写真22a
20μm
アウラコセイラ(Aulacoseira)の画像
100μm
写真24a
リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)の画像
写真23d
写真23c
写真23b
写真23a
20μm
20μm
20μm
20μm
パラリア (Paralia sp.)の画像
パラリア (Paralia sp.)の画像
分類  :アウラコセイラ (Aulacoseira granulata
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2008年8月採取 水温26.0℃ pH7.8 

 

 糸状体の先端細胞には針状の突起(黒矢印)があります。
 点紋の配列パターンは、先端の被殻では細胞の長軸方向と平行、
 その外の被殻では緩やかな螺旋状パターンです。
 また、先端の被殻には点紋の欠損部があります。
20μm
20μm
写真21b
写真21a
写真20b
写真20a
ステファノピクシス (Stephanopyxis sp.)の画像
ステファノピクシス (Stephanopyxis sp.)の画像
写真19b
写真19a
20μm
タルケイソウ (Melosira sp.)の画像
分類  :ウロコケイソウ (Urosolenia sp.)
倍率  :400倍 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸) 
 
時期  :2009年5月採取 表面海水温16.8℃ 

 

 以前は淡水生のリゾソレニアとされていました。
 リゾソレニアとは被殻内の細胞形状が異なります。
 被殻が非常に薄いため、探し難いです。
20μm
写真25
ウロコケイソウ (Urosolenia sp.)の画像
分類  :リゾソレニア (Rhizosolenia sp.)
倍率  :400倍 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸) 
 
時期  :2009年5月採取 表面海水温16.8℃ 

 

 細胞は非常に細長い形状で、両端が針状に長く伸びています。
 リゾソレニア (Rhizosolenia )は海生の代表的な浮遊性珪藻です。
 化石も産出しますが、化石として残るのは針の部分だけです。
分類  : パラリア (Paralia sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 2010年10月採取 
 
時期  :2010年10月採取 

 

 アウラコセイラに似ていますが、パラリアは海生種です。
 細胞は細胞間のた突起によって接続されています。
 被殻の表面構造は繊細です。
 細胞は扁平な円盤を重ねたような形状です。
 被殻は厚く、生細胞でもぎらぎらと光って見えます。
 厚い被殻のため、細胞内を見通すことは難しいです。
分類  :ステファノピクシス (Stephanopyxis sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸)  
 
時期  :2009年10月採取 水温24.1℃ 

 
 タルケイソウ(Melosira)に似ていますが細胞が離れています。
 個々の細胞は細胞間に生じた突起によって接続されています。
 写真20bや写真21bを見ると細胞間の突起を確認できます。
 細胞の直径は32μm、突起を含めた細胞の長さ63μm、
 突起を含めない細胞の長さ(高さは)59μmです。
 被殻の胞紋密度は5〜5.5個/10μmです。
分類  :タルケイソウ (Melosira sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖南湖) 
 
時期  :2009年10月採取 水温19.8℃ pH6.8 

 
 丸い筒型の細胞が糸状の長い群体(糸状体)をつくります。
 アウラコセイラ(Aulacoseira属)に似ていますが、
 タルケイソウは被殻に点紋が見えません。
 海生種のステファノピクシス(Stephanopyxis)にも似ていますが、
 ステファノピクシスは細胞間に突起が見られことや
 被殻に蜂の巣状の構造が見られることから区別できます。
分類  :不明種
倍率  :1000倍 
採取  :
海岸(神奈川県 三浦半島)    
時期  :2015年9月採取  

 

 Thalassiosira 属に似ていますが、
 有基突起や唇状突起を確認できません。
 殻を綺麗にする処理を行えば、
 属レベルの同定は可能かもしれません。
分類  :不明種
倍率  :1000倍 
採取  :
海岸(神奈川県 三浦半島)    
時期  :2015年9月採取  

 

 Thalassiosira 属に似ていますが、
 有基突起や唇状突起を確認できません。
 殻を綺麗にする処理を行えば、
 属レベルの同定は可能かもしれません。
写真27b
写真27a
写真26b
写真26a
5μm
5μm
5μm
5μm
不明種(珪藻)の画像
不明種(珪藻)の画像
不明種(珪藻)の画像
不明種(珪藻)の画像
写真16a
写真15a
分類  :タラシオシラThalassiosira bramaputrae
倍率  :1000倍 
採取  :
菅生沼(茨城県)    
時期  :2011年5月採取 水温19.0℃ pH6.8 

