あとがき
 タラシオシラ亜綱 2 の部屋は、釧路川・琵琶湖南湖・池(大阪府)・余呉湖・木津川・瀬戸内海(兵庫県)・紀伊水道(大阪府)・
 太平洋(和歌山県・茨城県)の10地域の試料から
産出しています(2013年8月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 タラシオシラ亜綱 2 に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2013.08.31 管理人
参考文献一覧

・日本海洋プランクトン図鑑(第3版),1984,山路勇;保育社
・日本産海洋プランクトン検索図説,(1997),千原・村野,東海大学出版会
・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
タラシオシラ目(THALASSIOSIRALES)
 
スケレトネマ科(Skeletonemaceae)
   スケレトネマ属(Skeletonema)
タラシオシラ亜綱 2 の部屋へ、ようこそ !
 こちらは、珪藻分類群別写真集のタラシオシラ亜綱 2 の部屋です。
 タラシオシラ亜綱 2 の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱 タラシオシラ亜綱 
         タラシオシラ目 スケレトネマ科
                   ステファノディスクス科
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。

珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
製作者:NaCl & Au
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
ページ作成日:2008.0810
最終更新日:2013.08.31
珪藻の部屋
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 タラシオシラ亜綱 (TALASSIOSIROPHYCIDAE)
  
 タラシオシラ目 (THALASSIOSIRALES)
  
 
 ・タラシオシラ科 (Thalassiosiraceae) →タラシオシラ目 1 へ
      
 タラシオシラ(Thalassiosira)
      
 シオノディスクス(Shionodiscus)
      
 ポロシラ(Porosira)
    
スケレトネマ科 (Skeletonemaceae)
      
 スケレトネマ属(Skeletonema)
      
 デトヌラ属(Detonula)
   
 
ステファノディスクス科 (Stephanodiscaceae)
      
 キクロテラ属(Cyclotella)
      
 
ステファノディスクス属(Stephanodiscus)


緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。

Cyclotella meneghiniana Kutzing

 Syn : Cyclotella kuetzingana Thwaites 1848, C. laevissima Van Goor 1920, C. meneghiniana var. rectangulata Grunow
     in Van Heurck1882, C. meneghiniana var. vogesiaca Grunow in Van Heurck 1882,
     C.meneghiniana
var. binotata Grunowin Van Heurck 1882, C. meneghiniana f. plana (Fricke) Hustedt 1908,
     C. meneghiniana var. laevissima (Van Goor) Hustedt 1982, C. rectangula Brebisson 1861
 殻形は、円形で、中心部と周辺部の模様が異なる。
 殻径:11.2-19.4μm
 条線:7-10/10μm
 殻面周縁の肋上に針状刺(左写真では観察不可)、殻套上に有基突起(同じく観察不可)、殻面中心部に
 有基突起(矢印)がある。


 採取地:釧路川(北海道東部)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
   ステファノディスクス属(Stephanodiscus)
Stephanodiscus alpinus Hustedt
 
*「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「タラシオシラ亜綱2」へ

 殻形は、円形で、胞紋列が中心部から放射状に走る。
 殻径:19μm
 肋:10/10μm
 胞紋:20/10μm
 殻周縁部に針状突起が認められる。
 Cyclotephanos
属の中で光顕下では似た形態を持つものがあるので、それらである可能性がある。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻径・肋密度・胞紋密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
Cyclotella praetermissa Lund

 Syn ; Puncticulata praetermissa (J. W. G. Lund) Hakansson
 殻形は、円形で、中心部と周辺部の模様が異なる。
 殻径:11.3-22.1μm
 条線:16-22/10μm


 採取地:池(大阪府)、余呉湖(滋賀県)、木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Cyclotella radiosa (Grunow) Lemmermann
 *「化石珪藻の部屋」にもこの種が掲載されています化石珪藻「タラシオシラ亜綱2」へ

 Bas : Cyclotella comta var. radiosa Grunow in Van Heurck 1882
 Syn : Discoplea comta sensu Ehrenberg 1845, 1854, Cyclotella comta Kutzing 1849, C. comta var. melosiroides
    Kirchnerin Schroter and Kirchner 1896, C. melosiroides (Kirchner) Lemmermann 1900,
     C. schroeri Lemmermann 1900, C. balatonis Pantocsek 1901, Puncticulata radiosa(Lemmerm) Hakansson
 殻形は、円形で、中心部と周辺部の模様が異なる。
 殻径:8.8-10.8μm
 条線:14-16/10μm


 採取地:釧路川(北海道東部)、木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Cyclotella sterigella Cleve and Grunow var. sterigella in Van Heurck

