顕微鏡写真集 
 ----------------
 軟甲綱
 ----------------
 真軟甲亜綱
  フクロエビ上目
   端脚目
 ----------------
 
ヨコエビ亜目
 ドロクダムシ上科
 
 分類群40 (110)
 分類群41 (111)
 分類群42 (112)
 ヒゲナガヨコエビ科 
  分類群70 (140)
 ドロクダムシ科 
  分類群51 (121)
  分類群50 (120)
 イシクヨコエビ科? 
  分類群46 (116)
 カマキリヨコエビ科 
  分類群44 (114)
  分類群43 (113)
 ドロノミ科 
  分類群180 (250)
 エンマヨコエビ上科 
 エンマヨコエビ科
  トゲホホヨコエビ (210)
 テンロウ上科 
 アゴナガヨコエビ科
  分類群01 (010)
  分類群02a (020)
  分類群02b (021)
  分類群02c (022)
  分類群02d (023)
  分類群04 (040)
  分類群06 (050)
  分類群07 (060)
  分類群08a (061)
 マルハサミヨコエビ上科 
 ツバサヨコエビ科
  分類群90 (160)
 テングヨコエビ科 
  分類群30 (100)
 メリタヨコエビ上科 
 メリタヨコエビ科
  スンナリヨコエビ (270)
 ヒサシソコエビ上科 
 マルソコエビ科
  分類群21 (090)
 ハマトビムシ上科 
 分類群10 (070)
 分類群10a (071)
 分類群09 (069)
 
ハマトビムシ科 
  分類群80 (150)
 モクズヨコエビ科 
  モクズヨコエビ (083)
  フサトゲモクズ (280)
  分類群11 (080)
  分類群12 (081)
 ミノガサヨコエビ科 
  分類群240 (310)
 上科検索中 
 チビヨコエビ科
  分類群20 (095)
 不明・未同定 
 淡水生
 
  分類群60 (130)
 海生(遊泳性) 
  分類群03 (030)
  分類群110 (180)
  分類群120 (190)
  分類群05 (045)
  分類群150 (220)
  分類群190 (260)
  分類群310 (380)
 海生(付着性・底性) 
  分類群45 (115)
  分類群100 (170)
  分類群13 (082)
  分類群15 (084)
  分類群48 (118)
  分類群160 (230)
  分類群170 (240)
  分類群220 (290)
  分類群230 (300)
  分類群250 (320)
  分類群260 (330)
  分類群270 (340)
  分類群280 (350)
  分類群290 (360)
  分類群300 (370)
  分類群320 (390)

甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 ヨコエビ(120)_分類群50-6b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた画像。
     第7胸脚が長い。
6b
1mm
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
 ヨコエビ(120)_分類群50-6a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 第1触覚:0.5mm
 第2触覚:0.5mm
 特徴:第2触角は第1触角よりもやや太い程度であるが、
     腹部末端の体節が不明瞭であることから、
     ドロクダムシと思われる。
6a
1mm
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
5a
1mm
 ヨコエビ(120)_分類群50-5a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm
 第1触覚:0.8mm
 第2触覚:0.7mm
 特徴:第2触角が太い。複眼は小さい。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
 ヨコエビ(120)_分類群50-4b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせた画像。
     第3〜第4胸脚は鎌状。
     第5〜第6胸脚は歩脚状。
 ヨコエビ(120)_分類群50-4a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 第1触覚:0.9、0.8mm
 第2触覚:0.8、0.8mm
 特徴:第2触角が太い。第7胸脚が長い。
     複眼は小さい。
4b
1mm
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
4a
1mm
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
第7胸脚
 ヨコエビ(120)_分類群50-3i
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第7胸脚に焦点を合わせた画像。
     第7胸脚の第2節から長い棘が伸びている。
     第6胸脚の第2節にも棘があるように見える。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3h
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第3、第4胸脚に焦点を合わせた画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3g
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:奥側の第2触角の棘に焦点を合わせた画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角の棘に焦点を合わせた画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:触角基部の画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角に焦点を合わせた画像。
     第2触角に大きな棘がある。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:照明効果を変えた画像。
     第3、第4胸脚は鎌状で短い。
     第5、第6胸脚は第7節(指節)が
     後方に向かって伸びる。
     第7胸脚は長く、第7節(指節)が前方に向く。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第3胸脚〜第7胸脚を確認できる。
     不明瞭ながら、第1、第2胸脚も確認可能。
 ヨコエビ(120)_分類群50-3a
 