 

 写真11の細胞と同時に採取しました。
 写真11よりも小型の細胞です。
 
写真12a, 12b 
 被殻に焦点を合わせた画像です。
 写真11の個体よりも突起の観察が容易です。
写真12c
 
 細胞の中の色素体に焦点を合わせた画像です。
 不定形の色素体を見ることができます。
写真12d 
 細胞の内部に焦点を合わせた画像です。
 色素体が細胞の外側に分布しています。

写真11g
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
写真11b
写真11a
写真10a
写真09b
写真09a
20μm
20μm
ビドルフィア (Biddulphia sp.) の画像
写真07c
写真07b
写真07a
50μm
50μm
50μm
ストレプトセカ (Streptotheca sp.)の画像
ストレプトセカ (Streptotheca sp.)の画像
ストレプトセカ (Streptotheca sp.)の画像
分類  :クモノスケイソウ (Arachnoidiscus sp.)
倍率  :500倍(写真02a)、 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 
 
時期  :2010年10月採取 

 

 海生の大型の中心型珪藻です。
 写真の個体の直径は216μmもあります。
 放射状と、同心円のパターンが組み合わさった構造をしていて、
 クモの巣状の装飾が施されているように見えます。
 このことから、和名では“クモノスケイソウ”と呼ばれています。
写真05
50μm
クモノスケイソウ (Arachnoidiscus sp.)の画像
分類  :アステロムファルス (Asteromphalus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(兵庫県 須磨)  
 
時期  :2008年11月採取 表面海水温16.0℃ 

 

写真04a,04b
 海生の中心型珪藻(Asteromphalus属)です。
 写真13a,13bは、被殻に焦点を合わせています。
 被殻の形状は卵型で中心域から放射状に
 9本の透明脈(hyaline line)が伸びています。
 被殻の中心域に小室(areolae)はなく、
 仕切りにより9個の区画に分けられています。
 中心の区画は多角形で細長い形状をしています。
 透明な区画は透明脈に接続しており、
 透明脈の先端には唇状突起があります。
 ただ、生きている細胞では唇状突起の確認は困難です。
写真04c,04d
 
 細胞の内部に焦点を合わせています。
 透明脈の内側には色素体がみられません。
10μm
10μm
写真04d
写真04c
写真04b
写真04a
アステロムファルス (Asteromphalus sp.)の画像
ここをクリックすると大きな画像が開きます。
分類  :アクティノプティカス (Actinoptychus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2014年11月採取 

 

 色素体が隙間なく分布しているため茶色の円盤に見えます。
 生きている細胞では胞紋や殻の構造の観察は難しいです。
写真03
20μm
アクティノプティカス (Actinoptychus sp.)の画像
分類  :アクティノキクラス (Actinocyclus octonarius
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2015年9月採取 

 

 放射状の胞紋パターンが特徴です。
 色素体は不定形で隙間が広いです。

 擬結節(pseudonodulus)があります。
写真02
20μm
アクティノキクラス (Actinocyclus octonarius)の画像
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :500倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2014年11月採取 

 

 大型の円盤状の細胞が単独で浮遊しています。
 殻には放射状に配列する胞紋列があります。
 円盤状の色素体が中心域の周りにリング状に集まっています。
20μm
10μm
10μm
10μm
10μm
写真11f
写真01
10μm
20μm
10μm
50μm
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
写真18a
写真18b
20μm
20μm
ディチルム (Ditylum sp.)の画像
10μm
スケレトネマ (Skeletonema sp.)の画像
写真16c
写真15c
写真14b
写真14a
20μm
10μm
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
10μm
10μm
写真12c
写真12d
10μm
10μm
10μm
10μm
5μm
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
5μm
写真10e
写真10f
50μm
分類  :ストレプトセカStreptotheca sp.
倍率  :500倍(写真07a、写真07b)、1000倍(写真07c) 
採取  :海岸(千葉県 銚子)  
 
時期  :2011年9月採取 

 

