デンティクロプシス属
ニッチア属
ディプロネイス属
キンベラ属
グランマトフォラ属
ラブドネマ属
タラシオネマ属
アルディソネア属
プサンモディスクス属
ラフォネイス属
イケベア属
バクテリアスツルム属
キートケロス属
プロボスシア属
リゾソレニア属
キセレビエラ属
キマトシラ属
ディチルム属
ディチルム属
シュードトリセラティウム属
プラジオグランマ属
アウリスクス属
アクチノプチクス属
ヘミディスクス属
コシノディスクス属
アラクノイディスクス属
アステロムファラス属
アウラコセイラ属
パラリア属
ステファノフィキシス属
ステファノディスクス属
キクロテラ属
タラシオシラ属

ねこのしっぽトップページ

現生珪藻
(珪藻の部屋トップページ)


珪藻綱
(化石珪藻トップページ)


 タラシオシラ亜綱 
 
コシノディスクス亜綱 
 
ビドゥルフィア亜綱 
 リソデスミウム亜綱 
 キマトシラ亜綱 
 リゾソレニア亜綱 
 キートケロス亜綱 
 フラジラリア亜綱 
 バシラリア亜綱 
 珪藻綱不明・未同定分類群 

 
化石珪藻及び珪藻に関する専門用語
キマトシラ亜綱(Cymatosirophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
掲示板へ移動します
10μm
10μm
10μm
キートケロス亜綱(Chaetocerotophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
珪藻綱
 タラシオシラ亜綱(Thalassiosirophycidae)
←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
アウリスクス属(Auliscus
珪藻綱(Bacillariophyceae)
10μm
グランマトフォラ属
Grammatophora
ラブドネマ属
Rhabdonema
タラシオネマ属
Thalassionema
フラジラリア亜綱(Fragirariophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
リソデスミウム亜綱(Lithodesmiophycidae)
ビドゥルフィア亜綱(Biddulphiophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
コシノディスクス亜綱(Coscinodiscophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
参考文献;
  ・Akiba, F., 1982. Taxonomy and biostratigraphic signicance of a new diatom, Thalassionema schraderi.
   Bacillaria, 5, 43-61.
  ・Akiba, F., 1985. Middle Miocene to Quaternary diatom biostrtigraphy in the Nankai trough and Japan trench, and modified
    lower Miocene through Quaternary diatom zones for Middle-to-High latitudes of the North Pacific. Inicial Reports of
    the Deep Sea Drilling Project. 87, 393-481.
  ・Akiba, F.,Hiramatsu, C., and Yanagisawa, Y., 1993. A Cenozoic diatom genus Cavitatus Williams; an emended description
   and two new biostratigraphically useful species, C. lanceolatus and C. rectus from Japan. Bulletin of the Natural Science
   Museum (Tokyo), Series C(Geology na dPaleontology), 19, 11-39.
  ・Akiba, F. and Yanagisawa, Y., 1986. Taxonomy, morphorogy and phylogeny of the Neogene diatom zonal marker
    species in the middle-to-high latitudes of the North Pacific. Inicial Reported of the Deep Sea Drilling
    Project, 87: 438-554.
  ・Alverson, A, J., Kang, S-H &Theriot, E, C., 2006. Cell wall morphology and systematic importance of Thalassiosira
   ritscheri (Hustedt) Hasle, with a description of Shionodiscus gen. nov. Diatom Research 21; 215-262.
  ・Barron, J. A., 1985. Late Eocene to Holocene diatom biostratigraphy of the equatorial Pacific Ocean, Deep Sea
   Drilling Project Leg 85. Initial Reports of Deep Sea Drilling Project, 85, 413-456
  ・Fryxell, G.A, and Hasle, G, R., 1972. Thalassiosira eccentrica (Ehrenberg) Cleve, T. symmetrica sp. nov.,
   and some related centric diatoms. J. Phycol. 8, 297-317.
  ・Gladenkov, A. Y., and Barron J., A., 1995. Oligocene and early middle Miocene diatom biostratigraphy of Hole 884B.
   Proceeding of the Ocean Drilling Program, Scientific Results, 145, 21-41.
  ・Mahood, A, D., Barron, J, A., and Sims, P, A., 1993. A study of some unusual, well preserved Oligocene diatoms
   from Antarctica.,Nova Hedwigia, Beiheft, 106, 243-267.
  ・水野壽彦, 1964., 日本淡水プランクトン図鑑, 保育社.
  ・Morita,R., Titova,L., and Akiba F.,1996. Oligocene-Early Miocene Molluscs and Diatoms from
   the Kitami-Tsubetsu area, Eastern Hokkaidou, Japan.Sci. Rep.,Tohoku Univ., 2nd ser. (Geol.),
   63, 53-213.
  ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
  ・Sancetta, C., 1982. Distribution of diatom species in surface sediments of the Bering and Okhotsk sea.;
   Micropaleontology, 28, 221-257..
  ・Schrader, H-J., 1978., Quaternary through Neogene history of the Black Sea,deduced from the paleoecology of
   diatoms, silicoflagellates, ebridians and chrosomonads. Initial Reports of the Deep Sea Drilling Project 42B.,
   789-902
  ・Shiono, M., and Koizumi, I., ,2001., Phylogenic evolution of the Thalassiosira trifulta group (Bacillariophyceae) in
   the northwestern Pacific Ocean. J. Geol. Soc. Jpn, 107; 496-514.
  ・Shiono, M. and Koizumi, I., 2002. Taxonomy of Azpeitia endoi and A. tabularis (Bacillariophyta) in Middle
   Miocene to Recent material from the north and northwest Pasific Ocean.,, Micropaleontology, 48, 1, 67-78.
  ・田中正明, 2002., 日本淡水産動植物プランクトン図鑑., 名古屋大学出版会.
  ・Tomas, C. R., 1997. Identifying marine phytoplankton., Academic press.
  ・渡辺仁治, 2005., 淡水珪藻生態図鑑., 内田老鶴圃.
  ・山路 勇, 1879., 日本海洋プランクトン図鑑増補改訂版, 保育社
  ・柳沢, 1990. 仙台層群の地質年代-珪藻化石層序による再検討-,地質調査所月報, 41, 1-25.
  ・Yanagisawa, Y., 1994. Mediaria magna Yanagisawa, sp. nov., a new fossil raphid diatom spacies useful for middle
   Miocene diatom biostratigraphy.Trans. Proc. Paleont. Soc. Japan, N. S., 174, 411-425.
  ・柳沢・鈴木,1987. 常磐炭田漸新統白坂層の珪藻および形質鞭毛藻. 地質調査所月報, 38, .81-98.
  ・柳沢ほか., 1989., 常磐炭田北部双葉地域に分布する第三系の生層序と地下地質.地質調査所月報, 40, 405-467. 

