甲殻類の画像集 
----------------------
軟甲綱
----------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
  端脚目
----------------------
ヨコエビ亜目
Gammaridea

======================
ドロクダムシ上科
Corophioidea

----------------------
ヒゲナガヨコエビ科
(Amphithoidae)

ニッポンモバヨコエビ 新潟
(Ampithoe lacertosa)
ニッポンモバヨコエビ 小樽
(Ampithoe lacertosa)
モズミヨコエビ 新潟
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 牡鹿半島
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 三番瀬A
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 三番瀬B
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 男鹿半島A
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 男鹿半島B
(Ampithoe valida)
イッケヒゲナガヨコエビ
(Peramphithoe sp.1)
イッケヒゲナガヨコエビ
(Peramphithoe sp.2)
Ampithoe tarasovi 男鹿半島
Ampithoe cf. lacertosa 男鹿
Ampithoe cf. zachsi 静岡
Ampithoe sp.1親不知
ヒゲナガヨコエビ科 sp.A 気仙沼
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 気仙沼
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 積丹
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 新潟
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 静岡
ヒゲナガヨコエビ科 sp.C 三浦
ヒゲナガヨコエビ科 sp.D 明石
ヒゲナガヨコエビ科 sp.E 茨城
ヒゲナガヨコエビ科 sp.F 明石
ヒゲナガヨコエビ科 sp.G 新潟
ヒゲナガヨコエビ科 sp.J 親不知
----------------------
ユンボソコエビ科
(Aoridae)

ニホンドロソコエビ 新潟・秋田
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 静岡
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 万石浦
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 東京湾
(Grandidierella japonica)
ブラブラソコエビ 神奈川
(Aoroides curvipes)
ブラブラソコエビ 焼津
(Aoroides curvipes)
ケナガブラブラソコエビ
(Aoroides longimerus)
ドロソコエビ属
(Grandidierella sp.1)
ユンボソコエビ科 sp.A 気仙沼
ユンボソコエビ科 sp.A 沼津
ユンボソコエビ科 sp.B
岩内・新潟
ユンボソコエビ科 sp.C
伊豆大島
----------------------
ドロクダムシ科
(Corophiidae)
アリアケドロクダムシ 静岡
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 新潟・秋田
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 東京湾
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 伊豆大島
(Corophium acherusicum)
ドロクダムシ科 sp.A 横浜
----------------------
カマキリヨコエビ科
(Ischyroceridae)

モリノカマキリヨコエビ?新潟
(Jassa cf. morinoi)
ムシャカマキリヨコエビ 積丹
(Jassa marmorata)
ムシャカマキリヨコエビ 静岡
(Jassa marmorata)
ムシャカマキリヨコエビ 新潟
(Jassa marmorata)
カマキリヨコエビ属 牡鹿半島
(Jassa sp.3)
カマキリヨコエビ属 男鹿半島
(Jassa sp.4)
ホソヨコエビ属
(Ericthonius sp.1)
ホソヨコエビ属
(Ericthonius sp.2)
----------------------
ドロノミ科
(Podoceridae)
----------------------
科不明(ドロクダムシ上科)
科不明 sp.A
科不明 sp.B
科不明 sp.C
科不明 sp.D
----------------------
エンマヨコエビ科
(Dexaminidae)

トゲホホヨコエビ
(Paradexamine barnardi)
エンマヨコエビ科 sp.A
エンマヨコエビ科 sp.B
----------------------
アゴナガヨコエビ科
(Pontogeneiidae)

