トップページに戻ります。
 ラフィド藻類(Raphidophyceae)は海洋の赤潮の原因藻類として知られています。
 海産のラフィド藻類は他の不等毛植物門と同じように茶色または黄色の色素をもっていますが、
 淡水産のラフィド藻類は緑色をしています。淡水産のラフィド藻類は10年前に見ただけです。
 あまり多くはないのかもしれません。
--------------------------------------------------------------------------


写真02c
写真02d
写真02a
写真02b
分類  :ラフィド藻類の不明種(淡水生)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2006年11月採取   

 

 ミドリムシに見られるような眼点はありません。
 淡水産のラフィド藻類は不等毛植物門の構成種にしては珍しく鮮やかな緑色をしています。
 画像では米粒のような葉緑体と微細な顆粒が観察できます。
ラフィド藻類の不明種(海生)の画像
ラフィド藻類の不明種(海生)の画像
10μm
10μm
10μm
ラフィド藻類の不明種(海生)の画像
ラフィド藻類の不明種(海生)の画像
写真01a
写真01b
10μm
10μm
10μm
ラフィド藻類の不明種(淡水生)の画像
最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
ラフィド藻類の不明種(淡水生)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
 淡水生種
 海生種
 
--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

分類  :ラフィド藻類の不明種(海生)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島)   
時期  :2015年9月採取   

 

 海産の小型ラフィッド藻類と思われますが詳細不明です。
 海産のラフィッド藻類は茶褐色です。