参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
ねこのしっぽトップページ

現生珪藻
(珪藻の部屋トップページ)


珪藻綱
(化石珪藻トップページ)


 タラシオシラ亜綱 
 
コシノディスクス亜綱 
 
ビドゥルフィア亜綱 
 リソデスミウム亜綱 
 キマトシラ亜綱 
 リゾソレニア亜綱 
 キートケロス亜綱 
 フラジラリア亜綱 
 バシラリア亜綱 
 珪藻綱不明・未同定分類群 
  不等毛植物門 珪藻綱 リソデスミウム亜綱 リソデスミウム目 
  リソデスミウム科
 ディチルム属01-03
(Ditylum sp.)

 特徴;殻面は三角形で、殻周縁は波打つ。
    殻面中心には太いチューブ状突起が認められる。
    チューブ状突起基部付近の殻面は無紋である。
    殻面の胞紋は個々に独立して存在し、比較的大きく長い楕円形で、
    胞紋列を作り放散状に配列する。
    胞紋は殻中心付近で徐々に密度が細かくなる。
    殻周縁に糸状の刺毛様突起は認められない。
 殻径;30.2μm<
 胞紋密度;6-10.5/10μm

 ・採取地;千葉県北部2
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000
 ・スケールバーは10μmです。
ディチルム属(Ditylum sp.)
ページ作成および更新情報
 作成日:2016.06.30
 
最終更新:2016.06.30 NEW
  不等毛植物門 珪藻綱 リソデスミウム亜綱 リソデスミウム目 
  リソデスミウム科
 ディチルム属01-02(Ditylum sp.)


 特徴;殻面は三角形で、同心円状の波うちが認められる。
    殻面中心には太いチューブ状突起が認められる。
    チューブ状突起基部付近の殻面は無紋である。
    殻面の胞紋は中心付近に小さい円形の胞紋が歪な環状列を1列作り、
    その外側は比較的大きい長い楕円形の胞紋が放散状に配列する。
    殻周縁に糸状の刺毛様突起は認められない。

 ・採取地;千葉県北部2
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000
 ・スケールバーは10μmです。
ディチルム属(Ditylum sp.)
 このページではディチルム属(Ditylum)を掲載しています。
 掲載されている標本は千葉県北部の堆積層露頭の岩石から採取した個体です。

 *分類群の同定につきましては、誤同定や分類群変更等に対応できていない箇所が
 ある可能性がありますが、ご了承ください。
ディチルム属(Ditylum sp.)
製作者:NaCl & Au
ねこのしっぽトップページ

  不等毛植物門 珪藻綱 リソデスミウム亜綱 リソデスミウム目 
  リソデスミウム科
 ディチルム属01-01
(Ditylum sp.)

 特徴;殻面は同心円状にうねりが認められ(775c)、中心から明瞭で太く長い
    チューブ状突起が直線状に伸びる。
    チューブ状突起基部付近の殻面は若干隆起する。
    殻蓋の胞紋は比較的小さく、胞紋列を作り、高さ方向に直線状に配列
    する(775c)。
    殻周縁に糸状の刺毛様突起は認められない。
 殻径;27μm<
 胞紋列密度;殻蓋:7.5-8/10μm
 胞紋密度;殻蓋:7-8.5/10μm
 中心突起長;64.2μm<

 ・採取地;千葉県北部2
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000
 ・スケールバーは10μmです。
現生珪藻が掲載されています。
上のアイコンをクリックすると
移動できます
珪藻の部屋
←化石珪藻Fossil diatoms)の部屋
  トップページへ(左のアイコンから移動できます)

ディチルム属(Ditylum sp.)
Since 2005/9 Copyright 2016 ねこのしっぽラボ