珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

タラシオシラ目 (THALASSIOSIRALES)
 
タラシオシラ科(Thalassiosiraceae) 
   タラシオシラ属(Thalassiosira)

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
Thalassiosira bramaputrae (Ehrenberg) Hakansson and Locker

 Bas : Stephanodiscus bramaputrae Ehrenberg 1854
 Syn ; Cyclotella punctata W. Smith 1856
     Coscinodiscus lacustris
Grunow in Cleve and Grunow 1880
     Thalassiosira lacstris (Grunow) Hasle 1977
 殻形は、円形。
 殻径:21.6-26μm
 胞紋:11-16/10μm。条線は胞紋列からなり、放散状に配列する。
 大型で殻面は波打つ。周縁部に有基突起と棘が認められる。

 
 採取地:余呉湖(滋賀県)、木津川(京都府)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Thalassiosira lacustris (Grunow)

 Syn ; Coscinodiscus lacustris Grunow
 殻形は、円盤状。
 殻径:33.3μm
 胞紋:13/10μm。条線は胞紋列からなり、放散状に配列する。
 殻面は波打つ。


 採取地:日本海(山口県長門市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:日本海洋プランクトン図鑑(第3版),1984,山路勇;保育社
Thalassiosira sp.1

 殻形は、円盤状。
 殻径:17μm
 胞紋:8-9/10μm。胞紋は中心の異なるいくつかの同心円状に配列する。
 殻面は波打たない。


 採取地:日本海(山口県長門市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
 こちらは、珪藻分類群別写真集のタラシオシラ亜綱 1 の部屋です。
 タラシオシラ亜綱 1 の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 タラシオシラ亜綱 
           タラシオシラ目 タラシオシラ科
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。


*なお,ステファノディスクス科は2013年08月の更新時に
 「タラシオシラ亜綱 2」 へ移動しました.
製作者:NaCl & Au
ページ作成日:2008.0810
最終更新日:2013.08.31
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
珪藻の部屋
参考文献一覧

・日本海洋プランクトン図鑑(第3版),1984,山路勇;保育社
・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
・Fryxell and Hasle(1972);Thalassiosira eccentrica(Ehrenberg)
  Cleve, T. synmmetrica sp. nov., and some related centric
  diatoms. J. Phycol. 8, 297-317 (1972)
・Shiono and Koizumi.(2000),Taxonomy of the Thalassiosira trifulta
  group in late Neogene sediments from the Northwest Pacific
  Ocean., Diatom Reserch vol.15,p.355-382
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 タラシオシラ亜綱 (TALASSIOSIROPHYCIDAE)
  
 タラシオシラ目 (THALASSIOSIRALES)
  
 
 ・タラシオシラ科 (Thalassiosiraceae)
      
 タラシオシラ(Thalassiosira)
      
 シオノディスクス属(Shionodiscus)
      
 ポロシラ(Porosira)
    スケレトネマ科 (Skeletonemaceae) →タラシオシラ亜綱 2へ
      
 スケレトネマ属(Skeletonema)
      
 デトヌラ属(Detonula)
   
 
ステファノディスクス (Stephanodiscaceae) →タラシオシラ亜綱 2へ
      
 キクロテラ属(Cyclotella)
      
 ステファノディスクス属(Stephanodiscus)


緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Thalassiosira sp.3
Thalassiosira sp.4
Thalassiosira sp.5
Thalassiosira sp.6
Thalassiosira sp.7
Shionodiscus
        oestrupii
Shionodiscus
         trifultus
Porosira sp.1

変更

Thalassiosira sp.2
Thalassiosira
     essentrica

ページ作成および更新情報
 作成日:2008.08.10
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新2:2010.07.25
 
更新1:2010.01.03
あとがき
 タラシオシラ亜綱 1の部屋は、余呉湖・木津川・日本海(山口県)・瀬戸内海(兵庫県)・紀伊水道(大阪府)・太平洋(茨城県)の
 6地域の試料から
産出しています(2013年8月現在)。
  このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 タラシオシラ亜綱 1 に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
タラシオシラ亜綱 1 の部屋へ、ようこそ !
Thalassiosira cf. lineata

 殻形は、円盤状で表面は波打たない。
 殻径:12.4-14.6μm
 胞紋:11-12/10μm。胞紋は直線状に配列する(3斜軸でそれぞれの軸が約60度の角をなす)。
 

 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Thalassiosira essentrica (Ehrenberg) Cleve

 殻形;円盤状で殻面表面は波打たない、もしくはわずかに波打つ程度.
 殻径;26.8-72.6μm
 胞紋;4-7/10μm, 縁辺部: 9-15.5/10μm
 胞紋は、いくつかの異なる中心を持つ同心円状に配列する.
 殻中央では、小胞紋を伴う一つの胞紋を取り囲むように7つの胞紋が配列する構造が見られる.
 (まれに個数が異なる物もある)
 殻縁辺部には唇状突起(rimoportulae)の外側開口部が認められる(写真矢印).
 また,縁辺部には短い棘が2-3(1-4)/10μmの密度で存在する.


