アステリオネラ属 (Asterionella)
淡水珪藻写真
フラジラリア亜綱(1)の部屋へ、ようこそ !

 こちらは、珪藻分類群別写真集のフラジラリア亜綱(1)の部屋です。
 フラジラリア亜綱(1)の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 フラジラリア亜綱 フラジラリア目
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
参考文献一覧

・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge
あとがき
 フラジラリア亜綱(1)の写真は、釧路川・府民の森・烏川・温井川・余呉湖・木津川・瀬戸内海・太平洋の8地域の試料から
 産出したものです(2013年8月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 フラジラリア亜綱(1)に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
珪藻の部屋

フラジラリア目 (FRAGILARIALES)
 
フラジラリア科(Fragilariaceae)
 
 フラジラリア属 (Fragilaria)
ページ作成日:2007..06.03
最終更新日:2013.08.31
製作者:NaCl & Au
 “ねこのしっぽ” トップページへ 






  ディアトマ属 (Diatoma)






  スタウロシラ属 (Staurosira)






  フラジラリフォーマ属 (Fragilariforma)
Fragilariforma bicapitata (A. Mayer) William and Round

 Bas : Fragilaria bicapitata A. Mayer 1917
 殻形は狭い舟形(楕円形、から細い舟形まで極めて多様)、先端の形は頭状形、くちばし形、広円形。
 殻長:20μm
 巾:5μm
 条線:14/10μm (間隔不同)
 軸域は極めて狭く、無いように見える。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Synedra ulna var. claviceps Hustedt

 殻形は線形、先端の形は広円形。
 殻長:199.8μm
 巾:8.8μm
 条線:8/10 μm

 軸域は狭い。
 殻端に唇状突起(rimoportulae)がある(写真右下が殻端の唇状突起の拡大:赤矢印)。

 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Fragilariforma virescens var. exigue (Grunow) Poulin in Hamilton

 Bas : Fragilaria virescens var. exigue Grunow 1881, non F. exigue (W. Smith) Lemmermann 1908
 殻形は狭い舟形(舟形から線形まで多様)、先端の形はくさび形。
 殻長:21.8μm
 巾:4.7μm
 条線:17-18/10μm
 軸域は非常に狭い。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.






  マルチャナ属 (Martyana)
Staurosira construens var. binodis (Ehrenberg) Hamilton in Hamilton et al.

 Syn : Fragilaria binodis Ehrenberg 1854, F. construens var. binodis (Ehrenberg) Grunow 1862
     F. construens f. binodis (Ehrenberg) Hustedt 1957
 殻形は、舟形で中央圧縮形、先端の形は頭状形。
 殻長:18.4-22μm
 巾:最大部 5.6-7.2μm
 条線:13-14/10μm

 軸域は狭い

 採取地:釧路川(北海道東部)、府民の森(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
Fragilaria capitellata (Grunow) J. B. Petersen

 Bas : Synerdra (vaucheriae var.) capitellata Grunow in Van Heurck 1881,
 Syn : Fragilaria vaucheriae var. capitellata (Grunow) Ross 1947
 殻形は、舟形、先端の形は小突起形、頭状形。
 殻長:16μm
 巾:4.8μm
 条線:18/10μm
 軸域は狭く、中心域は片方へ片寄る。 


 採取地:烏川(群馬県高崎市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 フラジラリア亜綱 (FRAGILARIOPHYCIDAE)
  
 フラジラリア目 (FRAGILaRIALES)
  
 
 ・フラジラリア科 (Fragilariaceae)
      
 フラジラリア(Fragilaria)
      
 アステリオネラ属(Asterionella)
      
 スタウロシレラ属(Staurosirella)
      
 スタウロシラ属(Staurosira)
      
 プンクタストリアタ属(Punctastriata)
      
 フラジラリアフォーマ属(Fragilariaforma)
      
 マルチャナ属(Martyana)
      
 ディアトマ属(Diatoma)
      
 ハナエア属(Hannaea)
      
 メリディオン属(Meridion)
      
