ゴンフォネマ科の部屋へようこそ !
あとがき
 ゴンフォネマ科は、釧路川・琵琶湖南湖・府民の森・紀ノ川・温井川・余呉湖・木津川・荒川・太平洋の9地域の試料から産出しています(2013年8月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 ゴンフォネマ科に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
Gomphonema acuminatum Ehrenberg

 殻形は、舟形の卵形もしくは二ヵ所圧縮形,先端の形は翼を持つ小突起状.
 殻長;39.1-54.1μm
 巾;9.5-11.9μm
 条線;9-14/10μm,中央部は弱い放射状,翼を持つ小突起部とくびれ部は平行.
 軸域は広く,中心域は1本の条線の先端に1個の遊離点があり,反対側の条線は1-2本短い.
 縦溝は内裂溝と外裂溝が確認でき、軸域をわずかに湾曲して走る。


 採取地:釧路川(北海道東部),府民の森(大阪府),荒川(埼玉県長瀞),太平洋(茨城県ひたちなか市)
  *ただし,太平洋の個体は海岸で採取しているため,淡水から流入したものと考えられる.

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
キンベラ目 (CYMBELLALES)
 
ゴンフォネマ科(Gomphonemaceae)
 
 ゴンフォネマ属 (Gomphonema)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
製作者:NaCl & Au
Gomphonema augur Ehrenberg

 殻形は、楕円形の卵形、先端の形はくちばし伸長形、くちばし形。
 殻長:52.3μm
 巾:16μm
 条線:11/10μm 、放射状配列。
 胞紋:24/10μm
 軸域は狭く、中心域は巾が狭く小さく、中央の短い条線の先端に遊離点が1個存在し、
 中心域を取り巻く他の条線の先端にも認められることがある。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体ののものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
Gomphonema brebissonii Kutzing

 Syn : Gomphonema acuminatum var. brebissonii (Kutzing) Grunow 1880
     Krammer and Lange-Bertalot(1986)は、本分類群をG.acuminatum のsynonymとしている。
 殻形は、舟形の二ヵ所圧縮形、先端の形は頭状形。
 殻長:39μm
 巾:7.9μm
 条線:11/10μm 、弱い放射状配列、頭状部では平行となる。
 軸域は広い。
 中心域は狭く、左右一本ずつ条線が短く、一箇所の条線の先端に1個の遊離点が存在する。
 縦溝は外裂溝と内裂溝が確認できる。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体ののものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema clavatum Ehrenberg

 Syn : Gomphonema longiceps Ehrenberg 1854, G. mustela Ehrenberg 1854, G. montanum Schumann 1867,
     G. subclavatum (Grunow 1878) Grunow in Van Heurck1885, G. commutatum Grunow in Van Heurck1880,
     Gomphocymbella obliqua (Grunow 1884) O. Muller 1905
 殻形は、細い舟形の卵形、先端の形は広円形。
 殻長:28μm
 巾:7μm
 条線:13/10μm 、放射状配列、広円形の先端では平行に配列する。
 軸域は広く、、中心域は小さく、左右一本ずつ条線が短く、片方の条線の先端に遊離点が存在する。
 縦溝は外裂溝と内裂溝が確認でき、軸域を湾曲して走り、中心域では中心孔を持つ先端部がわずかに遊離点のある側に
 頭をもたげて向かい合う。


 採取地:琵琶湖南湖(滋賀県)、府民の森(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema clevei Fricke

 殻形は、舟形の卵形、先端の形はくさび形。
 殻長:33.4-41.3μm
 巾:6.5-8.1μm
 条線:13-16/10μm、弱い放射状、
 軸域は極めて広く、中心域は軸域の巾が中央部に行くにしたがって徐々に広がるが、中心域の範囲は不明瞭である。
 遊離点は中心域に1個存在する。
 縦溝は軸域を強く湾曲して走る。中心域では中心孔を持つ先端部が、遊離点がある側にわずかに曲がって向かい合う。

 採取地:府民の森(大阪府)、紀ノ川(和歌山県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema gracile Ehrenberg

