製作者:NaCl & Au
Diploneis ovalis (Hilse) Cleve

 Bas : Pinnularia ovalis Hilse
 Syn : Pinnularia ovalis Hilse 1860, Navicula. ovalis. (Hilse) Schmidt 1875, N. elliptica var. ovalis (Hilse)
     Cleve &Moller 1878, Shizonema ovalis Kuntze 1898, Diploneis oblogella var. ovalis (Hilse) R. Ross
 殻形は、楕円形、もしくは長楕円形、先端の形は広円形。
 殻長:57μm
 巾:25μm
 条線:9−10/10μm 、胞紋列からなり、殻全体を通して放射状に配列する。
 胞紋;11/10μm
 中心域は非常に大きく円形である。
 縦溝およびその周辺を含む軸域はやや広い。
 縦溝は真っ直ぐ走り、中心域の円形内に少し入って、しずく状の中心孔を作って終わる。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本淡水プランクトン図鑑(1964) 水野壽彦;保育社
Diploneis cf. didyma

 殻形は、細長い楕円形で中央が少しくびれる。先端の形はくさび形。
 殻長:32.9μm
 巾:最大12.4μm
 条線:9−10/10μm 、殻全体を通して放射状に配列する。
 中心域は丸みのある四角形で比較的小さい。
 軸域(縦溝およびその周辺の構造)は殻巾の1/3-1/2程度である。


 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE.
Diploneis fusca (Gregrey) Cleve

 Bas : Navicula smithii var. fusca Gregrey
 Syn : Navicula smithii var. fusca Gregrey 1857, Navicula fusca (Gregrey) Ralfs 1861,
    Navicula fusca (Gregrey) Peragallo 1897
 殻形は,楕円形もしくは長楕円形.
 殻長;35.2-79.8μm
 巾;17.7-30.9μm
 条線;8−11/10μm,条線間には2列の胞紋列がある.
 中心域(中央結節)非常に大きく四角形.
 軸域は,両端に行くに従い,狭くなる.


 採取地:日本海(山口県2ヵ所),瀬戸内海(兵庫県明石),紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑増補改訂版(1982) 山路 勇;保育社
Diploneis interrupta (Kutzing) Cleve

 Bas : Navicula interrupta Kutzing
 Syn : Navicula interrupta Kutzing 1844, Schizonema interrupta (Kutzing) Kuntze 1898
 殻形は、楕円形の中央圧縮形、先端の形は広円形もしくは舌状。
 殻長:38.3μm
 巾:最大15.6μm、
 条線:11/10μm 、中央の圧縮部を挟んで上下それぞれの部分において放散状に配列する。
 中央の圧縮部が軸域の巾にまでくびれているため、条線は中央の圧縮部に認められない。
 軸域はは比較的広い。

 類似の形態を持った種で、下記にあるDiploneis splendida がある。
 このサイトでは殻の構造から、
   @殻中央部においてくびれが軸域まで達した
   A光顕の観察で殻中央部に条線が認められない
 個体を本種としている。

 また、本種は汽水もしくは淡水種(渡辺、2005)、D. splendida は海生種(水野、1964;山路、1982)との
 記載があることから、
 左の個体が本種(D. interrupta )であるとすることは矛盾はない。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
        日本海洋プランクトン図鑑増補改訂版(1982)山路 勇;保育社
        日本淡水プランクトン図鑑(1964)水野壽彦;保育社
ディプロネイス科の部屋へ、ようこそ !
あとがき
  今回のディプロネイス科の部屋は、釧路川・荒川・日本海・太平洋・瀬戸内(2ヶ所)・紀伊水道の7地域の試料から
 作成しました(2013年8月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 ディプロネイス科に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
Diploneis subovalis Cleve

 殻形は、楕円形、先端の形は広円形。
 殻長:18.9−20μm
 巾:10.7−11μm
 条線:15−17/10μm 、放射状に配列する。
 軸域は広く、両端に行くに従い狭lくなる。
 中心域は広く、四角または楕円形を二つ横並びさせたような形をしている。。