Pontogeneia rostrata type 1
(茨城・千葉・紋別)
Pontogeneia rostrata type 1
(男鹿半島)
Pontogeneia rostrata type 2
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 2
(男鹿半島)
Pontogeneia rostrata type 3
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 4
(茨城・北海道)
Pontogeneia rostrata type 5
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 6
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 7
(明石)
Pontogeneia rostrata type 8
(茨城)
Pontogeneia sp.1 宮城
Pontogeneia sp.2 紋別
Pontogeneia sp.3 紋別
Pontogeneia sp.4 紋別
Pontogeneia sp.5 茨城
Pontogeneia sp.6 茨城
Pontogeneia sp.7 茨城
Pontogeneia sp.8
 茨城・南房総・伊豆大島
Pontogeneia sp.9 静岡
Pontogeneia sp.10 宮城
Pontogeneia sp.11 茨城
----------------------
ツバサヨコエビ科
(Leucothoidae)
ツバサヨコエビ科 sp.A 気仙沼
ツバサヨコエビ科 sp.B 南房総
ツバサヨコエビ科 sp.C 岩内
----------------------
タテソコエビ科
(Stenothoidae)

タテソコエビ属01 明石 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属01 南房総 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属01 牡鹿半島 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属02 秋田・新潟
(Stenothoe sp.2)
タテソコエビ属03 紋別 
(Stenothoe sp.3)
タテソコエビ属04 岩内 
(Stenothoe sp.4)
タテソコエビ属05 登別
(Stenothoe sp.5)
タテソコエビ属06 新潟
(Stenothoe sp.6)
タテソコエビ属07 茨城
(Stenothoe sp.7)
----------------------
テングヨコエビ科
(Pleustidae)

テングヨコエビ属 (Pleustes sp.1)
テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)
----------------------
フトヒゲソコエビ科
(Lysianassidae)

シリアゲソコエビ属
(Anonyx sp.)
----------------------
メリタヨコエビ科
(Melitidae)

ヒゲツノメリタヨコエビ 葛西
(Melita setiflagella)
ヒゲツノメリタヨコエビ 多摩川
(Melita setiflagella)
ヒゲツノメリタヨコエビ 万石浦
(Melita setiflagella)
ナガタメリタヨコエビ 万石浦
(Melita nagatai)
ナガタメリタヨコエビ 伊豆大島
(Melita nagatai)
ナガタメリタヨコエビ 男鹿半島
(Melita nagatai)
シミズメリタヨコエビ 万石浦
(Melita shimizui)
シミズメリタヨコエビ 三番瀬
(Melita shimizui)
メリタヨコエビ゙属 (Melita sp.1)
ヤシャヒメヨコエビ属
(Abludomelita sp.1)
スンナリヨコエビ 三浦半島
(Maera serratipalma)

イソヨコエビ 茨城
(Elasmopus japonicus)

メリタヨコエビ科 sp.A 千葉・新潟
----------------------
クチバシソコエビ科
(Oedicerotidae)

ホソハサミヨコエビ
(Pontocrates altamarinus)
----------------------
マルソコエビ科
(Urothoidae)

マルソコエビ属 (Urothoe spp.)
----------------------
ヒサシソコエビ科
(Phoxocephalidae)

スナカキソコエビ
Harpiniopsis vadiculus

----------------------
ハマトビムシ科
(Talitridae)

ヒメハマトビムシ種群
Platorchestia spp.)
ヒメハマトビムシ男鹿半島
Platorchestia pacifica
ニホンヒメハマトビムシ
Platorchestia pachypus)
ニッポンスナハマトビムシ
Talorchestia nipponensis
ホソハマトビムシ
Paciforchestia sp.)
オカトビムシ
Platorchestia humicola
ハマトビムシ科 sp.A 新潟
ハマトビムシ科 sp.B 八郎潟
ハマトビムシ科 sp.C 男鹿
----------------------
モクズヨコエビ
(Hyalidae)

フサゲモクズ 新潟・沼津
Hyale barbicornis
フサゲモクズ 松島
Hyale barbicornis
フサゲモクズ 東京湾
Hyale barbicornis
モクズヨコエビ科 sp.A
千葉・神奈川
モクズヨコエビ科 sp.A 茨城
モクズヨコエビ科 sp.A 茨城(雌)
モクズヨコエビ科 sp.A 新潟
モクズヨコエビ科 sp.A 男鹿
モクズヨコエビ科 sp.B 茨城
モクズヨコエビ科 sp.B 新潟
モクズヨコエビ科 sp.C 茨城
モクズヨコエビ科 sp.D 房総
モクズヨコエビ科 sp.E 新潟
モクズヨコエビ科 sp.F 新潟
モクズヨコエビ科 sp.G
モクズヨコエビ科 sp.H 新潟
モクズヨコエビ科 sp.I 新潟
モクズヨコエビ科 sp.J 新潟
モクズヨコエビ科 sp.K 新潟
モクズヨコエビ科 sp.L
伊豆大島
モクズヨコエビ科 sp.M 男鹿
----------------------
ミノガサヨコエビ科
(Phliantidae)

