製作者:NaCl & Au
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
フラジラリア亜綱(2)の部屋へ、ようこそ !
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
ページ作成日:2008.08.10
最終更新日:2013.08.31
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 フラジラリア亜綱 (FRAGILARIOPHYCIDAE)
  
 フラジラリア目 (FRAGILARIALES)
  
 
 ・フラジラリア科 (Fragilariaceae)
      
 フラジラリア(Fragilaria) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 アステリオネラ属(Asterionella) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 スタウロシレラ属(Staurosirella) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 スタウロシラ属(Staurosira) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 プンクタストリアタ属(Punctastriata) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 フラジラリアフォーマ属(Fragilariaforma) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 マルチャナ属(Martyana) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 ディアトマ属(Diatoma) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 ハナエア属(Hannaea) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 メリディオン属(Meridion) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 シネドラ属(Synedra) →フラジラリア亜綱(1)へ
      
 タブラリア属(Tabularia) →フラジラリア亜綱(1)へ

  
 タベラリア目 (TABELLARIALES)
  
  ・タベラリア科 (Tabellariaceae)
      
 タベラリア属(Tabellaria)
  
 リクモフォラ目 (LICMOPHORALES)
   
 リクモフォラ科 (Licmophoraceae)
      
 リクモフォラ属(Licmophora)
  
 ラフォネイス目 (RHAPHONEIDALES)
   
 ラフォネイス科 (Rhaphoneidaceae)
      
 ラフォネイス属Rhaphoneis
  
 タラシオネマ目 
(THALASSIONEMATALES)

   
 タラシオネマ科 (Thalassionemataceae)
      
 タラシオネマ属(Thalassionema)
      
 タラシオスリクス属(Thalassiothrix)
  
 ラブドネマ目 (RHABDONEMATALES)
   
 ラブドネマ科 (Rhabdonemataceae)
      
 ラブドネマ属(Rhabdonema)
  
 スツリアテラ目 (STRIATELLALES)
   
 スツリアテラ科 (Striatellaceae)
      
 グラマトフォラ属(Grammatophora)

  
 キクロフォラ目 (CYCLOPHORALES)
   
 エントフィラ科 (Entopylaceae)
      
 ゲフェリア属(Gephyria)
  
 クリマコスフェニア目 (CLIMACOSPHENIALES)
   
 クリマコスフェニア科 (Climacospheniaceae)
      
 クリマコスフェニア属(Climacosphenia)
  
 プロトラフィス目 (PROTORAPHIDALES)
   
 プロトラフィス科 (Protoraphidaceae)
      
 シュードヒマンティディウム属(Pseudohimantidium)

緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。
Tabellaria fenestrata (Lyngbye) Kutzing

 Bas : Diatoma fenestratum Lyngbye 1819
 Syn : Tabellaria trinodis Ehrenberg 1840
 殻形は線状で中央膨出形、先端の形は頭状形。
 殻長:26μm
 巾:7μm
 条線:16/10μm
 軸域は極めて狭い。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.

タベラリア目 (TABELLARIALES)
 
タベラリア科(Tabellariaceae)
 
 タベラリア属 (Tabellaria)
Licmophora cf. californica Grunow in Van Heurck 1881

 殻形:幅の広い「頭部」と狭い「基部」からなり、殻面は棍棒形、殻帯面はくさび形である。
 殻長:34.2-66.2μm
 幅:7.7μm
 条線:「頭部」15-17/10μm、「基部」12-13/10μm、基部よりも頭部のほうが密で、殻全体にわたり平行に配列する。
 「基部」には、唇状突起が存在する。

 採取地:日本海(福井県高浜)


 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:海産羽状目Licmophoraの本邦産汎布種4種の分類と形態,2005,寺坂ほか;Diatom,vol.21
リクモフォラ目 (LICMOPHORALES)
 
リクモフォラ科(Licmophoraceae)
 
 リクモフォラ属 (Licmophora)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Rhaphoneis sp.1

 殻形は、楕円形。端部の形はくさび形で、先端は広円形。
 殻長:21.3μm
 幅:13.5μm
 条線:11/10μm、中央部でゆるい放散状をなし、殻端に行くに従い強い放散状となる。
 胞紋:8-9/10μm、円形で規則正しく配列し、条線を形成する。
 中軸域は狭く、直線状である。


 採取地:日本海(山口県)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

ラフォネイス目 (RHAPHONEIDALES)
 
ラフォネイス科(Rhaphoneidaceae)
 
 ラフォネイス属 (Rhaphoneis)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

タラシオネマ目 (THALASSIONEMATALES)
 
タラシオネマ科(Thalassionemataceae)
 
 タラシオネマ属 (Thalassionema)
  タラシオスリクス属 (Thalassiothrix)
Thalassiothrix spp.
 
