土壌動物の画像集 
--------------------
鋏角亜門(Chelicerata)
クモガタ綱(Arachnida)
カニムシ目
(Pseudoscorpionida)
====================
ダニ目(Acari)
ササラダニ亜目
(Oribatida)
====================
ヒワダニ科
(Hypochthoniidae)
オオナガヒワダニ
Eo. magnus
ヒワダニモドキ
En. minutissimus
--------------------
ツツハラダニ科
(Lohmanniidae)
--------------------
ヘソイレコダニ科
(Euphthiracaridae)
--------------------
ツキノワダニ科
(Nanhermanniidae)
ホソツキノワダニ
Ni. parallela
--------------------
モンツキダニ科
(Trhypochthoniellidae)
--------------------
コナダニモドキ科
(Malaconothridae)
--------------------
ドビンダニ科
(Hermanniellidae)
--------------------
クモスケダニ科
(Eremobelbidae)
ヤマトクモスケダニ
Er. japonica
--------------------
ツヤタマゴダニ科
(Liacaridae)
--------------------
ツブダニ科
(Oppiidae)
--------------------
フリソデダニ科
(Galumnidae)
--------------------
オトヒメダニ科
(Scheloribatidae)
--------------------
マブカダニ科
(Oripodidae)
ホオカムリダニ属?
 (Oripoda sp1)
ホオカムリダニ属?
 (Oripoda sp2)
 分類群01
 分類群02
--------------------
不明分類群
(ササラダニ)

 分類群01
 分類群02
 分類群03
 分類群04
====================
トゲダニ亜目
(Gamasida)
====================
イトダニ科
(Uropodidae)
--------------------
ダルマダニ科
(Pachylaelapidae)
--------------------
不明分類群
(トゲダニ)

 分類群01
 分類群02
 分類群03
 分類群04
 分類群05
 分類群06
====================
ケダニ亜目
(Prostigmata)

====================
タカラダニ科
(Erythraeidea)
カベアナタカラダニ
Ba. murorum
--------------------
ヒメケダニ科
(Microtrombidiidae)
タキケダニ
Ca. takii
--------------------
ヨロイダニ科
(Labidostomatidae)
 分類群01
--------------------
不明分類群(ケダニ)
 分類群02
====================
200μm
1a
ドビンダニ科(Hermanniellidae)の画像
ドビンダニ科(Hermanniellidae)の画像
Since 2005/9 Copyright 2017 Neko no Shippo
2017/7/17 更新
トップページに戻ります。
 ドビンダニ科(Hermanniellidae)_分類群01-1a,b
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     後体部の左右に突起状の構造があることからドビンダニ科(Hermanniellidae)と同定した。
     突起状の構造はツノカクシダニ科(Plasmobatidae)にも類似するが
     突起に蓋状の構造があるように見えるのでドビンダニ科のほうが近いように思える。
     次回は突起に焦点を合わせて撮影したい。
200μm
ドビンダニ科(Hermanniellidae)の画像
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ドビンダニ科(Hermanniellidae)は油線が大きく発達し、管状に突出することが特徴です。日本産土壌動物によれば、
 国内からはドビンダニ属(Hermanniella 属)と、モリドビンダニ属(Akansilvanus 属)が知られています。ツノカクシダニ科
 (Plasmobatidae)も体の両側に管状の突出部がありますが、ドビンダニ科は管状の構造に蓋があり、ツノカクシダニ科には
 蓋状の構造がありません。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ドビンダニ科(Hermanniellidae)_分類群01-1c
 
撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:実体顕微鏡で観察した画像。
     後体部がごつごつしていて丸い。
     光を通しにくいので暗く見える。
1c
1b
200μm
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:日本産土壌動物 分類のための図解検索 【第二版】 青木淳一編著、東海大学出部、2015年、p619-620.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
土壌生物のトップページ(土壌生物の画像集)

------------------------------------------------------------------