DIATOMS
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
ページ作成および更新情報
 作成日:2013.08.31 NEW


ページ作成日:2013.08.31.
最終更新日:2013.08..31.
 こちらは、珪藻分類群別写真集のピンヌラリア科の部屋です。
 ピンヌラリア科の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱
   バシラリア亜綱 ナビクラ目 ピンヌラリア科 

 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
珪藻の部屋
参考文献一覧

 ・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
 ・日本淡水プランクトン図鑑(1964)水野:保育社
 ・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge
ピンヌラリア科の部屋へ、ようこそ !
あとがき
 今回のピンヌラリア科の部屋は,釧路川・大阪府民の森・荒川の3地域の試料から作成しました(2013年08月現在).
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては,誤同定等あるかと思いますが,一切責任を持ちません.
 ご了承ください.
 ピンヌラリア科の部屋に関しましては,随時,更新していきたいと思います。.今後ともよろしくお願いします.          2013.08.31 管理人
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
ナビクラ目 (NAVICULALES)
 
ピンヌラリア科(Pinnulariaceae)
製作者:NaCl & Au
Copyright 2008 Neko no Shippo

ピンヌラリア属
Pinnularia acrosphaeria W. Smith

 殻形は,舟形の2ヵ所圧縮形.
 先端の形は広円形.
 殻長;69μm
 巾;11.3μm
 条線;11/10μm,放散状から殻端に向かって平行,弱い収れん状と変化する.
 軸域は広く,殻巾の1/2に達する.


 採取地;荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Pinnularia borealis Ehrenberg

 殻形は,細い舟形の標準形.
 先端の形は,くさび形.
 殻長;30.1μm
 巾;8.8μm
 条線;5-6/10μm,中心付近で放散状,殻端に行くに従い,平行,収れん状と変化する.


 採取地;荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Pinnularia viridis (Nitzsch) Ehrenberg

 殻形は,舟形.
 先端の形は広円形.
 殻長;122.9μm
 殻巾;21μm
 条線;7/10μm,中心付近で放散状,殻端に行くに従い,平行,収れん状と変化する.

 軸域は広く,中心付近で殻巾の1/3程度,殻端に行くに従い,徐々に狭まる.

 採取地;荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Pinnularia cf. major

 殻形は,細い楕円形.
 先端の形は広円形.
 殻長:163μm
 殻巾:17μm
 条線:7-9/10μm,中心付近で放散状,殻端に行くに従い,平行,収れん状と変化する.

 軸域は広く,中心付近で殻巾の1/2程度,殻端で狭くなる.

 採取地;荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:日本淡水プランクトン図鑑(1964)水野
Pinnularia sp.1

 殻は両縁が平行,殻端でくびれる.
 殻端部は頭状.
 殻長;40-48.7μm
 巾;7.3-9.2μm
 条線;10-11/10μm,放散状,殻端で収斂状
 軸域は中心付近では広く,殻端に行くに従って狭くなる.
 中心域は広く,殻縁に達する.


 採取地;府民の森(大阪府),荒川(埼玉県長瀞)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,採取した試料の個体の集計です.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge
Pinnularia sp.2

 殻は両縁が平行,殻端でくびれる.
 殻端部は頭状.
 殻長;49.7μm
 巾;11.2μm
 条線;11/10μm,著しい放散状,殻端で収斂状に配列する.
 軸域は狭い.
 中心域は四角形で広く,殻縁に達する.
 前述のPinnularia sp.1とは,殻形が似ているが,殻巾が広い点,中心域と連続する軸域の形,
 中心付近の条線の配列が異なる.


 採取地;釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge
Pinnularia sp.3

 殻は両縁が平行.
 殻端は広円形.
 殻長;38.7μm
 巾;7.8μm
 条線;11-12/10μm,中心では著しい放散状配列,殻端で収斂状に配列する.
 軸域は細せまい.
 中心域は広く,歪な円形.


 採取地;釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge
Pinnularia sp.4

 殻は両縁が平行.
 殻端はくさび形,端部は円形.
 殻長;86.6μm
 巾;16.6μm
 条線;6/10μm,殻全体を通してほぼ平行に配列する.
 軸域は殻巾の1/4程度,殻端で巾は狭まる.
 縦溝は軸域の中を大きく曲がりながら走る.


 採取地;釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge
Pinnularia sp.5

 殻は両縁が平行.
 殻端では若干巾が狭くなり,端部は円形.
 殻長;62.2μm
 巾;13μm
 条線;10/10μm,中心付近では著しい放散状に配列し,殻端に向かって平行,収斂と推移する.
 軸域は殻巾の1/5程度
 中心域は広く,菱形である.


 採取地;府民の森(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge
Pinnularia sp.6

 殻は両縁が平行で細長く,中心付近で若干巾が広くなる.
 殻端は円形である.
 殻長;95.6μm
 巾;11μm
 条線;13-14/10μm,ほぼ平行に配列し,中心付近で放散状,殻端で収斂状となる.
 軸域は殻巾の1/3程度の広がりを持ち,殻端の縦溝が湾曲する部分で円く広がる.
 中心域は広く,殻縁に達する.
 縦溝は殻端部で湾曲する.


 採取地;府民の森(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・条線密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
          Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
          Press, Cambrigdge
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 バシラリア亜綱 (BACILLARIAOPHYCIDAE)
  
 ナビクラ目 (NAVICULALES)
    ・バケレヤ科 (Berkeleyaceae) → バケレヤ科へ
       ・
パルリベラス属(Parlibellus) 
    ・カビヌラ科 (Cavinulaceae)
       ・カビヌラ属(Cavinula) →カビヌラ科へ
  
 
 ・ディアデスミス科 (Diadesmidaceae)
      
 ルチコラ属(Luticola) →ディアデスミス科へ
  
  ・アンフィプレウラ科 (Amphipleuraceae) →アンフィプレウラ科へ
      アンフィプレウラ属Amphipleura
      フルスツリア属Frustulia
   
 ・ネイディウム科 (Neidiaceae)
      
 ・ネイディウム属(Neidium) →ネイディウム科へ
   
 ・セラフォラ科 (Sellaphoraceae)
      
 セラフォラ属(Sellaphoraセラフォラ属へ
   
 ピンヌラリア科 (Pinnulariaceae)
      
 ピンヌラリア属(Pinnularia) 
   
 ・ディプロネイス科 (Diploneidaceae)
      
 ・ディプロネイス属(Diploneis) →ディプロネイス科へ
   
 ナビクラ科
(Naviculaceae)
     
 ナビクラ属Navicula →ナビクラ科1へ
      トラキネイス属Trachyneis) ナビクラ科2へ
      ガイスレリア属(Geissleria) →ナビクラ科2へ
      ヒッポドンタ属(Hippodonta) →ナビクラ科2へ
   
 ・プレウロシグマ科 (Pleurosigmataceae) →プレウロシグマ科へ
      
 ・プレウロシグマ属(Pleurosigma)
      
 ・ジャイロシグマ属(Gyrosigma)
   
 スタウロネイス科 (Stauroneidaceae) 
      
 スタウロネイス属(Stauroneis) スタウロネイス科へ
      
 クラティクラ属(Craticula): スタウロネイス科へ

緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。