*「化石珪藻の部屋」にもタラシオスリクス属が掲載されています化石珪藻「フラジラリア亜綱2」へ
 
 殻形:殻面は線形である。
 殻長:112μm
 巾:5-5.4μm
 条線:10-12.5/10μm
 中軸域は幅が広く、殻幅の1/2程度に達する。
 Thalassiothrix属は,片側の殻端に唇状突起(rimoportulae)の外側開口部が存在する.
 この唇状突起は中軸域先端に1つの訪問として認められる(写真の矢印).


 採取地:日本海(北海道中央部),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度は、採取した試料の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

スツリアテラ目 (STRIATELLALES)
 
スツリアテラ科(Striatellaceae)
 
 グラマトフォラ属 (Grammatophora)

 こちらは、珪藻分類群別写真集のフラジラリア亜綱(2)の部屋です。
 フラジラリア亜綱(2)の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 フラジラリア亜綱
 
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 ただし、フラジラリア目に関しましては、フラジラリア亜綱(1)で
 掲載していますので、ここでは取り上げていません。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
珪藻の部屋
参考文献一覧

・日本淡水プランクトン図鑑. (1964)水野尋彦;保育社
・日本海洋プランクトン図鑑. (1982)山路 勇;保育社
・日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻ほか),(1966)
 元田茂ほか,蒼洋社
・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann,
 CAMBRIDGE.

海産羽状目Licmophora の本邦産汎布種4種の分類と形態,2005,
 寺坂ほか;Diatom,vol.21

・Middle Miocene To Quaternary Diatom Stratigraphy In Nankai
  Toragh And Japan Trench and Modified Lower Miocene to
  Quaternary Diatom Zones For Middle-to-High Latitudes Of
  The North Pacific.(1985), Fumio Akiba, Inicial Reports of
  the Deep Sea Drilling Project, v.87., pp.393-481
Thalassionema nitzschioides (Grunow) Mereschkowsky
 *「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「フラジラリア亜綱2」へ

 Bas : Synedra nitzschioides Grunow
 Syn : Synedra nitzschioides Grunow 1862, Thalassiothrix nitzschioides Grunow 1881,
     Synedra nitzschioides var. minor Cleve 1883, Thalassiothrix curvata Castracane1886,
     Thalassiothrix fraunfeldii var. nitzschioides (Grunow) Jorgensen 1900

 殻形は、線形。先端の形は広円形。
 殻長:34.1μm
 幅:3.7μm
 条線:9-10/10μm、条線は胞紋状で殻縁に沿って配列する。


 採取地:太平洋(和歌山県海南・茨城県ひたちなか市)・紀伊水道(大阪府南部)
 
*太平洋(茨城県ひたちなか市)の試料には,中新世の化石珪藻が再堆積物として認められる.

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

         日本海洋プランクトン図鑑,1982,山路 勇
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

ラブドネマ目 (RHABDONEMATALES)
 
ラブドネマ科(Rhabdonemataceae)
 
 ラブドネマ属 (Rhabdonema)
クリマコスフェニア目 (CLIMACOSPHENIALES)
 
クリマコスフェニア科(Climacospheniaceae)
 
 クリマコスフェニア属 (Climacosphenia)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Climacosphenia cf. moniligera

 殻形;殻面は細長い棍棒状(左写真)、殻帯面はくさび形(右写真)。
 殻長;179.9-346.2μm
 巾;最大20.2-24.2μm
 条線;19-21/10μm
 隔壁;5.5-9/100μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度・隔壁密度は,採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

         日本海洋プランクトン図鑑,1982,山路 勇
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Rhaphoneis
      amphiceros

Rhabdonema
       arcuatum
Grammatophora
      serpentiana



ページ作成および更新情報
 作成日:2008.08.10
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新2:2010.07.25
 更新1:2010.01.03
あとがき
 フラジラリア亜綱(2)の写真は、釧路川・日本海(北海道中央部・福井県・山口県)・太平洋(和歌山県・茨城県)・瀬戸内海(2ヶ所)・
  紀伊水道(大阪府)の9地域の試料から産出したものです(2013年08月現在)。
  このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
  ご了承ください。
  フラジラリア亜綱(2)に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
Licmophora californica Grunow in Van Heurck 1881

