写真02b
写真02a
写真01a
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
写真02e
写真02f
分類  :ビドルフィア (Biddulphia sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 
 
時期  :2011年2月採取 表面海水温10.0℃ 

 

 磯で採取したビドルフィアBiddulphia )です。
 
2個の細胞が一組になっています。
 
写真01a
 殻の表面にフォーカスを合わせています。
 胞紋は微細です。

写真01b
 
 細胞の内部にフォーカスを合わせています。
 不定形の色素体を観察できます。

写真01c
 
 色素体は球形に分布しています。
 中心部に色素体がない場所がありますが、
 ここには核があるのかもしれません。

写真01d
 
 細胞の輪郭にフォーカスを合わせています。
 細胞の形態は複雑です。
 2個の細胞が円筒形の殻で接続しています。
最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
分類  :ビドルフィア (Biddulphia sp.)
倍率  :500倍(写真02a〜写真02d)、
倍率  :1000倍(写真02e、写真02f) 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 
 
時期  :2011年2月採取 表面海水温10.0℃ 

 

 左の画像は死細胞で、色素体は失われています。
 
写真02a
 被殻に焦点を合わせています。
 微細な被殻側面の胞紋を観察できます。
 
写真02b
 
 細胞の内部に焦点を合わせています。
 被殻内を仕切る隔壁を観察できます。
 
写真02c, 02d 

 細胞の輪郭に焦点を合わせています。
 細胞の形態は複雑です。

 
写真02e 
 2個の細胞をつなぐ被殻の表面を拡大した画像です。
 微細な胞紋を観察できます。
 
写真02f 
 細胞中央部には突起(矢印)があり、
 2個の細胞を接続しています。
 細胞両端の鈍円状の突起部分でも接続しています。
50μm
50μm
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
写真02c
写真02d
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
写真01d
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
写真01b
50μm
50μm
20μm
20μm
写真01c
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
トップページに戻ります。
 ビドルフィアBiddulphiaは付着性の珪藻で海岸や沿岸域で多く見られます。
 海藻を採取してバケツの中で攪拌し、沈殿物を顕微鏡で観察すると見つかります。
 大型で丈夫な殻を持つものが多いので観察は容易です。
 特徴的な形ですので属レベルの同定も容易と思います。
------------------------------------------------------------------------

50μm
50μm
20μm
20μm