写真12a
写真07b
写真07a
10μm
10μm
ディアトマ(Diatoma vulgare)の画像
ディアトマ(Diatoma vulgare)の画像
写真06a
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
50μm
50μm
写真12f
写真12e
写真11d
写真11c
リコモフォラ (Licmophora )の画像
50μm
写真10
20μm
分類  :メリディオン (Meridion constrictum
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県) 
 
時期  :2015年4月採取  

 

 赤城山山頂の大沼で採取したMeridion constrictumです。
 Meridion constrictumは水温が低い清涼な水域に生息します。
 採取地点の水温は計っていませんが、採取前日の大沼の水温は水温は8.7℃でした。


メリディオン (Meridion constrictum)の画像
写真08b
メリディオン (Meridion constrictum)の画像
写真08a
分類  :アステリオネロプシスAsterionellopsis glacialis
倍率  :500倍(写真06a、写真06b)、1000倍(写真06c) 
採取  :海岸(千葉県 銚子)   
時期  :2011年9月採取  

 

 古い文献ではホシガタケイソウ(Asterionella)とされています。
 淡水産のホシガタケイソウ(Asterionella)が放射状の
 群体を作るのに対して、この種は螺旋状の群体を作ります。
アステリオネロプシス(Asterionellopsis glacialis)の画像
写真02c
ラブドネマ (Rhabdonema sp.)の画像
写真12b
アステリオネロプシス(Asterionellopsis glacialis)の画像
写真06b
アステリオネロプシス(Asterionellopsis glacialis)の画像
トップページに戻ります。
 珪藻は殻の形から、中心型珪藻羽状型珪藻に大きく分けられてきました。羽状型珪藻は羽状無縦溝型と、
 羽状縦溝型に分けられてきました。最近は、珪藻研究においてもDNA解析を用いた進化研究が進められていて、
 中心型、羽状型といった形態分類は古くなりつつありますが、珪藻を大きく区分するには便利なので、
 このサイトでは古典的な分類法を使用しています。
 
 羽状型珪藻は文字通り、鳥の羽のような左右対称の形が特徴で、中心に縦溝と呼ばれる構造があるものを、
 縦溝型、無いものを無縦溝型として区別しています。

 ここでは縦溝のない羽状型珪藻のオビケイソウ亜綱(Fragilaria亜綱)を紹介します。
------------------------------------------------------------------------------------------
ラブドネマ (Rhabdonema sp.)の画像
ラブドネマ (Rhabdonema sp.)の画像
ラブドネマ (Rhabdonema sp.)の画像
写真12c
20μm
分類  :シネドラ(Synedra ulna var. contracta
倍率  :1000倍 
採取  :川(群馬県) 
 
時期  :2015年4月採取 水温16.2℃ pH6.4 

 

 
群馬県の神流側の上流域で採取したSynedra ulna ver. contractaです。
 細胞内に複数の小さな油滴があります。
 色素体が小さいので条線を観察できます。

 細胞中央部はわずかに細くなっています。
写真05
20μm
フラギラリア (Fragilaria sp.)の画像
写真02b
分類  :フラギラリア (Fragilaria sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(群馬県)  
 
時期  :2015年1月採取 

 

 フラギラリア (Fragilaria)属はと思われますが同定は難しいです。
 殻面から見ています。写真02a〜写真02cはフォーカスを変えて撮影した画像です。
フラギラリア (Fragilaria construens var. exigua)の画像
分類  :ラブドネマ (Rhabdonema sp.)
倍率  :500倍(写真12a、写真12b)、
     1000倍(写真12c〜写真12f)
 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸)  
 
時期  :2011年2月採取 表面海水温10.0℃ 

 

 円筒を薄くつぶしたような形の細胞が群体を作っています。
 個々の細胞は角の部分で隣接する細胞と接続しています。
 このタイプの群体はFragilaria亜科でよく見られます。
 