 シネドラ属(Synedra)
      
 タブラリア属(Tabularia)

  
 タベラリア目 (TABELLARIALES)
  
  ・タベラリア科 (Tabellariaceae)
      
 ・タベラリア属(Tabellaria) →フラジラリア亜綱(2)へ
  
 リクモフォラ目 (LICMOPHORALES)
   
 ・リクモフォラ科 (Licmophoraceae)
      
 ・リクモフォラ属(Licmophora) →フラジラリア亜綱(2)へ
  
 ラフォネイス目 (RHAPHONEIDALES)
   
 ・ラフォネイス科 (Rhaphoneidaceae)
      
 ラフォネイス属(Rhaphoneis) フラジラリア亜綱(2)へ
  
 タラシオネマ目 
(THALASSIONEMATALES)

   
 ・タラシオネマ科 (Thalassionemataceae)
      
 ・タラシオネマ属(Thalassionema) →フラジラリア亜綱(2)へ
      
 ・タラシオスリクス属(Thalassiothrix) →フラジラリア亜綱(2)へ
  
 ラブドネマ目 (RHABDONEMATALALES)
   
 ・ラブドネマ科 (Rhabdonemataceae)
      
 ・ラブドネマ属(Rhabdonema)
 →フラジラリア亜綱(2)へ
   スツリアテラ目 (STRIATELLALES)
   
 ・スツリアテラ科 (Striatellaceae)
      
 ・グラマトフォラ属(Grammatophora)
 →フラジラリア亜綱(2)へ
   キクロフォラ目 (CYCLOPHORALES)
   
 ・エントフィラ科 (Entopylaceae)
      
 ・ゲフェリア属(Gephyria)
 →フラジラリア亜綱(2)へ
   クリマコスフェニア目 (CLIMACOSPHENIALES)
    ・クリマコスフェニア科 (Climacospheniaceae)
       ・クリマコスフェニア属(Climacosphenia) →フラジラリア亜綱(2)へ
   プロトラフィス目 (PROTORAPHIDALES)
    ・プロトラフィス科 (Protoraphidaceae)
       ・シュードヒマンティディウム属(Pseudohimantidium) →フラジラリア亜綱(2)へ


緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。
Staurosira construens Ehrenberg var. construens

 Syn : Fragilaria construens (Ehrenberg) Grunow var. construens 1862
 殻形は、狭い楕円形・舟形・狭い舟形で中央左右が膨出した形、
      先端の形は頭状形、くちばし形、またはくちばし伸長形。
 殻長:10.2-11μm
 巾:最大部 6.6-6.9μm
 条線:14-19/10μm

 軸域は狭い

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.






  プンクタストリアタ属 (Punctastriata)
Punctastriata linearis Williams and Round

 殻形は、舟形、もしくは舟形で中央膨出形、先端の形はくさび形、くちばし形。
 殻長:14-15.5μm
 巾:4.8- 6μm
 条線:8-11/10μm 、条線は太くて密度が粗い。

 軸域は狭い。

 採取地:釧路川(北海道東部)、木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Martyana martyi (Heribaud) Round

 Bas : Opephora martyi Heribaud 1902
 殻形は楕円から狭い舟形の卵型、先端の形はくさび形。
 殻長:17μm
 巾:5μm
 条線:8/10μm
 左右対称の殻を持ち、条線密度が粗く13/10μm以下であることから容易に同定できる。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Diatoma hyemalis (Roth) Heiberg

 Bas : Conferva hyemalis Roth 1800
 Syn : Odontidium hyemalis Kutzing 1844
 殻形は舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:24.3-35μm
 巾:7.8-8.5μm
 条線:18/10μm
 肋:3-4/10 μm


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・肋密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Diatoma ehrenbergii Kutzing

 Bas : Diatoma vulgaris var. ehrenbergii (Kutzing) Grunow 1862
 Syn : D. grande W. Smith 1855, D. vulgaris var. grande (W. Smith) Grunow 1862
 殻形は、線形、先端の形は頭状形。
 殻長:39μm
 巾:6μm
 条線:不明瞭
 肋:5-6/10 μm
 左右の殻縁がほぼ平行。
 軸域は確認できない。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Diatoma maxia (Grunow) Fricke