 Bas : Cyclotella meneghiniana var.? sterigella Cleve and Grunow in Cleve 1881
 Syn : C. meneghiniana var. stellulifera Cleve et Grunow in Cleve 1881, C. meneghiniana var.? stellifera
      Cleve et Grunow in Van Heurck 1882, Discostella stelligera (Cleve &Grunow) Houk &Klee 2004
 殻形は、円形で、中心部と周辺部の模様が異なる。
 殻径:7.5-25.7μm
 条線:12-15/10μm


 採取地:釧路川(北海道東部)、池(大阪府)、余呉湖(滋賀県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Cyclotella pseudosterigella Hustedt

 殻形は、円形で、中心部と周辺部の模様が異なる。
 殻径:10.9μm
 条線:19/10μm

 小型種で、殻周縁には瘤状肥厚部が認められる(左写真矢印)。

 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Cyclotella sp.1

 殻形は、円形で、中心部と周辺部の模様が異なる。
 殻径:24.2-26μm
 条線:10-12/10μm

 中心域は直径の1/3以上を占めうねっており、中心域の縁辺部に沿って不規則に数個の胞紋が存在する。

 採取地:瀬戸内海(兵庫県須磨)・太平洋(和歌山県海南)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

Stephanodiscus hantzschii Grunow

 殻形は円形。
 殻径:16.9μm
 肋:7-8/10μm
 殻周縁部には針状の突起が認められる。
 Cyclotephanos属との識別は光顕かでは困難であるが、肋密度の違いにより、左の個体を
 Stephanodiscus hantzschiiとした。

 採取地:余呉湖(滋賀県) 

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻径・肋密度・胞紋密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Stephanodiscus pseudosuzukii Tuji and Kociolek

 Syn : Stephanodiscus carconensis var. pusilla sensu Skvoetzow 1936
 殻形は、円形で、胞紋列が中心部から放射状に走る。
 径:11.7-15.7μm
 肋:3-4/10μm
 胞紋:12-16/10μm
 Stephanoidiscus suzukiiと比べて径が小さいことと、中心部で肋の巾が太くなることによって光顕下で区別できる。
 

 採取地:琵琶湖南湖(滋賀県)、余呉湖(滋賀県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻径・肋密度・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

ステファノディスクス科(Stephanodiscaceae)の一種 その1

 殻形は円形
 殻径;24.2-35.1μm
 肋;5-6/10μm,周縁から径の1/3付近まで延びる.
 肋間には2列の胞紋列が存在し,この胞紋は互い違いに並ぶ.
 胞紋密度;13.5-17.5/10μm
 周縁部突起(棘);5-6.5/10μm
 周縁部の棘は,隣り合う2つの肋間に存在する.
 Cyclostephanos属は,胞紋列が殻蓋まで伸びている事から,Stephanodiscus属とは区別ができる.
 しかし,この違いを光学顕微鏡かで判断することは困難である..

 採取地:太平洋(茨城県ひたちなか市) 

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻径・肋密度・周縁部棘密度は、採取試料中の個体の集計です.
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

Stephanodiscus suzukii Tuji and Kociolek

 Syn : Stephanodiscus carconensis (Eulenstein ex. Grunow) Grunow 1878 senssu Skvortzow 1936
 殻形は、円形で、胞紋列が中心部から放射状に走る。
 殻径:21.2μm
 肋:4/10μm
 胞紋:14/10μm


 採取地:余呉湖(滋賀県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻径・肋密度・胞紋密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
最終更新情報
     
(2013.08.31)
追加
Skeletonema 属の
            一種
Detonula 属の一種
ステファノディスクス科
            の一種
ページ作成および更新情報
 作成日:2008.08.10
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新2:2010.07.25
 
更新1:2010.01.03
デトヌラ属(Detonula)
Skeletonema属の一種

 殻形は、殻面は円形(右写真),殻帯面は円柱形(左写真).
 殻帯面は個体によっては中央がやや膨らむ,または凹入する.
 殻周縁部から伸びる連結棘で鎖状につながり,直線状の群体を作る.
 殻径;8.8-17.9μm
 殻高;4.3-16.3μm
 連結棘;10-24


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Detonula属の一種

 殻形;円形で,若干ドーム状,殻中心には,ほぼ無紋の中心域が存在し,
  中心にチューブ状の突起が1つある.
  中心域外側から放散状に細かい条線が放散状に延びる
 殻径;49.2μm
 縁辺突起;密度:5-5.5/10μm
        長さ:1.9-2.5/10μm
 唇状突起(rimoportulae)開口部;1.5μm,縁辺の突起列の中に1つ存在する(下写真矢印).
  開口部は,殻縁に対して垂直方向に真っ直ぐ伸びる


 採取地:紀伊水道(大阪府南部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白数字は海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻径・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:・THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

        ・日本産海洋プランクトン検索図説,(1997),千原・村野,東海大学出版会
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します

 ステファノディスクス科(Stephanodiscaceae)
   キクロテラ属(Cyclotella)
淡水珪藻写真
珪藻の部屋