 Syn : Gomphonema lanceolatum Ehrenberg 1841, G. grunowii Patrick 1975
 殻形は、舟形の卵型、先端の形はくさび形。
 殻長:23.4-75.3μm
 巾:5.5-9.8μm
 条線:9-14/10μm
 軸域は狭く、中心域は小さく、遊離点が1個存在する。
 縦溝は外裂溝と内裂溝が確認できる。中心孔を持つ先端部が中心域でまっすぐ向かい合う。


 採取地:琵琶湖南湖(滋賀県)、府民の森(大阪府)、荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema grovei var. lingulatum (Hustedt) Lange-Bertalot 1985

 Syn : Gomphonema lingulatum Hustedt 1927, G.abbreviatum sensu Kutzing 1833 non C. Agardh 1831,
     G. abbreviatum var. blasiliense Grunow in Van Heurck 1880, G. holmquistii Foged 1968,
     Gomphosphenia grovei var. lingulata (Hustedt) Lange-Bertalot 1995
 殻形は、楕円形もしくは狭い楕円形の卵形、先端の形はくさび形。
 殻長:26μm
 巾:8μm
 条線:15-16/10μm 、条線の長さは長短まちまちでる。
 軸域はきわめて広く、中心域は不明瞭。
 縦溝はまっすぐ走り、殻長の半分付近で向かい合う。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema lagenula Kutzing

 殻形は、舟形の卵形、先端の形は両先端共に頭状形、くちばし形。
 殻長:15.2-22.9μm
 巾:7.1-7.5μm
 条線:14-16/10μm
 軸域は狭く、中心域は小さく、1個の遊離点が存在する。遊離点がない側の条線1本が短い。
 縦溝はまっすぐに走り、中心域で曲がることなく向かい合う。


 採取地:温井川(群馬県)、木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
キンベラ目 (CYMBELLALES)
 
ゴンフォネマ科Gomphonemaceae)
 
 ゴンフォネイス属 (Gomphoneis)
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Gomphonema parvulum (Kutzing) Kutzing

 Syn : Shenella parvulum Kutzing1844, Gomphonema micropus Kutzing 1844,
     G. parvulum var. subellipticum Cleve 1894
 殻形は、楕円形もしくは舟形の卵形、先端の形はくさび形、準くちばし形。
 殻長:19.4-31.3μm
 巾:5.4-8.3μm
 条線:13-17/10μm、中央部では平行、殻端部では弱い放散状。
 軸域は狭い。
 中心域は小さく不明瞭。一方の短い条線の先端に1個の遊離点が存在する。反対側の条線は1本のみ短い。
 縦溝はまっすぐに走り、中央部で向かい合う。


 採取地:釧路川(北海道東部)、荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema turris Ehrenberg

 Syn : Gomphonema augur var. turris (Ehrenberg) Lange-Bertalot 1985
 殻形は、狭い舟形の卵形、先端の形はくさび形。
 殻長:61.4μm
 巾:11.2μm
 条線:9-11/10μm、放散状配列。
 胞紋:16-18/10μm
 軸域は広い。中心域は小円形。片側の条線の先端に1個の遊離点があり、反対側の条線1本が短い。
 縦溝は外裂溝と内裂溝が確認でき、まっすぐに伸び、中心域では中心孔を持つ先端部がまっすぐに向かい合う。


 採取地:荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphoneis quadripunctatum s.l.

 殻形は、短い棍棒状、もしくは楕円・狭い楕円の卵形、先端の形は広円形、くさび形。
 殻長:19-23.9μm
 巾:8.3-8.5μm
 条線:15-16/10μm、放散状配列
 中心域は横長の矩形、4個の遊離点が存在する。
 縦溝は軸域をまっすぐに走り、中央でわずかに殻の片側に曲がる。


 採取地:釧路川(北海道東部)、余呉湖(滋賀県)、木津川(京都府)、荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.

