ページ作成日:2010.01.03
最終更新日:2013.08.31

Surirella tenera Gregory

 Syn : Surirella diaphana Bleisch 1863, S. tenera f. cristata Hustedt 1957
 殻形は、舟形で卵形、先端の形は一端はくさび形、もう一端は広円形。
 殻長:147.3μm
 巾:44.6μm
 肋(翼窓):1.5/10μm 、翼窓は巾が広く明瞭。肋は中心線まで達しない。
 中心域は細い舟形である。


 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
スリレラ目の部屋
珪藻の部屋
Surirella cf. pantoscekii

 殻形は、細長い棍棒状で、中央圧縮形、先端の形はくさび形。上記のS. andoi を縦に長くしたような形。
 殻長:108.3μm
 巾:最大9.7μm
 肋:6/10μm 、殻中央では平行、殻端に近づくと収れん状となり、殻端では放射状となる。
 条線;18−19/10μm。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻長・巾・肋密度・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge.
Surirella andoi Fukushima, Kimura et Kobayashi

 殻形は、細長い楕円形で中央圧縮形、先端の形は広円形。
 殻長:46.7μm
 巾:最大13.4μm
 肋:5-6μm 、殻中央では平行に走り、両端に近づくと収れん状になり、殻端では放散状となる。


 採取地:温井川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Surirella sp.3

 殻形は、楕円形で卵形、先端の形は一端は広円形、もう一端はくさび形。
 殻長:13.8μm
 巾:7.8μm
 肋:7−8/10μm、肋は中心線荷まで達し、中心線を挟んで左右で互い違いに配列する。
 条線:25/10μm


 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Surirella sp.2 (Surirella cf. elegans?)

 殻形は、細長い楕円形で卵形、先端の形はくさび形。
 殻長:144.4μm
 巾:56.5μm
 肋:2/10μm、殻中心部では平行、殻端に近づくにつれて放散状に配列する
 条線:6−8/10μm


 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Surirella sp.1

 殻形は、楕円形、もしくは細長い楕円形で卵形、先端の形は一端は広円形、もう一端はくさび形。
 殻長:22.5μm
 巾:11μm
 肋:11-12μm 、肋は中心線に達する。放射状に配列する。


 採取地:烏川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Surirella capronii Brebisson&Kitton

 殻形は、楕円形で卵形、先端の形は一端は広円形、もう一端はくさび形。
 殻長:131-171μm
 巾:49.1-57.5μm
 肋:1-1.5/10μm 、中央付近では平行、殻端ではやや放散状に配列する。肋は中央線に達しない。
 中央線上には広円形の殻端に近い位置に基部の太い突起がある(黒矢印)。
 また、他方の殻端近くには基部のやや細い突起が認められる(赤矢印)。
中心域は小さい。軸域は狭い。

 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Petrodictyon gemma (Ehrenberg) D.G.Mann

 Bas : Surirella gemma Ehrenberg
 Syn : Surirella gemma Ehrenberg 1839
 殻形は、卵形、先端の形は両端とも広円形。
 殻長:103−111.1μm
 巾:50.9−54.8μm
 条線:17−21/10μm 、殻全体にわたって、放射状に配列する。
 肋:3−4/10μm、肋間には2−5列の条線が存在する。
 軸域は細く線状に延びる。


 採取地:太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・肋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Surirella brebissonii var. kutzingii Krammer &Lange-Bertalot

 殻形は、楕円形の卵形、先端の形は広円形。
 殻長:15-30μm
 巾:12-15.3μm
 肋:6-8/10μm 、放射状に配列し、中央線にまでは達しない。
 軸域は紡錘形の無紋域である。

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Surirella cf. helvetica

 殻形は、細い楕円形、もしくは舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:74.9μm
 巾:21.8μm
 肋:2-4/10μm、殻全体を通して放散状に配列する。肋は中央線にまで達しない。
 中心域は細長い舟形である。


