写真02b
写真02a
20μm
20μm
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県 榛名湖)  
 
時期  :2013年8月採取 水温27.8℃ pH6.2以下 

 

 細胞内に多数の油滴を観察できます。
 フナガタケイソウは湿地や湖沼などの止水域からよく見つかります。
 大型のものは水の流れがない浅い湿地に多くみられるようです。
写真03a  
 殻の模様にフォーカスを合わせていますが、
 模様が薄く観察は難しいです。
写真03b  
 色素体にフォーカスを合わせた画像です。
 細胞内に多数の油滴を観察できます。


写真03b
写真03a
20μm
20μm
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(群馬県 榛名湖)  
 
時期  :2013年8月採取 水温27.8℃ pH6.2以下 

 

写真02a
 被殻の模様にフォーカスを合わせていますが、
 模様が薄く観察は難しいです。
 このような珪藻は樹脂を用いて永久プレパラートを作ると、
 模様のコントラストを強くすることができます。
写真02b 
 色素体にフォーカスを合わせた画像です。
 色素体は生きている細胞でないと見ることができません。


写真08b
写真08a
10μm
10μm
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(茨城県 菅生沼 
 
時期  :2011年5月採取 水温19.0℃ pH6.8 

 

 小型のフナガタケイソウです。フナガタケイソウはこのサイズのものが多いです。
 学習用顕微鏡では観察が難しいかもしれません。


分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(茨城県 菅生沼 
 
時期  :2011年5月採取 水温19.0℃ pH6.8 

 

 小型のフナガタケイソウです。
 この大きさの珪藻をしっかりと同定するには殻を洗浄して、
 樹脂を用いて永久プレパラートを作る必要があります。


10μm
10μm
写真07b
写真07a
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
写真06b
写真06a
写真05b
写真05a
写真04b
写真04a
分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県 
 
時期  :2015年4月採取  

 

 小型のフナガタケイソウです。コントラストを強くして条線を強調しています。

分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県 
 
時期  :2015年4月採取  

 

 小型のフナガタケイソウです。条線が不明瞭です。

10μm
10μm
10μm
10μm
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
写真01e
写真01d
写真01c
写真01b
写真01a
最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
写真09a
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

10μm
10μm
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
トップページに戻ります。
 フナガタケイソウ(Naviculaは主に淡水域で繁栄している珪藻です。
 かつては舟形の珪藻(LuticolaSellaphoraなど)の多くがフナガタケイソウに分類されていましたが、
 現在では分類の再編が進んでいます。縦溝を用いて活発に滑走運動を行います。
-----------------------------------------------------------------------------
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
フナガタケイソウ(Navicula)の画像
分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(茨城県 菅生沼 
 
時期  :2011年5月採取 水温19.0℃ pH6.8 

 

 大型のフナガタケイソウです。
 被殻は左右対称、上下対称、条線は放射状です。
 一般的なフナガタケイソウよりも細長いです。
 細胞の左右に色素体を2本持ちます。
 フナガタケイソウは運動(滑走)能力が高く、
 なかなか静止しないので写真撮影が難しいです。
 
写真01a, 01b
 
 被殻に焦点を合わせた画像です。
 条線を見ることができます。
 10μmあたりの条線は7〜8本、
 中央部と端部の条線密度に大きな違いはありません。
 条線はフォーカス位置によって周囲より明るく見えたり
 暗く見えたりします。

 

写真01c, 01d 
 細胞の輪郭に焦点を合わせた画像です。
 細胞の長さは、96μm、中央部の太さは、19μmです。

 

写真01e 
 同じ個体を側面から観察した画像です。
 珪藻は見る角度によって形が大きく変わります。


分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(茨城県 霞ヶ浦 
 
時期  :2010年5月採取 水温21.8℃ pH6.8  

 

 小型のフナガタケイソウです。
 フナガタケイソウと同定しましたが、特徴に乏しく、種レベルの同定は困難です。
 活発な滑走運動を観察できました。

 

フナガタケイソウ(Navicula)の画像
写真09b
分類  :フナガタケイソウ (Navicula sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(茨城県 霞ヶ浦 
 
時期  :2010年5月採取 水温21.8℃ pH6.8  

 

 小型のフナガタケイソウです。
 写真06aは被殻、06bは細胞内にフォーカスを合わせています。
 細胞内に大きな色素体を2個観察できます。