 採取地:荒川(埼玉県長瀞)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
ページ作成日:2010.01.03
最終更新日:2013.08.31
ナビクラ目 (NAVICULALES)
 
ディプロネイス科(Diploneidaceae)

DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
 こちらは、珪藻分類群別写真集のディプロネイス科の部屋です。
 ディプロネイス科の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱
  バシラリア亜綱 ナビクラ目 ディプロネイス科
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
珪藻の部屋
参考文献一覧

・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・日本淡水プランクトン図鑑(1964) 水野壽彦;保育社
・日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版)(1982) 山路勇;保育社
・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge

Diploneis splendida (Grerory) Cleve

 Bas : Navicula splendida Gregory
 Syn : Navicula entomon Donkin 1840, N. splendida 1856
 殻形は、長楕円形で中央が著しくくびれる中央圧縮形、先端の形は舌状。
 殻長;13.5-53.8μm 
 巾;6.5-19.4μm(Max)
 条線;6-13/10μm
    おおむね放射状に配列するが,殻中央付近では弱い収れん状である個体も存在する(例;左写真上).
    条線間には2列の胞紋列が認められる.
 胞紋;7-9/10μm
 軸域は最大殻巾の約1/3程度である.
 中心域は比較的狭く,丸みを帯びた縦に長い四角形である.
 本種は,上記のD. interrupta と類似の形態を持つ.
 このサイトでは殻の構造から,
   @殻中央部のくびれは軸域まで達しない
   A殻中央部にも条線が確認できる
 個体を本種としている.
 また,上記のように本種が海性種であることと採取地点から,これらの個体を本種(D. splendida )とすることは矛盾しない.


 採取地:日本海(山口県)、太平洋(和歌山県田辺)、瀬戸内海(兵庫県須磨・明石),紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃

        日本海洋プランクトン図鑑増補改訂版(1982)山路 勇;保育社
        日本淡水プランクトン図鑑(1964)水野壽彦;保育社
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
ページ作成および更新情報
 作成日:2010.01.03 
 最終更新:2013.08.31 NEW

珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 バシラリア亜綱 (BACILLARIAOPHYCIDAE)
  
 ナビクラ目 (NAVICULALES)
    ・バケレヤ科 (Berkeleyaceae) → バケレヤ科へ
       ・
パルリベラス属(Parlibellus) 
    ・カビヌラ科 (Cavinulaceae)
       ・カビヌラ属(Cavinula) →カビヌラ科へ
  
 
 ・ディアデスミス科 (Diadesmidaceae)
      
 ルチコラ属(Luticola) →ディアデスミス科へ
  
  ・アンフィプレウラ科 (Amphipleuraceae) →アンフィプレウラ科へ
      アンフィプレウラ属Amphipleura
      フルスツリア属Frustulia
   
 ・ネイディウム科 (Neidiaceae)
      
 ・ネイディウム属(Neidium) →ネイディウム科へ
   
 ・セラフォラ科 (Sellaphoraceae)
      
 セラフォラ属(Sellaphoraセラフォラ属へ
   
 ・ピンヌラリア科 (Pinnulariaceae)
      
 ・ピンヌラリア属(Pinnularia) →ピンヌラリア科へ
   
 ディプロネイス科 (Diploneidaceae)
      
 ディプロネイス属(Diploneis) 
   
 ナビクラ科
(Naviculaceae)
     
 ナビクラ属Navicula →ナビクラ科1へ
      トラキネイス属Trachyneis) ナビクラ科2へ
      ガイスレリア属(Geissleria) →ナビクラ科2へ
      ヒッポドンタ属(Hippodonta) →ナビクラ科2へ
   
 ・プレウロシグマ科 (Pleurosigmataceae) →プレウロシグマ科へ
      
 ・プレウロシグマ属(Pleurosigma)
      
 ・ジャイロシグマ属(Gyrosigma)
   
 スタウロネイス科 (Stauroneidaceae) 
      
 スタウロネイス属(Stauroneis) スタウロネイス科へ
      
 クラティクラ属(Craticula): スタウロネイス科へ

緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。