ゴクゾウヨコエビ
Pa. thomsoni japonicus
----------------------
科不明(ハマトビムシ上科)
科不明 sp.A 新潟
----------------------
チビヨコエビ科
(Amphilochidae)

Gitanopsis sp.1
チビヨコエビ科 sp.A 短触角
チビヨコエビ科 sp.A 長触角
チビヨコエビ科 sp.A 静岡
チビヨコエビ科 sp.A 新潟
チビヨコエビ科 sp.B 新潟
チビヨコエビ科 spp.
----------------------
フクスケヨコエビ科
(Synopiidae)

Synopia spp.
----------------------
キタヨコエビ科
(Anisogammaridae)

ポシェットトゲオヨコエビ
(Eogammarus possjeticus)
ポシェットトゲオヨコエビ 三番瀬
(Eogammarus possjeticus)
----------------------

淡水性:分類群不明
分類群60(130)
----------------------
海性:分類群不明
分類群05(045)
分類群380(450)
分類群483(573)
分類群270(340)
分類群300(370)
分類群370(440)
分類群410(480)


2020/4/2 更新
トップページに戻ります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 モクズヨコエビ科は世界から7属、日本からは3属が知られています。第1触角は第2触角の柄部よりも長く、第3尾肢は通常単肢、
 双肢の場合は内肢が鱗状で小さくなります。モクズヨコエビ属(Hyale)は第3尾肢は単肢、尾節板は基部近くまで切れ込むか、
 完全に双葉に分かれます(日本海岸動物図鑑II)。一方、日本海岸動物図鑑の出版以降、モクズヨコエビ属(Hyale Rathke, 1837)は
 北太平洋動物相に基づいたBousfieldとHendrycks(2002年)の研究にり、Hyale属、Apohyale属、Protohyale属、Ptilohyale属、
 Serejohyale
属に分割されました。代表種のフサゲモクズ(Ptilohyale barbicornis, syn: Hyale barbicornis)も以前はHyale属に含められて
 いましたが、Ptilohyale属に移動されたようです。ただ、異論もあるようで議論が落ち着くにはもう少し時間がかかりそうです。これらの分類群の他、
 日本からヘッピリモクズ属(Allorchestes Dana, 1849)とフタアシモクズ属(Parallorchestes Shoemaker, 1941)が知られています。
 ヘッピリモクズ(Allorchestes carinata)は体長40mm、九州西岸と北海道から知られています。第3尾肢は単肢、先端に棘を欠きます。
 尾節板は先端部のみが少し切れ込みます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2020 Neko no Shippo
 モクズヨコエビ科 sp.F 新潟タイプ
 採取:新潟県柏崎市(2016年4月)
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 体長:6.9mm
 第1触覚:1.5mm
 第2触覚:1.7mm
 特徴:ハマトビムシ上科(Talitroodae)と思われる。
     モクズヨコエビ科(Hyalidae)に似ている。
     成体の雌。
1mm
ハマトビムシ上科(Talitroidea)の画像
 モクズヨコエビ科 sp.D 房総タイプ
 採取:千葉県鋸南町 房総半島(2015年3月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.0mm
 第1触覚:1.4mm
 第2触覚:3.1mm
 特徴:ハマトビムシ上科(Talitroodae)と思われる。
     モクズヨコエビ科(Hyalidae)に似ているが、
     詳細な同定には第3尾肢や尾節板を確認する必要がある。
     次回は解剖して確認したい。
1mm
ハマトビムシ上科(Talitroidea)の画像
 モクズヨコエビ科 sp.C 茨城タイプ
 採取:ひたちなか市平磯(2012年7月)*昼間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.5mm、第1触覚:1.0mm、第2触覚:1.5mm
 特徴:複眼が大きく、触角は短い。
     第3~第5胸脚は短いが良く発達している。
     第2咬脚が大きい。
     殻表面に不規則な模様がある。

