↑【F】
↓【R】
10μm
10μm
10μm
写真04d
写真04c
写真04b
写真04a
10μm
Shionodiscus tetraoestrupiiの画像
Shionodiscus tetraoestrupiiの画像
Shionodiscus tetraoestrupiiの画像
Shionodiscus tetraoestrupiiの画像
↑【R】
10μm
10μm
10μm
写真07d
写真07c
写真07b
写真07a
10μm
Shionodiscus biporus f. minimus  の画像
Shionodiscus biporus f. minimus の画像
Shionodiscus biporus f. minimus の画像
Shionodiscus biporus f. minimus の画像
↓【R】
10μm
10μm
10μm
写真06d
写真06c
写真06b
写真06a
10μm
Shionodiscus biporus の画像
Shionodiscus biporus の画像
Shionodiscus biporus の画像
Shionodiscus biporus の画像
↓【O】
↑【F】
↓【R】
写真05f
写真05e
写真05d
写真05c
写真05b
写真05a
5μm
5μm
5μm
5μm
20μm
20μm
Shionodiscus biporus の画像
Shionodiscus biporus の画像
Shionodiscus biporus の画像
Shionodiscus biporus の画像
↓【R】
↑【F】
10μm
10μm
10μm
写真02d
写真02c
写真02b
写真02a
10μm
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
↑【F】
↓【R】
10μm
10μm
10μm
写真03d
写真03c
写真03b
写真03a
10μm
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
Shionodiscus cf. praeoestrupii の画像
↓【R】
↑【F】
写真01d
写真01c
10μm
10μm
10μm
10μm
Shionodiscus oestrupii の画像
Shionodiscus oestrupii の画像
写真01b
写真01a
Shionodiscus oestrupii の画像
Shionodiscus oestrupii の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
分類   :Shionodiscus tetraoestrupii
      
 (Boden) Alverson, Kang et Therio
 
倍率  :1000倍 
採取  :鮮新統(千葉県) 
 
 

被殻の特徴
 左の写真は堆積物中から見つけた被殻の化石です。
 
写真04a~04bは同一被殻を焦点を変えて撮影したものです。

 ① 直径:22.3μm
 ② 胞紋密度 中心域:7~7.5/10μm、周辺域:17.5~20/10μm
 ③ 有基突起と唇状突起の距離 胞紋数:4、長さ:5μm
 
Shionodiscus tetraoestrupii について
 
S. tetraoestrupii の生存期間は5.4-0.9Maです。
 初出現年代(First occurrence:FO)が中新世-鮮新世の
 境界に近いことから年代決定にも有効です。

 下記が光学顕微鏡下で見られるS. tetraoestrupiiの特徴です。
 (1) 胞紋が中心域から外側に向かって断絶的に小さくなること、
 (2) 被殻周辺域の胞紋密度が大きいこと(18-25/10μm)。
写真04a~04d

 被殻に焦点を合わせています。
 矢印【F】が有機突起、矢印【R】が唇状突起です。
分類   : Shionodiscus cf. praeoestrupii
       (Dumont, Baldauf & Barron)
Alverson, Kang et Theriot

倍率  :1000倍 
採取  :鮮新統(千葉県) 
 
 

被殻の特徴
 左の写真は堆積物中から見つけた被殻の化石です。
 
写真03a~03bは同一被殻を焦点を変えて撮影したものです。
 
 
① 直径:19.5μm
 ② 胞紋密度 中心域:7.5~8/10μm、周辺域:13~18/10μm
 ③ 有基突起と唇状突起の距離 胞紋数:4、長さ:5.8μm
写真03a~03d

 被殻に焦点を合わせています。蜂の巣状の胞紋が弓状に配列しています。
 矢印【F】が有機突起、矢印【R】が唇状突起です。
トップページに戻ります。
 シオノケイソウ(Shionodiscus)は、Alverson, A.J.氏、Kang, S.-H.氏、Theriot, E.C.氏の詳細な研究によって、
 2006年にThalassiosira 属から分離された海産の珪藻です。最も古い化石は570万~560年前の地層から
 見つかっています。
この年代は中新世と鮮新世の境界に近いため、地質年代を決定するために
 利用されることもあります。 
 
 
 (1) 被殻の外側に突起がないこと、
 (2) 被殻の中央に1個~数個の有基突起をもつこと
 (3) 唇状突起の位置が特徴的である、などの特徴を持ちます。
--------------------------------------------------------------------------------------------
 Johansen, J.R., and Fryxell, G.A., 1985. The genus Thalassiosira (Bacillariophyceae): studies on species occurring south of
  the Antarctic Convergence Zone. Phycologia, 24: 155-179.
 