 Bas : Odontidium anomalum var. maximum Grunow 1862
 殻形は舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:59μm
 巾:8μm
 条線:不明瞭
 肋:5/10 μm、肋の巾は比較的広い。

 軸域は殻端部を除いて巾広く広がって走り、その巾は殻幅巾の1/3に達することもある。

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Diatoma mesodon (Ehrenberg) Kutzing

 Bas : Fragilaria mesodon Ehrenberg 1839
 Syn : Diatoma hyemalis var. mesodon (Ehrenberg) Fricke 1906
 殻形は狭い楕円から狭い舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:13.9-17.1μm
 巾:8.4μm
 条線:不明瞭
 肋:3-4/10 μm


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *左上の写真は殻面、左下の写真は帯面から見たものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Diatoma tenuis Agardh

 Syn : Diatoma tenuis var. elongatum (Lyngbye) Agardh 1824, D. mesoleptum Kutzing 1844
 殻形は線形、先端の形は頭状形。
 殻長:41,2μm
 巾:3μm
 条線:不明瞭
 肋:8/10 μm


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Diatoma vulgaris Bory

 殻形は楕円形から舟形、先端の形はくちばし形、広円形、頭状形。
 殻長:25.7-44.4μm
 巾:12.5-13.2μm
 条線:不明瞭
 肋:6-8/10 μm

 左右の殻縁は、中央部で膨らむ。
 軸域は非常に狭い。


 採取地:釧路川(北海道東部)、温井川(群馬県)、木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.












  メリディオン属 (Meridion)
Hannaea arcus (Ehrenberg) Patrick

 Bas : Navicula arcus Ehrenberg 1838
 Syn : Ceratoneis arcus (Ehrenberg) Kutzing 1844, Fragilaria arcus (Ehrenberg) Cleve 1898
 殻形は線形の三日月形、先端の形はくちばし形、頭状形。
 殻長:34.5μm
 巾:6.6μm
 条線:16/10 μm

 軸域は狭く、中心域はくの字に曲がった腹側に片寄る。
 腹側の殻縁は多少膨れる。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
  ハナエア属 (Hannaea)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します






  シネドラ属 (Synedra)
Meridion circulare var. constrictum (Ralfs) Van Heurck

 Bas : Meridion constrictum Ralfs 1843
 殻形は狭い舟形の卵形、先端の形は広円形。
 殻長:23.5-32.5μm
 巾:4.9-5μm
 条線:15/10 μm
 肋:3-4/10 μm


 採取地:釧路川(北海道東部)、余呉湖(滋賀県),太平洋(茨城県ひたちなか市)
  *太平洋から採取した個体は淡水からの再堆積したものと考えられる.

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真,白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号です.
 *スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度・肋密度は,採取した個体の集計です.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Meridion circulare (Greville) C. A. Agardh var. circulare

 Bas : Echinella circularis Greville 1822
 Syn : Meridion zinkenii Kutzing 1843, M. circulare var. zinkenii (Kutzing) Grunow 1862

 殻形は狭い舟形の卵形、先端の形は広円形。
 殻長:17.5-45μm
 巾:5.5-6μm
 条線:15-16/10 μm
 肋:4-5/10 μm


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・肋密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Synedra inaequalis Kobayashi

 殻形は,細い舟形,もしくは細い舟形で中央圧縮形.先端の形は,くちばし形.
 殻長;51.3-52.3μm 
 巾;7.3-8.9μm
 条線 ;11.5-13/10μm,真っ直ぐに伸びていず,不規則に波打つ. 
 軸域狭く,殻中央よりどちらかに片寄って走る.
 中心域は左右の巾よりも上下の長さのほうが大きい.
 軸域の偏りと,条線の波うちがこの種の特徴である.