                                                                              製作者:NaCl & Au

ユーカンピア属(Eucampia
デンティクロプシス属
Denticulopsis
10μm
10μm
ニッチア属
Nitzschia
ディプロネイス属
Diploneis
10μm
キンベラ属
Cymbella
10μm
バシラリア亜綱(Bacillariophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
アルディソネア属
Ardissonea
10μm
10μm
プサンモディスクス属(Psammodiscus
ラフォネイス属
Rhaphoneis
フラジラリア科(Fragilariaceae)
不明・未同定分類群
10μm
10μm
フラジラリア科
10μm
10μm
10μm
10μm
プロボスシア属(Proboscia
リゾソレニア属(Rhizosolenia
10μm
リゾソレニア亜綱(Rhizosoleniophycidae) ←詳しくはこちら(下記の実例以外の分類群も掲載されています)
キセレビエラ属
Kisseleviella
10μm
キマトシラ属
Cymatosira
10μm
10μm
ディチルム属(Ditylum
ディチルム属(Ditylum
10μm
10μm
10μm
10μm
10μm
10μm
ヘミディスクス属
Hemidiscus
コシノディスクス属
Coscinodiscus
アラクノイディスクス属
Aracnoidiscus
50μm
10μm
10μm
10μm
10μm
10μm
10μm
10μm
珪藻綱不明・未同定分類群
 ↑「珪藻綱不明・未同定分類群」のページでは属名はついているが、所属する上位分類群が不明である標本、光学
 顕微鏡下では同定が困難な標本等が掲載されています。
 掲載されている標本で、同定可能な標本があるようでしたらご教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 管理人




イケベア属(Ikebea
バクテリアスツルム属
Bacteriastrum
キートケロス属(Chaetoceros
休眠胞子
シュードトリセラティウム属
Pseudotriceratium
プラジオグランマ属
Plagiogramma
10μm
アクチノプチクス属(Actinoptychus
アステロムファラス属
Asteromphalus
アウラコセイラ属
Aulacoseira
パラリア属(Paralia
ステファノフィキシス属
Stephanopyxis
ステファノディスクス属(Stephanodiscus
キクロテラ属(Cyclotella
タラシオシラ属(Thalassiosira





Since 2005/9 Copyright 2016 ねこのしっぽラボ
メールへ移動します
 「化石珪藻」シリーズのページでは、不等毛植物門珪藻綱(Bacillariophyceae)の化石を光学顕微鏡下で撮影した
 写真を掲載しています。珪藻はケイ酸塩の殻を持つ単細胞生物で、浮遊性のものから、他の植物、動物、岩石・砂・
 泥等の堆積物に付着して生活するものなど様々です。珪藻は生細胞としての生涯を終えた後も殻はその性質上、堆
 積物中に残りやすく、微化石として堆積岩中に多く含まれることがあります。このサイトの化石珪藻標本は、各地の
 堆積層露頭から採取した個体を分類群ごとに分けて紹介しています。

 *分類群の同定につきましては、誤同定や分類群変更等に対応できていない箇所がある可能性が
 ありますが、ご了承ください。
ページ作成および更新情報
 作成日:2011.05.15
 
最終更新:2016.06.30 
ユーカンピア属