 殻形:幅の広い「頭部」と狭い「基部」からなり、殻面は棍棒形、殻帯面はくさび形である。
 殻長:46-76.9μm
 条線:「頭部」10/10μm、「基部」 9/10μm、基部よりも頭部のほうが密である。
 殻全体にわたり平行に配列する。
 「基部」には、唇状突起が存在する。

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石),紀伊水道(大阪府南部)


 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・条線密度は、採取資料中の個体の集計です。
 *参考文献:海産羽状目Licmophoraの本邦産汎布種4種の分類と形態,2005,寺坂ほか;Diatom,vol.21
Licmophora paradoxa (Lyngbye) C. Agardh

 Basionym : Echinella paradoxa Lyngbye
 Homotypic synonym : Echinella paradoxa Lyngbye 1819
 Heterotypic synonym : Gomphonema paradoxa Agardh 1824

 殻形:幅の広い「頭部」と狭い「基部」からなり、殻面は棍棒形、殻帯面はくさび形である。
 殻長:36.9μm
 条線:「頭部」、「基部」 共に光顕では確認できなかった。
 「基部」には、唇状突起が存在する(左写真の矢印)。

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)


 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:海産羽状目Licmophoraの本邦産汎布種4種の分類と形態,2005,寺坂ほか;Diatom,vol.21
Grammatophora sp.1

 殻形:殻帯面は長方形で板状(写真は殻帯面観)。
 殻長:33.9-37.5μm
 高さ:16.4-21.2μm
 条線:30-32/10μm、光顕でかろうじて観察できるほど密である。
 胞紋:観察できず。
 殻帯面で認められる隔壁(区画紋)は、ほぼ真っ直ぐに伸び、殻端で若干内側方向に曲がる。
 また、隔壁の内側の端部は涙上もしくは球状の形態で終わる。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・高さ・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE.
キクロフォラ目 (CYCLOPHORALES)
 
エントフィラ科(Entopylaceae)
 
 ゲフィリア属 (Gephyria)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Gephyria sp.1

 殻形;殻面は丸い棒状、殻帯面はくの字形の棒状。
 殻長:127μm
 幅:30.9μm
 肋:6/10μm、肋間には胞紋列からなる条線が2列認められる。
 条線:12-14/10μm
 胞紋;14/10μm
 殻両端には無紋域が存在する。


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(白色実線)は50μmです。
 *殻長・幅・肋密度・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Gephyria sp.2

 殻形;殻面は丸い棒状、殻帯面はくの字形の棒状。
 殻長:172.8μm
 巾:23.8μm
 肋:6-7/10μm、肋間には胞紋列からなる条線が2列認められる。
 条線:12-13/10μm
 胞紋;16/10μm
 殻両端には無紋域が存在し、殻両端には殻面に垂直に伸びる棘が認められる。


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(白色実線)は50μmです。
 *殻長・巾・肋密度・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
プロトラフィス目 (PROTORAPHIDALES)
 
プロトラフィス科(Protoraphidaceae)
 
 シュードヒマンティディウム属 (Pseudohimantidium)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Pseudohimantidium pacificum Hustedt and Krasske

 殻形;舟形の三日月形、殻面の腹側の殻縁はほぼ直線である。
 先端の形は広円形である。
 殻長:35.4-61.2μm
 巾:9.6μm
 殻端に存在する唇状突起(Rimopoltula)は1列に並び、その数は5-7個である。


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Rhabdonema adriaticum Kutzing.
 
 殻形;殻面は線状もしくは細い舟形.殻帯面は角の丸い長方形である(左写真は殻帯面).
 殻長;123.1-147.8μm
 高さ;72.4μm
 条線;9-11/10μm
 胞紋;殻套 7/10μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨・明石)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(白実線)は50μmです.
 *殻長・条線密度は,採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Licmophora flabellata (Carmich. ex Grev.) C.Agardh

