藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

50μm
最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
分類  :リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)
倍率  :400倍(写真01a)、1000倍(写真01b、写真01c) 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸) 
 
時期  :2009年5月採取 表面海水温16.8℃ 

 
写真01a 
 細胞は非常に細長い形状で、両端が針状に長く伸びています。
 リゾソレニア (Rhizosolenia )は海生の代表的な浮遊性珪藻です。
 化石も産出しますが、化石として残るのは針の部分だけです。
写真01b, 01c
  
 写真01aの先端付近を拡大した画像です。
 被殻の先端部は針状になり長く伸びています。
 針状部分には色素体は含まれていません。
分類  :リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)
倍率  :400倍(写真02a)、1000倍(写真02b) 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸) 
 
時期  :2009年5月採取 表面海水温16.8℃ 

 
写真02a 
 写真01と同じ場所で採取したリゾソレニア (Rhizosolenia )です。
 2個の細胞が接続しています。

写真02b  
 
細胞の接続部を拡大した画像です。
 針状の先端部が重なっています。
写真02a
100μm
写真02b
リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)の画像
リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)の画像
ここをクリックすると大きな画像が開きます。
写真01b
写真01c
100μm
リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)の画像
写真01a
50μm
トップページに戻ります。
 リゾソレニア(Rhizosolenia)は海洋の代表的な浮遊性珪藻で、プランクトンネットで採取できます。
 細胞は非常に細長く、先端部はさらに長く針状に伸びます。
 光学顕微鏡では胞紋など殻の構造を見ることは困難です。
--------------------------------------------------------------------------------