 採取地:室池(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃

         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Surirella angusta Kutzing

 Syn : Surirella apiculata W. Smith, 1856, S. angusta var. apiculata Grunow 1862,
     S. ovalis var. apiculata Muller 1904, S. ovata var. (Kutzing) Cleve-Euler 1952
 殻形は、舟形もしくは細い舟形、先端の形はくさびし形。
 殻長:15.6-57.3μm
 巾:7.4-11.6μm
 肋:6-10/10μm 、肋は中央線にまで達する。
 肋はから中央では平行に走り、殻端では放散状となる。


 採取地:釧路川(北海道東部)・室池(大阪府)・烏川(群馬県)・木津川(京都府)・
       荒川(埼玉県長瀞)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
スリレラ目の部屋へ、ようこそ !
 こちらは、珪藻分類群別写真集のスリレラ目の部屋です。
 スリレラ目の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 バシラリア亜綱 スリレラ目
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
珪藻の部屋
参考文献一覧

・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版)(1982)
 山路 勇、保育社
・日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻そのほか)
 (1966) 元田 茂,蒼洋社
・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge

あとがき
  今回のスリレラ目の部屋は、釧路川・池(大阪府2ヵ所)・烏川・温井川・木津川・荒川・日本海(山口県)・太平洋(和歌山県2ヶ所・茨城県)・瀬戸内海の
 12地域の試料から作成しました(2013 年8月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 スリレラ目に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
Surirella roba Leclercq

 Syn : Surirella apiculata W. Smith 1856, S. angusta var. apiculata Grunow 1860, S. ovalis
     var. apiculata Muller 1904,, S. ovata var. angusta (Kutzing) Cleve-Euler 1952
 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:26μm
 巾:7μm
 肋(翼窓):4−5/10μm 、翼窓は明瞭で、肋は中心線にまで達する。

 
 採取地:釧路川(北海道東部)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Surirella cuneata A. Schmidt

 殻形は,楕円形もしくは円形の卵形,先端の形は広円形.
 殻長;36.5-93.2μm
 巾;25.1-68.2μm
 肋(翼溝);2-3/10μm,放射状に配列し,中央線には達しない.
 中軸域内に2列に並ぶ胞紋の密度;11-13/10μm36.5-63.5μm
 翼窓は広い.
 中軸域は細長い,もしくは舟形である.
 中軸域の周縁部には,ほぼ同じ長さの短い条線(11−13/10μm)が取り巻く.
 中軸域が広い個体では周縁の条線の内側に不規則に並ぶ条線が見られる(矢印).


 採取地:日本海(山口県),太平洋(和歌山県田辺・海南,茨城県ひたちなか市),瀬戸内海(兵庫県明石))

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・肋密度・条線密度は,採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版)(1982) 山路 勇;保育社
Surirella bifrons Ehrenberg

 Syn : Navicula bifrons Ehrenberg 1833, Surirella biseriata var. minor sensu Grunow 1880-1887,
     in Van Heurck, S. biseriata var. bifrons (Ehrenberg) Hustedt 1911, S. bifrons var. punctata Meister 1921,
     S. rotunda Iurilj 1948
 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:160μm
 巾:42.7μm
 肋:1.5/10μm 、放射状に配列する。
 軸域は細長い舟形で、無紋域である。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Surirella amphioxys W. Smith

 殻形は、楕円形もしくは細い楕円形の卵形、先端の形はくさび形。
 殻長:29μm
 巾:15μm
 条線:16/10μm
 肋:3/10μm、肋は中央線には達しない。肋・条線とも放散状に配列する。
 中心域は細長い舟形である。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・肋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
スリレラ科(Surirellaceae)
   ペトゥロディクチオン属(Petrodictyon)

珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 バシラリア亜綱 (BACILLARIAOPHYCIDAE)
  
 スリレラ目 (SURIRELLALES)
  
 
 ・エントモネイス科 (Entomoneidaceae)
      
 エントモネイス属(Entomoneis)
  
  ・アウリクラ科 (Auriculaceae)
      
 ・アウリクラ属(Auricula)
   
 スリレラ科 (Surirellaceae)
      
 ペトゥロディクチオン属(Petrodictyon)
      
 スリレラ属(Surirella)
      