 被殻はうすく、通常の光学顕微鏡観察では輪郭が不明瞭です。
 群体を作る珪藻とのことですが、今回は1細胞で浮遊していました。
 米粒状の色素体を複数持っており、
 さらに放射状に配列しています。
 個々の色素体は原形質で繋がっているようです。
50μm
分類  :ディチルム (Ditylum sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :
海岸(神奈川県 三浦半島)    
時期  :2014年11月採取  

 

 写真17と写真18は同時に採取した別の個体です。
 細胞の上下に長い突起があることが特徴です。
 細胞内には米粒状の色素体があります。
ディチルム (Ditylum sp.)の画像
ディチルム (Ditylum sp.)の画像
ディチルム (Ditylum sp.)の画像
分類  :スケレトネマ (Skeletonema sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :
海岸(神奈川県 江の島)    
時期  :2011年7月採取 水温26.0℃ 

 

 写真15と同時に採取したスケレトネマ属(Skeletonema 属)です。
 写真15よりも小型の細胞が連結しています。
 写真16aでは個々の細胞から伸びた長い棘(突起)と、
 その接続部(写真.16a中の矢印)を見ることができます。

10μm
スケレトネマ (Skeletonema sp.)の画像
写真16b
スケレトネマ (Skeletonema sp.)の画像
分類  :スケレトネマ (Skeletonema sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :
海岸(神奈川県 江の島)    
時期  :2011年7月採取 水温26.0℃ 

 

 スケレトネマ属(Skeletonema 属)は小型の細胞が複数の長い棘(突起)で
 連結した構造を持っています。
 この長い棘(突起)は繊細なため光学顕微鏡で撮影することは難しいです。
 写真15a、15bでは個々の細胞から伸びた長い棘(突起)と、
 その接続部(写真.15a中の矢印)を見ることができます。
 色素体が向かい合って配置していことも面白い特徴です。
 それほど珍しい珪藻ではないと思いますが、
 学習用顕微鏡では観察が難しいかもしれません。

20μm
スケレトネマ (Skeletonema sp.)の画像
スケレトネマ (Skeletonema sp.)の画像
写真15b
スケレトネマ (Skeletonema sp.)の画像
分類 :ヒメマルケイソウ (Cyclotella sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :
池(大阪府)     
時期  :2008年7月採取 水温26.0℃ pH7.8 
 

 

 被殻周辺部の放射状の模様が特徴的です。
 よく見ると、細胞から細い糸状の繊維が伸びています。
 この繊維は有機突起から放出されています。
ヒメマルケイソウ (Cyclotella sp.) の画像
分類 :シオノケイソウ(Shionodiscus oestrupii
倍率  :1000倍 
採取  :大阪湾 大倉海岸(兵庫県) 
 
時期  :2009年12月採取 水温16.5℃  

 

 
S. oestrupii Shionodiscus 属のタイプ種です。
 有機突起と唇状突起の距離が近く、
 胞紋が中心域から外側に向かって
 連続的に小さくなることが特徴です。
写真13a
写真13a
Shionodiscus oestrupii の画像
Shionodiscus oestrupii の画像
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
写真12b
写真12a
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
写真11h
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
分類  :タラシオシラThalassiosira bramaputrae
倍率  :1000倍 
採取  :
菅生沼(茨城県)    
時期  :2011年5月採取 水温19.0℃ pH6.8 

 

 淡水産のThalassiosira 属です。
 殻の表面に“うねるような波”があることが特徴です。
 このような特徴を持つThalassiosira 属は
 化石種でも知られています。
 また、Cyclotella 属にも“うねるような波”
 をもつ種が存在します。
 被殻の周辺部には短い棘(突起)が並んでいます。
 
写真11a, 11b 
 殻に焦点を合わせた画像です。
 フォーカスを変えると胞紋の見え方が変わるので、
 “うねるような波”のイメージをつかむことができます。
 殻の周辺部の短い突起も見ることができます。
 胞紋は放射状に配列しています。
写真11c, 11d
 
 細胞の中の色素体に焦点を合わせた画像です。
 不定形の色素体を複数持っています。
 色素体は被殻のすぐ内側に存在しているようです。
写真11e, 11f 
 細胞の内部に焦点を合わせた画像です。
 色素体が細胞の外側に分布しています。
写真11g, 11h 
 細胞を横(側面)から観察した画像です。
 殻の表面が波打っている状態を
 観察することができます。