2mm
ここをクリックするとヨコエビ(081)の画像が開きます。
 モクズヨコエビ科 sp.M 男鹿半島タイプ
 採取:秋田県男鹿市 戸賀海水浴場 (2018年8月)
 体長:3.7mm
 特徴第2咬脚が大きい。雄個体。
     第1咬脚の掌縁と後縁の間に凹みが有る。
     第1尾肢の柄節の末端に長い棘が有り、
     尾肢の長軸と平行に伸びる。
     カジハラモクズ(Hyale kajiharai Hiwatari 2003)に似ている。
1mm
モクズヨコエビ科の1種の画像
 モクズヨコエビ科 sp.L 伊豆大島タイプ
 採取:東京都伊豆大島 (2018年3月)
 体長:12.0mm
 特徴:殻は丈夫で明瞭な模様がある。
     第2咬脚が大きい。雄個体。
     第1咬脚の形状がHyale bassargini Derzhavinに似ているが、
     第3尾肢がHyale bassargini よりも長いように思える。
     Hyale bassargini と同定するには、もう少し根拠が欲しい。
     第1~第3底節板に歯状突起がある。
     第1尾肢柄部末端の棘は柄部の長軸と直角方向に伸びる。
2mm
モクズヨコエビ科の1種の画像
 モクズヨコエビ科 sp.I
 
採取:新潟県柏崎市 笠島 (2017年5月)
 体長:6.8mm
 特徴:殻は丈夫で明瞭な模様がある。
     第2咬脚が大きい。雄個体。
     干潮時に波打ち際の海藻の上を歩いていたものを採取した。
     第1咬脚の形状がHyale bassargini Derzhavinに似ているが、
     第3尾肢がより長いように思える。
     第1咬脚の形状はHyale nuda Hiwatari, 2003にも似ているが
     情報不足でなんとも言えない。
     同時に採取したモクズヨコエビ科 sp.G_に第1咬脚の形状が類似する。
 
    体表面の模様も似ているので同種かもしれない。
1mm
モクズヨコエビ科 sp.I の画像
 モクズヨコエビ科 sp.H
 
採取:新潟県柏崎市 笠島 (2017年5月)
 体長:11.5mm
 特徴:殻は丈夫で明瞭な模様がある。
     第2咬脚が大きい。雄個体。
     干潮時に波打ち際の海藻の上を歩いていたものを採取した。
     第1咬脚の形状がHyale bassargini Derzhavinに似ているが、
     第3尾肢がより長いように思える。
     第1咬脚の形状はHyale nuda Hiwatari, 2003にも似ているが
     情報不足でなんとも言えない。
     同時に採取したモクズヨコエビ科 sp.G_にも
     第1咬脚の形状が類似する。
     ただし、体表面の模様が異なる。

