分類  :ネイディウム
     (Neidium iridis var. ampliatum

倍率  :1000倍 
採取  :川(茨城県 桜川)  
 
時期  :2010年11月採取 水温15.8℃ pH6.4-6.6 

 

写真02a 
 細胞の全体像で、殻にフォーカスを合わせました。
 
細胞の両端が細くなっていることが特徴的です。
 細胞の長さは98μm、中央部の太さ24.5μm、
 10μmあたりの条線は16〜18本です。
写真02a 
 
色素体に焦点を合わせています。
 色素体は中央部で分割されています。
 その他にも大きな切れ込みが見られます。
写真02a
 
 細胞内部に焦点を合わせています。
 矢印の先に球形の構造(核?)を観察できます。
写真06c
写真02b
20μm
20μm
20μm
ネイディウム(Neidium)の画像
ネイディウム(Neidium)の画像
写真02a
写真01c
写真01b
50μm
50μm
ネイディウム(Neidium)の画像
写真01a
写真03b
10μm
10μm
10μm
写真01g
ネイディウム(Neidium)の画像
10μm
ネイディウム(Neidium)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
ネイディウム(Neidium)の画像
写真01h
10μm
10μm
ネイディウム(Neidium)の画像
トップページに戻ります。
 ネイディウム(Neidiumは淡水に生息する珪藻です。細かな条線と縁辺部の空白帯が特徴です。
 細胞の形状は長楕円形で、両端部に人形の頭のような構造ができることもあります。
 落ち葉などの堆積した山地湖沼や湿原で見つかることが多いです。
----------------------------------------------------------------------------
ネイディウム(Neidium)の画像
分類  :ネイディウム
     (Neidium iridis var. subundulatum

倍率  :1000倍 
採取  :川(茨城県 桜川)  
 
時期  :2010年11月採取 水温15.8℃ pH6.4-6.6 

 

 小河川の岸辺の沈殿物から採取しました。
 水の流れていない場所でしたので、
 止水域と似た環境だと思います。
 Neidium iridis の基本種は紡錘形をしていますが、
 この変種は基本種よりも長いことが特徴です。
 写真の個体も基本種よりも、細長く見えることから
 N. iridis var. subundulatum として同定しました。

写真01a, 01b 
 細胞の全体像です。写真01aは被殻、写真01bは
 細胞内部の色素体にフォーカスを合わせています。
 細胞は細長く、端部はくさび型です。
 細胞の両側は並行で、この特徴は
 N. iridis var. amphigomphus とも共通します。
 ただし、N. iridis var. amphigomphus よりも
 細長いことから区別できます。

 細胞の長さ162.5μm、中央部の太さ29.5μm、
 10μmあたりの条線は16〜17本です。
写真01c, 01d 
 被殻の中心域付近を拡大した写真です。
 縦溝の端部は、Jの字型です。
写真01e, 01f
 
 細胞の中央付近の色素体にフォーカスを合わせました。
 色素体は細胞中央付近で分離しているように見えます。
 細胞の中央には短い棒状の構造が見られます
写真01g, 01h
 
 細胞の端部を拡大した写真です。
 写真01gは被殻、01hは細胞内部の色素体に
 フォーカスを合わせています。

写真03a
10μm
10μm
写真01f
ネイディウム(Neidium)の画像
写真01e
分類  :ネイディウム (Neidium sp.)
倍率  :1000倍
 
採取  :湖(福島県) 
  
時期  :2015年8月採取
 
 
写真03a 
 細胞の全体像で、殻にフォーカスを合わせています。
 
細胞の両端が細くなっていることが特徴的です。
 細胞の長さは53μm、中央部の太さ19μm、
 10μmあたりの条線は20本です。
写真03b 
 
色素体にフォーカスを合わせています。
 色素体は中央部で分割されています。
 
写真01d
ネイディウム(Neidium)の画像