 Dumont, M.P., Baldauf, J.G., and Barron, J.A. (1986) Thalassiosira praeoestrupii—a new diatom species for recognizing
  the Miocene/Pliocene epoch boundary in coastal California. Micropaleontology, 32: 372-377.
 
 Boden, P. (1993) Taxonomy and stratigraphic occurrence of Thalassiosira tetraoestrupii sp. nov. and related species in upper Miocene and
  lower Pliocene sediments from the Norwegian Sea, North Atlantic and northwest Pacific. Terra Nova, 5: 61-75.
 
 Shiono, M. (2000) Three new species in the Thalassiosira trifulta group in late Neogene sediments from the northwest Pacific Ocean.
  Diatom Research
15: 131-148.

 
 
Shiono, M. (2000) Two new species of the Thalassiosira trifulta group in late Pliocene sediments of the northwest Pacific Ocean.
  Diatom Research
16: 83-92.

 
 
Shiono, M., and Koizumi, I. (2000) Taxonomy of the Thalassiosira trifulta group in late Neogene sediments from the northwest Pacific Ocean.
  
Diatom Research 15: 347-374.

 
 
Shiono, M. (2001) Phylogenic evolution of the Thalassiosira trifulta group (Bacillariophyceae) in the northwestern Pacific Ocean.
  J. Geol. Soc. Jpn,
107: 496-514.

 
 Alverson, A.J., Kang, S.-H. & Theriot, E.C. (2006). Cell wall morphology and systematic importance of Thalassiosira ritscheri (Hustedt) Hasle,
  with a description of Shionodiscus gen. nov. Diatom Research 21: 215-262.
分類   :Shionodiscus biporus
       (Shiono) Alverson, Kang et Theriot
 

倍率  :1000倍 
採取  :鮮新統(千葉県) 
 
 

被殻の特徴
 左の写真は堆積物中から見つけた被殻の化石です。
 
写真05a~05fは同一被殻です。

 ① 直径:45μm
 ② 胞紋密度
    中心域:4.5~5.5/10μm、周辺域:9~11.5/10μm
 ③ 有基突起と唇状突起の距離
    胞紋数:1、長さ:4μm

 
Shionodiscus biporus について
 
S. biporus の生存期間は5.0-0.4Maです。
 初出現年代(First occurrence:FO)が中新世-鮮新世の
 境界に近いことから年代決定にも有効です。

 下記が光学顕微鏡下で見られるS. bipora の特徴です。
 (1) 胞紋が周辺域で少しに小さくなること、
 (2) 被殻中央部に2個の細孔構造が見られること。
写真05a~05b

 被殻の全体像です。
 中央部に2個の細孔構造があります(写真05b矢印)。

写真05c~05f
 被殻中央部の画像です。
 2個の細孔構造のうち、左側は有機突起(【F】)、
 右側はoccluded areola(【O】)と呼ばれる構造です。
 2個並んでいて同じように見えますが、別の種類の微細構造です。
 また、2個の微細構造の近くには唇状突起(【R】)があります。
分類   : Shionodiscus cf. praeoestrupii
       (Dumont, Baldauf & Barron)
Alverson, Kang et Theriot

倍率  :1000倍 
採取  :鮮新統(千葉県) 
 
 