 採取地:烏川(群馬県高崎市),太平洋(茨城県ひたちなか市)
  *太平洋から採取した個体は淡水からの再堆積したものと考えられる.

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真,白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号です.
 *スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Synedra ulna var. oxyrhynchus (Kutzing) Van Heurck

 Syn : Synedra oxyrhynchus var. medioconstricta Forti 1910, S. ulna var. oxyrhynchus f. contracta Hustedt 1930
 殻形は舟形、もしくは舟形の中央圧縮形、先端の形はくちばし形、頭状形。
 殻長:58.7-68.5μm
 巾:7.4-8.7μm
 条線:9/10 μm

 軸域は狭く、中心域は左右の巾よりも上下の長さのほうが長いことが多い。

 採取地:温井川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Synedra ulna Hustedt var. ulna

 殻形は線形、先端の形はくちばし伸長形。
 殻長;140.9-156.6μm
 巾;6.8-7.4μm
 条線;8-11/10μm

 軸域は狭い.
 大型.

 採取地:荒川(埼玉県長瀞),太平洋(茨城県ひたちなか市)
  
*太平洋から採取した個体は淡水からの再堆積したものと考えられる.

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真,白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号です.
 *スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.






  スタウロシレラ属 (Staurosirella)
Staurosirella leptostauron (Ehrenberg) William and Round

 Bas : Fragilaria leptostauron (Ehrenberg) Hustedt 1931
 Syn : Biblarium leptostauron Ehrenberg 1854
 殻形は、中央左右が突出した十字形、先端の形はくちばし形、またはくちばし伸長形。
 殻長:21-22.4μm
 巾:最大部 11-11.1μm
 条線:9/10μm


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Asterionella sp.1

 殻形は線形、先端の形は頭状形。
 殻長:81.6μm
 巾:中央部1.3μm、殻端部2.9μm
 条線:不明瞭

 左の写真右上から左下にかけて伸びている細い棒状の物がこの個体になります。

 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献: ・The diatoms. Biology and Morphology of the genera. Round, Crawford, and Mann, 1990.
         . Cambridge University Press, Cambrigdge
Tabularia sp.1

 殻形は線形、先端の形は広円形。
 殻長:71.5μm
 巾:4.2μm
 条線:7-9/10 μm、条線は左右対称に伸び、平行に配列する。また、殻末端部にはない。

 軸域は殻全体を通して、一定の巾で狭い。

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:The diatoms. Biology and Morphology of the genera. Round, Crawford, and Mann, 1990. .
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Tabularia sp.2

 殻形は細い舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:29.1μm
 巾:4.8μm
 条線:18-19/10 μm、条線は左右対称に伸び、平行に配列する。また、殻末端部には認められない。

 軸域は広く、細い舟形もしくは笹の葉のような形をしている。

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:The diatoms. Biology and Morphology of the genera. Round, Crawford, and Mann, 1990. .
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Tabularia sp.3

 殻形は細い舟形,先端の形はくさび形.
 殻長:68.6μm
 巾:5.1μm
 条線:10.5-11.5/10 μm,条線は左右対称に伸び,平行に配列する.
    殻末端部に条線は認められない.

 軸域は線状で,巾は狭い.

 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜き数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:The diatoms. Biology and Morphology of the genera. Round, Crawford, and Mann, 1990. .
         Cambridge University Press, Cambrigdge

最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Synedra inaequalis
Synedra ulna var. ulna
Synedra sp.1
Tabularia
sp.3

珪藻の部屋
ページ作成および更新情報
 作成日:2007.0603
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新4:2010.07.25
 更新3:2008.08.10






  タブラリア属 (Tabularia)
Synedra sp .1

 殻形は舟形中央圧縮形、先端の形はくちばし形。
 殻長;28μm
 巾;7.9μm
 条線;14/10μm

 軸域は狭い.
 中心域は大きく,殻長の1/3程度を占める.


 採取地:温井川(群馬県高崎)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera. Round, Crawford, and Mann, 1990.
         . Cambridge University Press, Cambrigdge.
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します