最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
写真06f
写真06e
写真06d
写真06c
写真06b
写真06a
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
10μm
10μm
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

写真05d
写真05c
50μm
50μm
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(兵庫県 大倉海岸) 
 
時期  :2008年12月採取 表面海水温13.9℃ 

 

 胞紋は繊細です。密度は中心域付近で15個/10μmです。


写真07a,07b

 
殻にフォーカスを合わせた画像です。
 胞紋が繊細なために蜂の巣状の構造が見えません。


写真07c,07d
 
 
細胞内部にフォーカスを合わせた画像です。
 不定形の色素体を観察できます。
 色素体は高密度です。


写真07e
 
 
被殻の中央付近を拡大した画像です。
 胞紋の密度は15個/10μm程度です。
 中心域にはやや大型の胞紋がまばらに存在しています。
 胞紋は編心的配列をしています。


写真07f
 
 
大きな唇状突起を観察できました。
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
写真07c
写真07d
写真07b
写真07a
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(茨城県 平磯海岸) 
 
時期  :2010年4月採取 表面海水温15.6℃ 

 

写真06a, 06b 
 被殻に焦点を合わせて撮影した画像です。
 写真01aは殻の全体像、写真01bは中心域の画像です。
 殻の表面(殻面)は平らではなく、中心域と周辺部で
 フォーカスの位置が異なります(写真01a)。
 殻には蜂の巣状の構造が(胞紋)があります(写真01b)。
 胞紋(areola)は、小さな孔状の構造です。
 胞紋は被殻の表面に垂直に開口しており、
 胞紋と胞紋との境界が蜂の巣状に見えています。

真06c, 06d 
 同じ珪藻の色素体にフォーカスを合わせた画像です。
 色素体は不規則な形態をしています。


写真06e, 06f
 
細胞内の核にフォーカスを合わせた画像です。
 核は細胞の中央からややずれた位置にあります。
 矢印の先に核があります。 
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(兵庫県 須磨) 
 
時期  :2008年7月採取 表面海水温29.0℃ 

 

 
瀬戸内海で採取した小型のコアミケイソウです。
 タラシオシラ(Thalassiosira属)に似ていますが、
 被殻の内側の微細構造に違いがあります。
 タラシオシラは唇状突起と有機突起を持ちますが、
 コアミケイソウは唇状突起だけを持ちます。

写真05a,05b
 
 被殻にフォーカスを合わせています。
 蜂の巣状の胞紋が放射状に配列しています。
 細胞の中央部(中心域)には胞紋がありません。
写真05c,05d
 
 細胞内部にフォーカスを合わせています。
 ひょうたん型の色素体と、核(矢印)があります。
写真05b
写真05a
写真04b
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
写真04a
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :500倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2014年11月採取 

 

 写真01と同時に採取した個体です。
コアミケイソウ (Coscinodiscus)は大きいので
 見つけやすいのですが、カバーガラスを被せるときに壊れやすく、慣れないとプレパラート作りに
 苦労します。海藻の破片を一緒に挟み込むと破壊防止になります。
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
写真03b
写真03a
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2014年11月採取 

 

 写真02a〜写真02bは写真01の中心域を拡大した画像で、フォーカスを変えて撮影しました。
 中心域には胞紋がない領域があります。
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
写真02b
写真02a
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :500倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2014年11月採取 

 

 写真01a〜写真01dはフォーカスを変えて撮影した画像です。
 大型の円盤状の細胞が単独で浮遊しています。殻には放射状に配列する胞紋列があります。
 円盤状の色素体が中心域の周りにリング状に集まっています。
写真01d
20μm
20μm
写真01c
写真01b
写真01a
10μm
5μm
分類  :コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(神奈川県 三浦半島) 
 
時期  :2014年11月採取 

 

 
写真04a〜写真04dは写真03の中心域を拡大した画像で、フォーカスを変えて撮影しました。
 写真04aと写真04bは殻の胞紋にフォーカスを合わせた画像です。写真右よりに中心域があります。
 写真04cは細胞内部の色素体にフォーカスを合わせた画像です。円盤状の色素体を観察できます。
 写真04dは細胞中心部の核にフォーカスを合わせた画像です。中心域の位置に核があります。
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
20μm
20μm
写真04d
写真04c
20μm
20μm
50μm
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
50μm
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
トップページに戻ります。
 コアミケイソウ (Coscinodiscus)の海洋の代表的な浮遊性珪藻で、プランクトンネットで採取できます。
 群体は作らず単独で浮遊しています。大型の珪藻で殻の構造(胞紋)も容易に観察できます。
 生きている細胞では殻内に多数の円盤状の色素体を見ることができます。
-------------------------------------------------------------------------------
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
コアミケイソウ (Coscinodiscus sp.)の画像
20μm
20μm
写真07e
写真07f
20μm
20μm
50μm
50μm