2mm
モクズヨコエビ科 sp.H 新潟タイプの画像
 モクズヨコエビ科 sp.G
 採取:千葉県南房総市(2015年3月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:殻は丈夫で明瞭な模様がある。
     模様の形状が横須賀市で採取したものと少し異なる。
     第2咬脚が大きい。
     第1咬脚の形状がHyale bassargini Derzhavinに似ている。
2mm
ハマトビムシ上科(Talitroidea)の画像
モクズヨコエビ科(Hyalidae Bulycheva, 1957)の未同定種群
 ヘッピリモクズ属の1種(Allorchestes sp.)新潟タイプ
 採取:新潟県柏崎市(2016年4月)
 体長:9.5mm、第1触覚:2.9mm、第2触覚:3.7mm
 特徴:第1咬脚の形状(前節が円形または角の丸い三角形)が
     ヘッピリモクズ(Allorchestes carinata)に良く似ている。
     2019年に神奈川県湘南海岸、2020年に茨城県ひたちなか市で
     ヘッピリモクズ属の1種(Allorchestes sp.)を採取したが、
     神奈川・茨城県の個体群と、新潟の個体群は第1咬脚だけでなく、
     触角の柄節の形状(緩い弧状)が酷似している。
     ヘッピリモクズ属の正確な同定には尾節の形状(尾節板は先端部のみが
     少し切れ込む)を観察する必要があるが、
     上記の類似点のため、新潟の個体群をヘッピリモクズ属の1種
     (Allorchestes sp.)と同定することにした。
2mm
ハマトビムシ上科(Talitroidea)の画像
ヘッピリモクズ属の1種Allorchestes sp.)
 カジハラモクズ(Hyale kajiharai Hiwatari 2003)
 採取:新潟県柏崎市 笠島 (2017年5月)
 体長:5.0mm
 特徴:雄個体。
     第1胸脚の前節の掌縁と後縁の間に小さな溝がある。
     この形状はカジハラモクズ(Hyale kajiharai)の新種記載論文の
     イラストに似ている。
     第1咬脚の形状はHyale bassargini にも似ているが、
     前述の溝がないために除外される。
     この種が八丈島以外にも生息しているのか調べる必要がある。
1mm
カジハラモクズ(Hyale kajiharai Hiwatari 2003)の画像
カジハラモクズ (Hyale kajiharai Hiwatari 2003)
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
   新潟タイプ2-2
 採取:新潟県糸魚川市 能生 (2017年5月)
 体長:5.6mm
 特徴:第1胸脚の前節は長方形で掌縁と後縁は滑らかに接し、
     境界がはっきりしない。この形状はミサキモクズ
     (Protohyale (Boreohyale) misakiensis)Holotypeのイラストに似ている。
     ミサキモクズ 新潟タイプ1よりも第1咬脚前節が細長く、
     ミサキモクズ 新潟タイプ2とは体表面の模様が異なるため、
     茨城タイプ2-2として別ページに記載することにした。
     ミサキモクズ 新潟タイプ2とは大きさが異なるので、
     成長過程を見ているのかもしれない。
     底節板の詳細観察を行っていなため
     底節板の歯状突起の有無を確認できていない。
     第1尾肢柄節末端の棘は鋭く、柄節の長軸と平行に伸びる。
1mm
ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis)の画像
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
   新潟タイプ2
 採取:新潟県糸魚川市 筒石 (2017年5月)
 体長:9.0mm
 特徴:第1胸脚の前節は長方形で掌縁と後縁は滑らかに接し、
     境界がはっきりしない。この形状はミサキモクズ
     (Protohyale (Boreohyale) misakiensis)Holotypeのイラストに似ている。
     ミサキモクズ 新潟タイプ1よりも第1咬脚前節が細長いため、
     茨城タイプ2として別ページに記載することにした。

     ややピンボケの第3底節板の画像を見る限り、
     底節板の歯状突起は無さそうに見える。
     第1尾肢柄節末端の棘は鋭く、柄節の長軸と平行に伸びる。
2mm
ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis)の画像
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
   茨城タイプ2
 採取:茨城県ひたちなか市 平磯 (2018年1月)
 体長:10.4mm
 特徴:雄の大型個体。
     第1胸脚の前節は長方形で掌縁と後縁は滑らかに接し、
     境界がはっきりしない。この形状はミサキモクズ
     (Protohyale (Boreohyale) misakiensis)Holotypeのイラストに似ている。
     ミサキモクズ 茨城タイプよりも第1咬脚前節が細長いため、
     茨城タイプ2として別ページに記載することにした。
     新潟県糸魚川市で採取したミサキモクズ 新潟タイプ2
     同様に長方形の第1咬脚前節を持っている。

