを超えるようなカメノテは見つからない。
     カメノテの体は大きく、頭状部と柄部に分けられる。
     頭状部の上部には爪のような殻板が8枚ある。
     頭状部の下部は、20以上の殻(付随小殻板)で覆われている。
     柄部は、うろこ状の構造(柄鱗)に覆われている。
 
  カメノテの他の画像はこちら。