 採取:千葉県銚子市〜旭市(2011年9月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.8mm
 第1触角:0.8mm
 第2触角:1.0mm
 特徴:第2触角が太い。
     ドロクダムシのなかまと思われる。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2i
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:頭部、第1触角の基部の画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2h
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第6〜第7胸脚と尾部の画像。
     3対の腹肢も見える。
     尾部に藻類が付着している。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2g
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚の基部に焦点を合わせている。
     底節板は小さく、不明瞭。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:鎌状の胸脚が見られる。
     第3、第4胸脚と思われる。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角から第1、第2胸脚にかけての画像。
     第1、第2胸脚は不明瞭。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:斜め情報から観察した画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     第3〜第7胸脚を識別できる。
     第7胸脚は長く、第2節?に長い棘がある。
     第1、第2胸脚は不明瞭。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:背面から観察した画像。
 ヨコエビ(120)_分類群50-2a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年9月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm
 第1触角:0.5mm
 第2触角:0.5mm
 特徴:第2触角が太い。
     ドロクダムシのなかまと思われる。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1g
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第7胸脚の付け根部分。
     放射状の長い棘が見られる。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:上向きに跳ね上がった胸脚。
     第5〜第6胸脚と思われる。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:前方の胸脚の画像。
     長い毛状の棘が見られるが、
     どの部位から伸びているのかは不明。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせている。
     第1触角は細い。
     第2触角は太く、長い棘がある。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせている。
     第7胸脚は長く、基部に毛状の長い棘がある。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸脚に焦点を合わせている。
     前方の胸脚は鎌状。
     後方の胸脚は歩脚状で、
     第5、第6胸脚?は上に跳ね上がっている。
 ヨコエビ(120)_分類群50-1a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年8月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm
 第1触角:0.9mm
 第2触角:0.8mm
 特徴:第2触角が太い。
     ドロクダムシのなかまと思われる。
3i
3h
3g
3f
3e
3d
3c
3b
3a
2i
2h
2g
2f
2e
2d
2c
2b
2a
1g
1f
1e
1d
1c
1b
1a
1mm
1mm
1mm
1mm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
1mm
1mm
1mm
1mm
500μm
500μm
500μm
500μm
1mm
1mm
1mm
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
ここをクリックするとドロクダムシ(120)の画像が開きます。
2013/11/3更新
 -----------------------------------------------------------
  このページでは、ドロクダムシ科(未成熟個体)を紹介します。
 
ドロクダムシの成熟個体についてはこちらをご覧ください。
 “ムシ”と名前が付いていますがヨコエビのなかまです。
 甲殻類の名称はムシ派とエビ派とミジンコ他に分かれると思います。
 ヨコエビ、カブトエビ、ホウネンエビ、コノハエビはエビ派、フナムシ、ワラジムシ、ダンゴムシなど
 等脚類の多くはムシ派、ケンミジンコカイミジンコはミジンコ派です。
 細長くて遊泳性の種類はエビ派、歩脚が発達しているものはムシ派、小さいものがミジンコ派のようです。
 ドロクダムシはムシ派で、やはり歩脚が発達しています。
 以上、学問的ではない考察でした。

 -----------------------------------------------------------
 謝辞:小さな生物の掲示板(2013/10/07 の御投稿)において、
     Ho(No.67)様に、“ドロクダムシ科。未成熟個体とみられる”
     との御助言を頂きました。御礼申し上げます。
 -----------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2013 Neko no Shippo