 殻形:殻面は狭棍棒形、大型の個体(左写真)ほど基部が伸長し、殻縁が広範囲にわたって平行になる。
   頭部殻端は鋭角的、基部殻端はヘラ形である。
   殻帯面は狭いくさび形であるが、小型の個体は太く短く見える(下左写真)。
 殻長;69-151.1μm
 巾;7.2-9.8μm
 条線;23-27.5/10μm、殻全体にわたって明瞭である。
 唇状突起(rimoportulae)外側開口部;0.5-0.9μm(基部1.2-1.5μm),基部の物は他の物より開口部が広い.
 殻1個につき数個-20個前後の唇状突起が軸域の両側に沿って不規則に配列する.
 (写真をクリックすると唇状突起が見やすくなります)
 中軸域は狭いが明瞭である。

 採取地:日本海(福井県高浜),紀伊水道(大阪府南部)


 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度・唇状突起開口部の長さは,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:海産羽状目Licmophoraの本邦産汎布種4種の分類と形態,2005,寺坂ほか;Diatom,vol21.
Rhaphoneis amphiceros (Ehrenberg) Ehrenberg
 
*「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「フラジラリア亜綱1」へ

 殻形は,楕円形.端部の形はくさび形.
 殻面は平らである.
 殻長:43.4μm
 巾:23.1μm
 条線;8-8.5/10μm,胞紋列からなり,放散状配列をする.
 胞紋;7.5-9.5/10μm,円形もしくは横長の楕円形.
 中軸域は,巾の狭い線状の無紋域.
 殻端には,小さな小孔が多数存在する.
 両殻端のこの小孔域には唇状突起が認められる写真の(矢印).
 殻端二章広域があること,その中に唇状突起があることが,Rhaphoneis属の特徴である.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市))

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

         ・Middle Miocene To Quaternary Diatom Stratigraphy In Nankai Toragh And
         Japan Trench and Modified Lower Miocene to Quaternary Diatom Zones
         For Middle-to-High Latitudes Of The North Pacific.(1985),
         Fumio Akiba, Inicial Reports of the Deep Sea Drilling Project, v.87., pp.393-481.
Grammatophora angulosa Ehrenberg

 殻形;殻帯面は長方形または正方形の板状.
 殻長;15.2-34.7μm
 高さ;15.5-17.7μm
 条線;14-17.5/10μm
 殻帯面には、不規則に波打って曲がる区画紋を有し,その内端は内側に鈎状に曲がる.

 採取地:日本海(福井県高浜),紀伊水道(大阪府南部),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・高さ・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻ほか),1966,元田茂ほか,蒼洋社
Grammatophora marina (Lyngbye) Kutzing

 殻形;殻面は中央でやや膨らんだ長い楕円形(下写真),殻帯面は長方形(上写真).
 殻長;11.5-62.6μm
 巾;4.9-6.4μm
 高さ;9.2-17μm
 条線;14-25/10μm
 胞紋;10.5-15/10μm
 殻帯面で認められる区画紋は,基部で湾曲,または真っ直ぐである.
 殻帯面と中間帯の間の両極に近い部分に短い条線があり,殻帯面の擬隔壁は短い.
 

 採取地:日本海(北海道中央部・山口県),瀬戸内海(兵庫県須磨・明石),紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・高さ・条線密度・胞紋密度は,採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(第3版),1984,山路勇;保育社
         日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻ほか),1966,元田茂ほか,蒼洋社.
Grammatophora serpentina Ehrenberg

 殻帯面は長方形.
 殻長;37.6μm
 高さ;18.1μm
 条線;18.5/10μm
 胞紋;17.5-19/10μm
 隔壁(区割紋)は著しく波状に曲がり,その先端は内方に鉤状に曲がる.
 

 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・高さ・条線密度・胞紋密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(第3版),1984,山路勇;保育社
Rhabdonema arcuatum Kutzing.
 
 殻面は長楕円形で,中央が膨出するものもある
 殻帯面は四角形で四隅は丸い.
 殻長;70.1-95.5μm
 殻巾;18.3-18.4μm
 条線;5.5-7.5/10μm,肋により形成されている.
 胞紋;7-11/10μm,円形で条線(肋)間に一列に並ぶ.
 両殻端は無紋域もしくは小孔が認められる..
 軸域は非常に狭く,軸域の脇に数個の唇状突起(rimopoltulae)外側開口部が存在する.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は,光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の数字は,海産珪藻全写真の通し番号,スケールは白実線が50μm,黒実線が10μmです.
 *殻長・条線密度は,採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

       日本海洋プランクトン図鑑,1982,山路 勇
50μm
50μm
50μm
50μm
50μm