写真03a
写真02a
20μm
20μm
写真01a
藻類の画像集 
 不等毛植物門
 
--------------------------

珪藻綱 
  (Bacillariophyceae)

 
中心型珪藻 
 タルケイソウ
   Melosira )
 ステファノピクシス
   (Stephanopyxis )
 アウラコセイラ
   Aulacoseira)
 パラリア
   (Paralia )
 リゾソレニア
   (Rhizosolenia )
 ウロコケイソウ
   (Urosolenia )
 コアミケイソウ
   Coscinodiscus )
 アクティノキクラス
   (Actinocyclus )
 アクティノプティカス
   (Actinoptychus)
 アステロムファルス
   (Asteromphalus )
 クモノスケイソウ
   Arachnoidiscus )
 キートケロス
   (Chaetoceros )
 ストレプトセカ
   (Streptotheca)
 ビドルフィア
   (Biddulphia )
 トリセラチウム
   (Triceratium )
 タラシオシラ
   (Thalassiosira )
 シオノディスカス
   (Shionodiscus)
 ヒメマルケイソウ
   (Cyclotella )
 スケレトネマ
   (Skeletonema )
 ディチルム
   (Ditylum)

Fragilaria亜綱 
 フラギラリア
   (Fragilaria)
 ホシガタケイソウ
   (Asterionella)
 アステリオネロプシス
   (Asterionellopsis)
 ディアトマ
   Diatoma )
 メリディオン
   (Meridion)
 シネドラ
   (Synedra)
 ヌサガタケイソウ
   (Tabellaria )
 リコモフォラ
   (Licmophora )
 ラブドネマ
   (Rhabdonema )

羽状縦溝型珪藻 
 クチビルケイソウ
   (Cymbella )
 エンシオネマ
   Encyonema )
 クサビケイソウ
   (Gomphonema )
 ゴンフォネイス
   (Gomphoneis)
 アクナンテス
   (Achnanthes )
 ココネイス
   Cocconeis )
 アンフォラ
   Amphora )
 フナガタケイソウ
   Navicula )
 トラキネイス
   (Trachyneis )
 パルリベルス
   (Parlibellus )
 ルチコラ
   (Luticola )
 ネイディウム
   Neidium )
 フルスツリア
   (Frustulia)
 セラフォラ
   (Sellaphora)
 ハネケイソウ
   Pinnularia )
 カロネイス
   (Caloneis )
 マユケイソウ
   Diploneis )
 エスガタケイソウ
   (Gyrosigma )
 メガネケイソウ
   Pleurosigma
 スタウロネイス
   Stauroneis )
 クラチクラ
   Craticula )
 ヒッポドンタ
   (Hippodonta )
 イカダケイソウ
   (Bacillaria )
 ササノハケイソウ
   Nitzschia )
 トリブリオネラ
   (Tryblionella )
 プサムディクチオン
   (Psammodictyon )
 ロパロディア
   Rhopalodia )
 スリレラ
   Surirella )
 ハダナミケイソウ
   (Cymatopleura )
 エントモネイス
   (Entomoneis )

 ユーノティア
   (Eunotia


--------------------------
黄金色藻綱 
  (Chrysophyceae)
ラフィド藻綱 
  (Raphidophyceae)
黄緑色藻綱 
  (Xanthophyceae)
ディクティオカ藻類 
  (Dictyochophyceae)

褐藻綱 
  (Phaeophyceae)

--------------------------

最終更新日:2014/3/1
製作者:NaCl & Au
分類  :アクナンテス (Achnanthes longipes)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸 (千葉県 銚子 
 
時期  :2010年9月採取 水温25.3℃ 

 

 殻面から観察した個体です。
 写真03a〜写真03dは縦溝がない側の面から観察しています。
 写真01eの写真同じ構造をしていることが分かります。
20μm
20μm
写真03d
アクナンテス(Achnanthes)の画像
写真03c
写真01d
分類  :アクナンテス (Achnanthes longipes)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸 (千葉県 銚子 
 
時期  :2010年9月採取 水温25.3℃ 

 

 殻環面(帯面)から観察した個体です。写真01を横から見た状態に相当します(写真01とは別個体です)。
写真02a, 02b 
 被殻にフォーカスを合わせた画像です。
細胞は“く”の字型に曲がっています。
写真02c, 02d 
 細胞の内部に焦点を合わせています。
 2個の色素体と、色素体内部のピレノイドを観察できます。
 細胞の角には突起状の構造が見られます(写真02d中、矢印)。
アクナンテス(Achnanthes)の画像
トップページに戻ります。
 アクナンテス(Achnanthesは裏表の殻の構造が異なることが特徴です。
 片側には縦溝がありますが、反対側にはありません。細胞を横から見ると“く”の字型に見えます。
 海岸の海藻などに付着していることが多いです。淡水産のAchnanthidium や、
 Planothidium lanceolatum
は、以前はアクナンテス(Achnanthes)に含まれていましたが
 別属に分離されました。
----------------------------------------------------------------------------------
20μm
写真02d
アクナンテス(Achnanthes)の画像
写真02c
20μm
アクナンテス(Achnanthes)の画像
写真01e
分類  :アクナンテス (Achnanthes longipes)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸 (千葉県 銚子 
 
時期  :2010年9月採取 水温25.3℃ 

 

 殻面から観察した個体です。
 アクナンテス属の被殻は、縦溝がある殻と、
 縦溝のない殻が組み合わさって、構成されています。
 左の写真は縦溝がある側の面から観察しています。
写真01a, 01b 
 殻にフォーカスを合わせた画像です。
 殻は、両端部で細くなり、中央部でやや凹んでいます。
 殻の中央部には、条線が見られない空白域が見られます。
 これらの特徴から、この個体をA. longipes として同定しました。
写真01c 
 被殻の両端部にフォーカスを合わせた画像です。
 被殻は平らではなく、中央部と両端部でフォーカス位置が異なります。
 写真06cでは被殻両端の縦溝末端を観察できます。
写真01d 
 細胞内部の色素体にフォーカスを合わせています。
 色素体は細胞中央部で分離しています。
写真01e 
 不明瞭ですが、細胞裏側の縦溝のない殻にフォーカスを合わせています。
写真03b
アクナンテス(Achnanthes)の画像
20μm
20μm
20μm
アクナンテス(Achnanthes)の画像
写真01c
写真02b
アクナンテス(Achnanthes)の画像
写真01b
20μm
20μm
20μm
20μm