 カンピロディスクス属(Campylodiscus)
      
 キマトプレウラ属(Cymatopleura)


緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。

DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
   スリレラ属(Surirella)
   カンピロディスクス属(Campylodiscus)
Campylodiscus ralfsii

 殻形は、円盤状で盤面は鞍上に湾曲し、両殻の模様は90℃の角度をなす。
 先端の形は広円形。
 殻長:37.8-48μm
 巾:36.9-42.1μm
 条線:7−8/10μm、中軸域から対になって両殻縁に向かって放散状に伸びる。
 中軸域は細長く巾は狭い。


 採取地:日本海(山口県)・太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版)(1982)山路 勇、保育社
         日本海洋プランクトン図鑑第1巻(珪藻そのほか)(1966) 元田 茂,蒼洋社
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Campylodiscus sp.1

 殻形は、円盤状で盤面は鞍上に湾曲する。
 殻長:52.6-60.7μm
 巾:54.2-60.9μm
 条線:2-3/10μm、中軸域から対になって両殻縁に向かって放散状に伸び、中軸域と両縁の中間付近で
 二股に分かれる。
 中軸域は細長く巾は狭い。
 殻周縁の条線密度は4-5/10μmである。


 採取地:太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版)(1982)山路 勇、保育社

         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
Campylodiscus sp.2

 殻形は、円盤状で盤面は鞍上に湾曲する。
 殻長;101.7-105.8μm
 巾;99.1-109.8μm
 条線;3.5-5/10μm
 中軸域から対になって両殻縁に向かって放散状に伸び,中軸域と両縁の中間付近で,
 殻縁にほぼ平行に走る細い線状の無紋域によって中断される.
 中軸域は細長く巾は狭い.


 採取地:太平洋(和歌山県海南・茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版)(1982)山路 勇、保育社

         The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

   キマトプレウラ属(Cymatopleura)
Cymatopleura solea (Brebisson) W. Smith

 Syn : Cymbella solea Brebisson 1836, Surirella albaregiensis Pantoscek 1901
     Cymatopleura librile (Ehrenberg) Pantoscek 1901
 殻形は、舟形、もしくは細い舟形の中央圧縮形。.殻表面はうねっている。
 先端の形はくさび形、くちばし形。
 殻長:139.7-187.6μm
 巾:22.5-24.9μm

 採取地:池(大阪府)・烏川(群馬県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

スリレラ目 (SURIRELLALES)
 
エントモネイス科(Entomoneidaceae)
   エントモネイス属(Entomoneis)
製作者:NaCl & Au
Entmoneis alata (Ehrenberg) Ehrenberg

 Bas : Navicula alata Ehrenberg
 Syn : Navicula alata Ehrenberg 1840, Amphiprora alata (Ehrenberg) Kutzing 1844, Amphiprora alata (Ehrenberg)
     Rabenhorst 1846, Amphitropis alata (Ehrenberg) Rabenhorst 1868
 殻形は、帯面では中央が凹入した楕円形である。、先端の形は広円形。
 殻長:72.1μm
 巾:21.1μm
 条線:22-23/10μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge

         日本海洋プランクトン図鑑,1982,山路 勇,保育社
Entmoneis sp.1

 殻形は、帯面では中央が凹入した細長い楕円形である。、先端の形は広円形。
 殻長:70.3-74.1μm
 巾:18.5-24.9μm
 肋:11-13/10μm
 条線:29-30/10μm


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・肋密度・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:The diatoms. Biology and Morphology of the genera. 1990. .Round, Crawford, and Mann,;
         Cambridge University Press, Cambrigdge
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Surirella minuta

ページ作成および更新情報
 作成日:2010.01.03
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新1:2010.07.25
Surirella minuta Brebisson in Kutzing

 殻形は長細い卵形.
 先端は広円形.
 殻長;29.5μm
 巾;9.3μm
 肋;6-7/10μm,肋間には2-3本の条線が肋と平行に走る.
 また,肋は中心までは達しない.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の数字は海産珪藻全写真の通し番号,スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻長・巾・肋密度は,左写真の個体のものです.
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