分類  :タルケイソウ (Melosira sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖南湖) 
 
時期  :2009年10月採取 水温19.8℃ pH6.8 

 
 丸い筒型の細胞が糸状の長い群体(糸状体)をつくります。
 アウラコセイラ(Aulacoseira属)に似ていますが、タルケイソウは被殻に点紋が見えません。
 海生種のステファノピクシス(Stephanopyxis)にも似ていますが、ステファノピクシスは
 細胞間に突起が見られことや被殻に蜂の巣状の構造が見られることから区別できます。

写真02a, 02b 
 被殻の表面および色素体に焦点を合わせています。細胞の中央部に被殻のつなぎ目が見えます。
 点紋や突起などの構造は確認できません。色素体は不規則な形状で、細胞内に複数見られます。
写真02c, 02d 
 
細胞の内部に焦点を合わせています。分かりにくいですが、2個の細胞がセットになっています。
 細胞と細胞は密着しています。
20μm
写真02d
写真02c
写真02b
写真02a
20μm
タルケイソウ (Melosira sp.)の画像
タルケイソウ (Melosira sp.)の画像
分類  :タルケイソウ (Melosira sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(和歌山県) 
 
時期  :2009年8月採取 水温27.8℃ 

 
 写真01a〜01dは同じ個体をフォーカスを変えて撮影した画像です。
 海生種のステファノピクシスに似ていますが、
 この種の特徴である細胞接続部の突起を確認できませんでした。
 このため、タルケイソウ(Melosira sp.)として同定しました。
 
写真01a
 
 
被殻の表面に微細な点紋が見られますが画像では確認困難です。
 細胞の中央部に被殻のつなぎ目が見えます。
 突起などの構造は確認できませんでした。
写真01b
 
 色素体の形状は不規則で、被殻を裏打ちするように分布しています。
写真01c
 
 
細胞の内部に焦点を合わせています。
 2個の細胞がセットになっています。
 この写真でも細胞間の突起は確認できません。
20μm
写真01c
写真01b
写真01a
20μm
20μm
タルケイソウ (Melosira sp.)の画像
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
トップページに戻ります。
 タルケイソウ(Melosira)はバケツのような形の殻を持つ珪藻で、長い群体(糸状体)を作ります。
 湖沼や、河川の下流などで見つかります。糸状体が他の藻類に付着していることが多いです。
 光学顕微鏡では殻に構造が見られません。突起などもありません。
 和名はタルケイソウですが、学名をそのまま読んでメロシラと呼ばれることも多いです。
----------------------------------------------------------------------------