 こちらは、珪藻分類群別写真集のゴンフォネマ科の部屋です。
 ゴンフォネマ科の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 バシラリア亜綱
          キンベラ目 ゴンフォネマ科
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
 
参考文献一覧

・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge
ページ作成日:2009.03.20
最終更新日:2013.08.31.
珪藻の部屋
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
Gomphonema pseudosphaerophorum H. Kobayashi

 殻形は、舟形の卵形、先端の形は頭状形。
 殻長:35.5-41.7μm
 巾:8.8-9.8μm
 条線: 13-15/10μm、放散状配列で、頭状の先端では平行に配列。
 軸域は狭く、中心域は小さい。遊離点が中心域の片側に1個存在する。
 縦溝は外裂溝と内裂溝が確認できる。中心域で中心孔を持つ先端が遊離点がある側に少し頭をもたげる。


 採取地:釧路川(北海道東部)、紀ノ川(和歌山県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Gomphonema truncatum Ehrenberg

 Syn : Gomphonema constrictum Ehrenberg 1832, G. capitatum Ehrenberg 1838,
     G. turgidum
Ehrenberg 1854
 殻形は、楕円形もしくは狭い楕円形の卵形、先端の形は広円形で、先端部はくびれる。
 殻長:32.4-42μm
 巾:10-14μm
 条線: 10-14/10μm、弱い放散状配列。
 軸域は狭い。
 中心域は比較的広く、中心域の両側には長短交互に条線が配列し、片側の中央にある
 長い条線の先端に1個の遊離点がある。
 縦溝は外裂溝と内裂溝が確認でき、軸域を湾曲して走る。中心域で中心孔を持つ先端が、
 遊離点がある側に少し頭をもたげる。


 採取地:釧路川(北海道東部)、温井川(群馬県)、余呉湖(滋賀県)、荒川(埼玉県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

キンベラ目 (CYMBELLALES)
 
ゴンフォネマ科Gomphonemaceae)
 
 レイメリア属 (Reimeria)
Reimeria sinuata (Gregory) Kociolek & Stermer

 Bas : Cymbella sinuata W. Gregory
 殻形は、舟形の三日月形、先端の形は広円形。
 殻長;10.3-15.8μm
 巾;3.7-4.2μm
 条線;13-14/10μm,わずかに放散状に配列する。
 中心域は、背側の条線が一本短く、腹側の中央条線が1-2本欠け、殻縁がわずかに膨れる。
 縦溝は中心で向かい合い、その中間点に遊離点が存在する。


 採取地:荒川(埼玉県長瀞),太平洋(茨城県ひたちなか市)
  
*ただし,太平洋の個体は海岸で採取しているため,淡水から流入したものと考えられる.

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Gomphonema sp.1
ページ作成および更新情報
 作成日:2009.03.20 
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新1:2010.01.03
Gomphonema sp.1

 殻形は舟形で,殻端は頭部で頭状,上下非対称.
 殻長;23.1-30.8μm
 殻巾;6-7.5μm
 条線;12.5-18.5/10μm,頭部で条線密度が大きい.
 条線は放散状配列で,端部では平行もしくはゆるい収れん状
 中心部には片側に遊離点が一つある.もう片側には1本の短い条線がある


 採取地:余呉湖(滋賀県北部),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取した個体の集計です。
 *参考文献: ・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge.
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 バシラリア亜綱 (BACILLARIAOPHYCIDAE)
  
 キンベラ目 (CYMBELLALES)
  
 
 ・ロイコスフェニア科 (Rhoicospheniaceae) →ロイコスフェニア科へ
      
 ロイコスフェニア属(Rhoicosphenia)
        ・ゴンフォセプタツム属(Gomphoseptatum)
  
  ・キンベラ科 (Cymbellaceae) →キンベラ科へ
        ・プラコネイス属(Placoneis)
      
 キンベラ属(Cymbella)
      
 ・エンシオネマ属(Encyonema)
   
 ゴンフォネマ科 (Gomphonemataceae) 
      
 ゴンフォネマ属(Gomphonema)
      
 ゴンフォネイス属(Gomphoneis)

       ・レイメリア属(Reimeria)

緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。