写真12a, 12b 
 群体の画像です。
 角の部分で隣接する細胞と接続しています。
 
写真12c, 12d
 殻の表面にフォーカスを合わせた画像です。
 縦筋と、横筋を観察できます。
 
写真12e, 12f 
 細胞内の色素体にフォーカスを合わせた画像です。
 色素体は細長く、放射状に配列しているように見えます。

写真09
シネドラ(Synedra)の画像
分類  :ホシガタケイソウAsterionella sp.
倍率  :500倍(写真04a)、1000倍(写真04b) 
採取  :湖(群馬県)   
時期  :2014年8月採取 

 

 ホシガタケイソウの群体です。
 細長い細胞が放射状の群体を作ります。
写真04a
写真04b
写真01b
20μm
10μm
10μm
50μm
50μm
写真01a
フラギラリア (Fragilaria sp.)の画像
50μm
50μm
ラブドネマ (Rhabdonema sp.)の画像
写真12d
写真11b
写真11a
リコモフォラ (Licmophora )の画像
分類  :ヌサガタケイソウ (Tabellaria sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県 榛名湖) 
 
時期  :2013年8月採取 水温27.8℃ pH6.2以下 

 

 生きているときはジグザグの群体を観察できます。
 有機物を除去する処理を行うと殻がばらばらになり、
 全く異なる珪藻に見えるので注意が必要です。
 ばらばらになった殻を正面から観察すると、
 両端と中央部が膨らんだ棒状に見えます。
 ヌサガタケイソウは水の澄んだ湖沼で見つかります。

ヌサガタケイソウ (Tabellaria sp.)の画像
分類  :ディアトマ(Diatoma vulgare
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県) 
 
時期  :2015年4月採取 水温18.6℃ pH6.8 

 

 Diatoma vulgare は神流川水系では一般的な付着珪藻で、ダム湖にも生息しています。
 写真07aは殻の筋状構造(肋脈)、写真07bは楕円形の色素体を観察できます。

写真06c
50μm
50μm
分類  :ホシガタケイソウAsterionella sp.
倍率  :500倍(写真04a)、1000倍(写真04b) 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖)   
時期  :2009年3月採取 水温13.5℃ pH6.4 

 

 Asterionella formosa、または、A. gracillima と思われますが、
 生細胞の写真を用いて種レベルの同定を行うことは困難です。
 どちらも大型の湖沼で見られます。
 星型の放射状の群体を作るので有名です。
 酸処理を行ってしまうと、群体は壊れてしまいます。
ホシガタケイソウ(Asterionella sp.)の画像
50μm
20μm
5μm
5μm
フラギラリア (Fragilaria construens var. exigua)の画像
分類  :フラギラリア (Fragilaria sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(群馬県)   
時期  :2015年1月採取 

 

 フラギラリア (Fragilaria)属の群体です。
 写真02と同時に採取したので、写真02と同種の可能性が高いです。
20μm
ホシガタケイソウ(Asterionella sp.)の画像
ホシガタケイソウ(Asterionella sp.)の画像
50μm
50μm
ラブドネマ (Rhabdonema sp.)の画像
分類  :リコモフォラ (Licmophora sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(大阪府 大阪湾 淡輪海岸 
 
時期  :2010年1月採取 水温9.5℃ 

 

 リコモフォラは海産の代表的な付着生珪藻です。
 海藻を海水と一緒に容器の中で激しく振ると
 茶色の濁った海水を採取できます。
 この濁った海水を顕微鏡で観察すると、
 リコモフォラが見つかります。

写真11a, 11b
 細胞の表面(殻)に焦点を合わせています。
 細胞の形状はくさび型で、
 数本の長い線が観察できます(写11a矢印)。

写真11c, 11d
 細胞の内部に焦点を合わせました。
 無数の色素体を観察できます。
 細胞の中央部に色素体が見られない部分がありますが、
 この位置には核があります(写真11d矢印)。

写真03
写真02a
分類  :フラギラリア (Fragilaria construens var. exigua
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)  
 
時期  :2015年5月採取 

 

 フラギラリア (Fragilaria)属は種レベルでの同定が難しいですが、
 この種類(変種)は殻面が三角形をしているので容易に同定できます。