3mm
ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis)の画像
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
   男鹿半島タイプ
 採取:秋田県男鹿半島 西黒沢 (2018年8月)
 体長:6.4mm
 特徴:第1胸脚の形状がミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
     またはProtohyale(Boreohyale) triangulataに似ている。
     この2種の違いを確認するには眼の形と顎脚の構造を
     確認する必要があるが、観察ポイントが分かりにくく難しい。
     第1胸脚(咬脚)の棘列がミサキモクズのHolotypeには描かれているが
     Protohyale(Boreohyale) triangulataには描かれていないので
     今回はミサキモクズとして同定した。
     ただし、第1咬脚の形状は茨城の個体群糸魚川市の個体に比較すると
     Protohyale(Boreohyale) triangulataに近い、
1mm
ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis)の画像
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
   新潟タイプ1

 採取:新潟県出雲崎町(2016年4月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:7.3mm
 第1触覚:2.1mm
 第2触覚:4.1mm
 特徴:第2咬脚が大きいので雄と思われる。
     第1胸脚の形状がミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
     またはProtohyale(Boreohyale) triangulataに似ている。

1mm
ハマトビムシ上科(Talitroidea)の画像
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
  茨城タイプ1
 採取:茨城県ひたちなか市(2016年3月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:8.6mm
 第1触覚:2.0mm
 第2触覚:4.0mm
 特徴:第2咬脚が大きいため、雄の個体と思われる。
     磯(ひたちなか市平磯)で採取した。

1mm
ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis)の画像
 ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis
  千葉・神奈川タイプ_
 採取:神奈川県横須賀市 観音崎(2013年7月)
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 体長:6.4mm、第1触覚:1.8mm、第2触覚:2.8mm
 特徴:第2咬脚が大きい。胸脚が歩脚状に発達している。
     側面に特徴的な模様がある。

  

 追記:採取地点はミサキモクズのタイプ地域であるが、
     第1胸脚や底節板などの解剖を行っていないので、
     フサトゲモクズ(Protohyale (Protohyale) affinis)や
     他のモクズヨコエビ科と混同している可能性がある。
2mm
ミサキモクズ(Protohyale (Boreohyale) misakiensis)の画像
ミサキモクズ (Protohyale (Boreohyale) misakiensis (Hiwatari 2003))
 フサゲモクズ(Ptilohyale barbicornis)松島タイプ
  syn: Hyale barbicornis

 採取:宮城県東松島町 (2017年8月)
 体長:2.8mm
 特徴:宮戸島で採取した。小型の雄個体。
     この場所からは大型個体は見つからなかった。
     第2触角に剛毛が密生していることから
     フサゲモクズと同定した。
     第3尾肢は単柄、尾節板は双葉。

500μm
フサゲモクズ(Ptilohyale barbicornis, syn: Hyale barbicornis)の画像
 フサゲモクズ(Ptilohyale barbicornis)東京湾タイプ
  syn: Hyale barbicornis

 採取:東京都お台場 (2017年9月)
 体長:6.1mm
 特徴:雄個体。夜間に岩の上に群れていたものを採取した。
     今回採取した中では最も大型の個体。
     第2触角に剛毛が密生している。
     第1胸脚の掌縁と後縁は直角に接する。
     第1尾肢の柄部末端に長い棘がある。
     第3尾肢は単柄、尾節板は双葉。

1mm
フサゲモクズ(Ptilohyale barbicornis, syn: Hyale barbicornis)の画像
 フサゲモクズ(Ptilohyale barbicornis)千葉・新潟・沼津タイプ
  syn: Hyale barbicornis

 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:7.2mm、第1触覚:1.9mm、第2触覚:2.4mm
 特徴:第2触角に剛毛が密生している。
     この特徴はフサゲモクズ(Hyale barbicornis)に似ている。
     第2触角が第1触角よりも長い。
     体色は茶色で、眼が大きく楕円形。
     第2咬脚の形状もフサゲモクズに類似する。

2mm
モクズヨコエビ属(Hyale 属)の画像です。
フサゲモクズ (Ptilohyale barbicornis (Hiwatari & Kajihara, 1981))
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
参考文献:Hiwatari, Takehiko 2003 Taxonomic studies on Hyale (Crustacea, Amphipoda, Hyalidae)
from the coast of Japan and adjacent waters. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 39(4/6): 229-262.

------------------------------------------------------------------------------------------------------