10μm
10μm
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
写真11d
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
分類  :ラシオシラ (Thalassiosira sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸)   
 
時期  :2008年12月採取 表面海水温13.9℃ 

 

写真21a,21b
 海生のタラシオシラ(Thalassiosira属)です。
 写真21a,21bは、タラシオシラ(1)に似ていますが、
 殻面の形状が平らです。
 被殻に焦点を合わせています。
 細胞のエッジには短い突起が放射状に配列しています。
 胞紋の配列はやや直線的、あるいは編心的、
 中心域にも胞紋が存在します。
 胞紋の密度は中心域付近で4〜5個/10μm、
 周辺域で5〜6個/10μmです。
写真21c,21d 
 細胞の内部に焦点を合わせています。
 楕円形〜ひょうたん型の色素体が見られます。
 色素体は被殻の内壁に沿って分布しています。


写真10a
写真10b
20μm
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
分類  :ラシオシラ (Thalassiosira sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(兵庫県 須磨)  
 
時期  :2008年11月採取 表面海水温16.0 

 

写真10a,10b
 海生のタラシオシラ(Thalassiosira属)です。
 写真20a,20bは、被殻に焦点を合わせています。
 細胞のエッジには短い突起が放射状に配列しています。
 胞紋の配列は直線的、あるいは編心的、
 中心域にも胞紋が存在します。
 胞紋の密度は中心域付近で5個/10μm、
 周辺域で7個/10μmです。
写真10c,10d 
 細胞の内部に焦点を合わせています。
 楕円形〜ひょうたん型の色素体が見られます。
 色素体は被殻の内壁に沿って分布しています。
写真10e 
 
唇状突起(rimoportula)の細胞外への
 開口部と思われます(矢印)。
 唇状突起の内部には細胞外へと続くパイプ状の構造があり、
 ここから粘液などを放出していると考えられています。
写真10f
 
 唇状突起の本体です(矢印)。被殻の内側に位置します。
 本来は突起状の構造です。

写真10b
写真10d
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
10μm
写真10c
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
分類  :ビドルフィア (Biddulphia sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 
 
時期  :2011年2月採取 表面海水温10.0℃ 

 

 磯で採取したビドルフィアBiddulphia )です。
 
2個の細胞が一組になっています。
 色素体は球形に分布しています。
 中心部に色素体がない場所がありますが、
 ここには核があるのかもしれません。
分類  :トリセラチウム (Triceratium sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 
 
時期  :2011年2月採取 表面海水温10.0℃ 

 

 正三角形のトリセラチウムです。
 珪藻としては大型で胞紋の観察も容易です。
 角にコブ状の突起があります。
 被殻が厚いために細胞内部を見通すことは困難です。

トリセラチウム (Triceratium sp.)の画像
分類  :キートケロス (Chaetoceros sp.)
倍率  :500倍 
採取  :海岸(神奈川県 江の島 
 
時期  :2011年7月採取 水温26.0℃ 

 

 3個の細胞が連結して小規模な群体を形成しています。
 突起は四角形の細胞の四隅から伸びています。

 
長方形の殻内に色素体が充満しています。
キートケロス (Chaetoceros sp.)の画像
写真06
トップページに戻ります。
 珪藻は殻の形から、中心型珪藻と羽状型珪藻に大きく分けられてきました。さらに羽状型珪藻は
 羽状無縦溝型と、羽状縦溝型に分けられてきました。最近は、もDNA解析を用いた進化研究が
 進められていて、形態的な分類から系統進化を反映した系統分類に移行しつつあります。
 この結果、中心型珪藻の単系統性は失われつつありますが、珪藻を大きく区分するには便利なので、
 このサイトでも、古典的な
“中心型珪藻”の名称を使用します。
 中心型珪藻は円形で浮遊性のものが多く、湖沼や海洋で見られます。

------------------------------------------------------------------------------

写真17b
写真17a
20μm
20μm
20μm
10μm
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
写真11e
写真11c
写真10c
写真10d
タラシオシラ (Thalassiosira sp.)の画像
写真08