クーマ_不明群(01)_分類群02-2a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)
    *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.0mm(枝状肢含む)
 特徴:生きている個体を撮影した。
     腹部を強く折り曲げている。
 クーマ_不明群(01)_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)
    *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.0mm(枝状肢含む)
 特徴:生きている個体を撮影した。
     腹部を強く折り曲げている。
     擬額角が細く、長い。
2a
1a
500μm
500μm
クーマの画像です。
クーマの画像です。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
クマ目
 ナギサクーマ科
 
  ナギサクーマ (1)
 クーマ科 
  サザナミクーマ (1)
 カザリクーマ科 
  不明種(1)
 ナンノクーマ科 
  不明種(1)
  ナンノクーマモドキ (1)
  コツブクーマ (1)
 シロクーマ科 
  不明種(1)
 不明・未同定 
  A群 (1)
  B群 (1)
  
不明群 (1)
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
2015/1/19更新
------------------------------------------------------------
  下記文献(1)の日本産海洋プランクトン検索図説では、「第6腹節と自由に関節
 する尾節の有無」によって、クーマをA群、B群に分けています。A群(第6腹節と
 自由に関節する尾節を欠くグループ)には、ナギサクーマ科、シロクーマ科、
 ナンノクーマ科が属します。B群(第6腹節と自由に関節する尾節があるグループ)
 には、カザリクーマ科、クーマ科、フリソデクーマ科が属します。

  このページではA群かB群か判別できなかったクーマを紹介します。
------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説
         千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1085-1111.
       (2)
節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)
  
 
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、 
          2008年、p248-249.

------------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo