ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)-1a
 
採取:群馬県上野村(2015年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:群馬県上野村の土からツルグレン装置で抽出した。
     クモスケダニ科(Eremobelbidae)と思われる。
     全体的な形状や、後体部の後端に縮れ毛があることが、
     「校庭のクモ・ダニ・アブラムシ(全国農村教育協会)」の
     ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)に似ている。
土壌動物の画像集 
--------------------
鋏角亜門(Chelicerata)
クモガタ綱(Arachnida)
カニムシ目
(Pseudoscorpionida)
====================
ダニ目(Acari)
ササラダニ亜目
(Oribatida)
====================
ヒワダニ科
(Hypochthoniidae)
オオナガヒワダニ
Eo. magnus
ヒワダニモドキ
En. minutissimus
--------------------
ツツハラダニ科
(Lohmanniidae)
--------------------
ヘソイレコダニ科
(Euphthiracaridae)
--------------------
ツキノワダニ科
(Nanhermanniidae)
ホソツキノワダニ
Ni. parallela
--------------------
モンツキダニ科
(Trhypochthoniellidae)
--------------------
コナダニモドキ科
(Malaconothridae)
--------------------
ドビンダニ科
(Hermanniellidae)
--------------------
クモスケダニ科
(Eremobelbidae)
ヤマトクモスケダニ
Er. japonica
--------------------
ツヤタマゴダニ科
(Liacaridae)
--------------------
ツブダニ科
(Oppiidae)
--------------------
フリソデダニ科
(Galumnidae)
--------------------
オトヒメダニ科
(Scheloribatidae)
--------------------
マブカダニ科
(Oripodidae)
ホオカムリダニ属?
 (Oripoda sp1)
ホオカムリダニ属?
 (Oripoda sp2)
 分類群01
 分類群02
--------------------
不明分類群
(ササラダニ)

 分類群01
 分類群02
 分類群03
 分類群04
====================
トゲダニ亜目
(Gamasida)
====================
イトダニ科
(Uropodidae)
--------------------
ダルマダニ科
(Pachylaelapidae)
--------------------
不明分類群
(トゲダニ)

 分類群01
 分類群02
 分類群03
 分類群04
 分類群05
 分類群06
====================
ケダニ亜目
(Prostigmata)

====================
タカラダニ科
(Erythraeidea)
カベアナタカラダニ
Ba. murorum
--------------------
ヒメケダニ科
(Microtrombidiidae)
タキケダニ
Ca. takii
--------------------
ヨロイダニ科
(Labidostomatidae)
 分類群01
--------------------
不明分類群(ケダニ)
 分類群02
====================
 ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)-1f
 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹面の拡大画像。
     生殖門と肛門板が特徴的。
 ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)-1e
 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:腹面の拡大画像。
     矢印の先に縮れ毛がある。
200μm
200μm
ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)の画像
ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)の画像
ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)の画像
ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)の画像
1a
200μm
ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)の画像
200μm
Since 2005/9 Copyright 2017 Neko no Shippo
2017/7/17 更新
トップページに戻ります。
1f
 ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)-1c
 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:背面の拡大画像。
     矢印の眼のように見える部分は胴感杯。
     ここから胴感毛と呼ばれる感覚毛が伸びている。
 ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)-1b
 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹側から観察した画像。
     生殖門と肛門板を確認できる。
ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)の画像
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 クモスケダニ科(Eremobelbidae)はクモスケダニ属(Eremobelda)だけからなります。日本産土壌動物によれば第1脚を
 細かく横振動させながら歩行することが特徴とのことです。代表種のヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)は、
 微細な鱗状のケバを持つ縮れ毛状の背毛を持ちます。体長は0.69mmとのことです。近縁種のミナミクモスケダニは
 Eremobelba okinawa)は体長以外に違いは無いそうですが、混在地域では明瞭に区別できるとのことです。
 ミナミクモスケダニの体長は0.49mmとされていて、ヤマトクモスケダニよりも小型です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ヤマトクモスケダニ(Eremobelba japonica)-1d
 
撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:背面の拡大画像。
     脚に焦点を合わせた画像。
200μm
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:日本産土壌動物 分類のための図解検索 【第二版】 青木淳一編著、東海大学出部、2015年、p639-640.
 参考文献:(2) 野外観察ハンドブック 改定 校庭のクモ・ダニ・アブラムシ 浅間茂・石井規雄・松本嘉幸、
          全国農村普及協会、2001年、p122.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
土壌生物のトップページ(土壌生物の画像集)

------------------------------------------------------------------
1e
1d
1c
1b
200μm