被殻の特徴
 左の写真は堆積物中から見つけた被殻の化石です。
 
写真02a~02bは同一被殻を焦点を変えて撮影したものです。
 
① 直径:21μm
 ② 胞紋密度 中心域:7.5~8.5/10μm、周辺域:14~17/10μm
 ③ 中心有基突起と唇状突起の距離胞紋数:5、長さ:6μm
 
Shionodiscus praeoestrupii について
 
前期型のS. praeoestrupii (4.8-3.4Ma)と、後期型のS. praeoestrupii f. juvenis
 (3.2-0.4Ma)に分けられます。この2分類群の識別には、電子顕微鏡による
 有機突起の形状確認が必要です。また、光学顕微鏡下では近縁種のS. oestrupii
 S. trifulta との区別が難しいことから、S. cf. praeoestrupii として同定しました。
 下記が光学顕微鏡下で見られるS. praeoestrupii の特徴です。
 (1) 胞紋が中心域から外側に向かって連続的に小さくなること、
 (2) S. oestrupii よりも、胞紋が細かく、この特徴に付随して中心有基突起と
    唇状突起の間の胞紋数が多くなること(一般的には4個以上)、
 (3) 被殻周辺域の胞紋密度が大きいこと(12/10μmよりも大きい)
写真02a~02d

 被殻に焦点を合わせています。蜂の巣状の胞紋が弓状に配列しています。
 矢印【F】が有機突起、矢印【R】が唇状突起です。
分類   :Shionodiscus biporus f. minimus
       (Shiono)
Alverson, Kang et Theriot 

倍率  :1000倍 
採取  :鮮新統(千葉県) 
 
 

被殻の特徴
 左の写真は堆積物中から見つけた被殻の化石です。
 
写真07a~07dは同一被です。
 
 ① 直径:23.5μm
 ② 胞紋密度 中心域:7~8/10μm、周辺域:11.5~14.5/10μm
 ③ 有基突起と唇状突起の距離 胞紋数0:、長さ:2μm

 
Shionodiscus biporus f. minimus について
 S. biporus f. minimus の生存期間は5.0-0.1Maです。
 S. biporus に酷似していますが、胞紋が小さいことが特徴です。
写真07a~07d

 被殻の全体像です。
 中央部に2個の細孔構造があります(写真07b矢印)。
 また、2個の微細構造の近くには唇状突起(【R】)があります。
分類   :Shionodiscus biporus
       (Shiono) Alverson, Kang et Theriot
 

倍率  :1000倍 
採取  :鮮新統(千葉県) 
 
 

被殻の特徴
 左の写真は堆積物中から見つけた被殻の化石です。
 
写真06a~06cは同一被殻、06dは細胞の裏側の被殻です。

 ① 直径:27.5μm
 ② 胞紋密度 中心域:5.5~6/10μm、周辺域:10~13/10μm
 ③ 有基突起と唇状突起の距離 胞紋数1:、長さ:3.4μm

 
写真06a~06c
 被殻の全体像です。
 中央部に2個の細孔構造があります(写真06a矢印)。
 また、2個の微細構造の近くには唇状突起(【R】)があります。
写真06d

 細胞の反対側の被殻です。
分類   : Shionodiscus oestrupii (Ostenfeld) Alverson, Kang et Theriot
倍率  :1000倍 
採取  :大阪湾 大倉海岸(兵庫県) 
 
時期  :2009年12月採取 水温16.5℃  

 

被殻の特徴
 左の写真は死細胞の被殻です。
 
写真01a~01bは同一被殻を焦点を変えて撮影したものです。
 
① 直径:27μm
 ② 胞紋密度 中心域:5.5~6.0/10μm、周辺域:8.0~10.0/10μm
 ③ 中心有基突起と唇状突起の距離 胞紋数:2長さ:4μm
 
Shionodiscus oestrupii について
 
S. oestrupii Shionodiscus 属のタイプ種です。有機突起と唇状突起の距離が近く、
 胞紋が中心域から外側に向かって連続的に小さくなることが特徴です。
写真01a~01c

 被殻にフォーカスを合わせています。蜂の巣状の胞紋が弓状に配列しています。
 ただし、被殻周辺部では胞紋の配列は直線状です。
 矢印【F】が有機突起、矢印【R】が唇状突起です。
写真01c,01d

 細胞の縁辺部に焦点を合わせています。周辺部の有機突起は観察できませんでした。