 採取地:瀬戸内海(兵庫県明石)・紀伊水道(大阪府南部),太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度・縁辺部の棘密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

        ・Fryxell and Hasle(1972);Thalassiosira eccentrica(Ehrenberg) Cleve,
         T. synmmetrica sp. nov., and some related centric diatoms.
         J. Phycol. 8, 297-317 (1972)
Thalassiosira sp.3

 殻形は楕円形,殻面は長軸方向に波打つ.
 長径;24.6μm
 短径;20.9μm
 胞紋;10-11.5/10μm,殻縁で細かくなる.


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Thalassiosira sp.4

 殻面は同心円状に若干波打つ.
 殻径;51.5-62.9μm
 胞紋密度;8-9.5/10μm,束状に放散状に伸びる
 有基突起(flutoportulae)密度;4-5/10μm,殻縁辺部に環状に等間隔で配列している.
 殻縁に近い位置に唇状突起(rimoportulae)が存在する(矢印).


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度・有基突起密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Thalassiosira sp. 5

 殻形;円形,縁辺から中心にかけて緩やかに突出する(ドーム状)
 殻径;63.9-88.1μm
 胞紋密度;13-16(655;17-18.5)/10μm
 中心域;11-13/10μm(655;13-15)/10μm
 有基突起(flutoportulae)密度;4-5/10μm
 有基突起は,縁辺部にほぼ等間隔に環状に配列する.
 唇状突起(rimoportulae)は有基突起列の若干内側に一つ存在する(矢印).


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)・太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度・有基突起密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Thalassiosira sp. 6

 殻形;円形,若干ドーム状
 殻径;48.1μm
 胞紋密度;14-17/10μm,放散状に束状配列する.
 有基突起(flutoportulae)密度;4-4.5/10μm
 有基突起は,殻縁辺部より内側にあるり,環状に等間隔に配列する.
 有基突起列の少し内側に5つのチューブ状の突起が存在する(中・下写真).
 チューブ状の突起のうち一つが唇状突起(rimoportulae)の外側開口部である(中写真矢印).
 殻中心には他の胞紋とは焦点深度の異なる突起状の物が存在する(下写真矢印).


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻径・胞紋密度・有基突起密度は、左写真の個体のものです.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Thalassiosira sp. 7

 殻形;円形
 殻径;18μm
 胞紋;15-17.5/10μm,複数の中心を持つ同心円状に配列する.
 有基突起(flutoportulae)密度;2.5-3/10μm
 有基突起は,殻縁辺部から少し内側にほぼ等間隔に環状に配列する.
 唇状突起(rimoportulae)は,有基突起の環状配列上に存在する(下写真矢印).
 殻の中心にはチューブ状の突起が1つ存在する.


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻径・胞紋密度・有基突起密度は、左写真の個体のものです.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
シオノディスクス属(Shionodiscus)
Shionodiscus oestrupii (Ostenfeld) Alverson, Kang et Theriot

詳細および化石種は
Shionodiscus属のなかま」のページにあります..
Shionodiscus の部屋はこちらへ

 殻形;円形
 殻径;17.8-39.4μm
 胞紋;5-11/10μm
 縁辺有基突起(flutoportulae)間距離;1.92-3.6μm
 中心有基突起と唇状突起(rimoportulae)間の胞紋数;2-4


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、
  スケール(黒色実線)は10μmです.

 *殻径・胞紋密度・有基突起間距離は、採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:Shiono and Koizumi.(2000),Taxonomy of the Thalassiosira trifulta group
         in late Neogene sediments from the Northwest Pacific Ocean.,
         Diatom Reserch vol.15,p.355-382
Shionodiscus trifultus (Fryxell) Alverson, Kang et Theriot

 殻形;円形
 殻径;17.6-28.1μm
 胞紋;valve face:7-13/10μm, submargin:11-19.5/10μm
 縁辺有基突起(flutoportulae)間距離;2.86-6.07μm
 中心有基突起と唇状突起(rimoportulae)間の胞紋数;5-6


 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、
  スケール(黒色実線)は10μmです.

 *殻径・胞紋密度・有基突起間距離は、採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:Shiono and Koizumi.(2000),Taxonomy of the Thalassiosira trifulta group
         in late Neogene sediments from the Northwest Pacific Ocean.,
         Diatom Reserch vol.15,p.355-382
ポロシラ属(Porosira)
Porosira sp. 7

 円形で,若干ドーム状.
 殻面には棘状の構造物が散在する.
 殻縁に近い部分に1つの大きな唇状突起(rimoportulae)が認められる(矢印).
 唇状突起の開口部は殻縁に対して垂直方向に伸びる.
 殻径;25.1-38.7μm
 唇状突起開口部;2.1μm


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです.
 *写真内の白抜きの数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです.
 *殻径・唇状突起開口部の長さは、採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
淡水珪藻写真
珪藻の部屋