Arachnoidiscus japonicus
 アラクノイディスクス属01(Arachnoidiscus japonicus Schadbolt ex Pritchard)
 ・大型で1組2枚の殻の模様は異なる。
 ・中心域は円形で、円形の無紋域とその外側に1-2列の孔が環状に配列する。
 ・中心域周縁から外側に向かって明瞭な肋が等間隔に放散状に配列する。
 ・殻周縁の隣り合う肋間には1本または数本が等間隔に並ぶ周縁肋が存在する。
 アラクノイディスクス属 01-01
 (個別のページはありません)
 (Arachnoidiscus japonicus Schadbolt ex Pritchard)

 殻径;193.0μm
 特徴;殻面には同心円状の模様の中心域と中心域
  周縁から殻周縁にかけて放散状に伸びる肋が認め
  られる(上の写真)。
  肋間には変化に富む形を持つ胞紋が存在し、同心
  円状に配列する。
  殻周縁の隣り合う肋間の中間には短い周縁肋が1
  本存在する(上の写真)。
  中心域は円形の無紋域とその周りを囲む2列の孔
  の環状列が存在する(下の写真)。内側の環状列は
  角の丸いくさび形の孔からなり、外側の環状列は
  四角形の孔からなる。
  中心の無紋域には1つの孔が認められる。これは
  唇状突起の外側開口部である。

 ・採取地;山口県北部油谷湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500(上の写真)、×1000(下の写真) 
 ・スケールバーは白抜き線は50μm、黒実線は10μm
Arachnoidiscus japonicus
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 コシノディスクス亜綱
  クリサンテモディスクス目
   クリサンテモディスクス科
   ・クリサンテモディスクス属
  メロシラ目
   メロシラ科
   ・メロシラ属
    01(M.varians)
    02(M.moniliformis)
    03
   ステファノピキシス科
   ・ステファノピキシス属
   ヒアロディスクス科
   ・ヒアロディスクス属
    01
    02
    03
   ヒアロディスクス科
    不明分類群
  パラリア目
   パラリア科
   ・パラリア属
  アウラコセイラ目
   アウラコセイラ科
   ・アウラコセイラ属
    01(A.ambigua)
    02(A.italica)
    03(A.granulata)
    04(A.distans s.l.)
    05
    06
  コシノディスクス目
   コシノディスクス科
   ・コシノディスクス属
    01
    02
    03
   ヘミディスクス科
   ・アクチノキクルス属
    01(A.ingens)
    02
    03
    04
    05
    06
    07
    08
   ・アツペイティア属
  ヘリオペルツス科
   ・アクチノプチクス属
    01(A.senarius)
    02
    03(A.splendens)
  アステロランプラ目
   アステロランプラ科
   ・アステロムファラス属
    01(A.flabellatus)
    02(A.heptactis)
  アラクノイディスクス目
   アラクノイディスクス科
   ・アラクノイディスクス属

 タラシオシラ亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
Arachnoidiscus sp.
 アラクノイディスクス属 02-01
 (個別のページはありません)
 (Arachnoidiscus sp.)

 殻径;207.2μm
 特徴;殻面は円形で、殻周縁は丸みを帯び、殻面に
  対して殻蓋は緩い角度で傾く。
  Arachnoidiscus japonicusと同様に殻面には同心円
  状の模様の中心域と中心域周縁から殻周縁にかけ
  て放散状に伸びる肋が認められるが、明らかに殻は
  脆弱である。
  殻周縁の隣り合う放散状の肋間には少なくとも1本
  の周縁肋が存在し、これは比較的長く、殻中心と殻
  周縁の中間付近まで伸びる。
  中心域は円形の無紋域とその周りを囲む2列の孔
  の環状列が存在し、内側の環状列はくさび形の孔か
  らなり、外側の環状列は四角形の孔からなる。
  この標本はArachnoidiscus japonicusと同じような殻
  の構造を持つが、殻自体が他の標本に比べて薄い
  点と殻周縁部の殻面と殻蓋の境界が区別できる点、
  殻蓋が殻面に対して緩やかに傾く点が異なるので、
  Arachnoidiscus sp.とした。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500
 ・スケールバーは白抜き線は50μm
参考文献;
 ・千原・村野,1997. 日本産海洋プランクトン検索図説, 東海大学出版.
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.


                                                製作者:NaCl & Au
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

Arachnoidiscus japonicus
 アラクノイディスクス属 01-03
 (個別のページはありません)
 (Arachnoidiscus japonicus Schadbolt ex Pritchard)

 殻径;193.0μm
 特徴;殻面には同心円状の模様の中心域と中心域
  周縁から殻周縁にかけて放散状に伸びる肋が認め
  られる(上の写真)。
  放散状の肋間には肋間を横断するように配列する
  胞紋と、肋間を横断する方向に伸びるやや不明瞭
  な肋が多数認められる。これらの肋は殻周縁に近
  づくにつれ、不規則に伸びる(上の写真)。
  殻周縁の隣り合う放散状の肋間にはおおむね等間
  隔に3本の周縁肋が存在し、肋中間付近の周縁肋
  は比較的長く、殻中心と殻周縁の中間付近まで伸
  びる(上の写真)。
  中心域は円形の無紋域とその周りを囲む2列の孔
  の環状列が存在する(下の写真)。内側の環状列は
  過度の丸いくさび形の孔からなり、外側の環状列は
  四角形の孔からなる(下の写真)。
  中の写真は殻内側に焦点があっており、中心域周
  縁から同心円状に擬隔壁の様な構造が広がるのが
  観察できる。
  同様に殻周縁部からも擬隔壁の様な構造が伸びる。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500(上の写真)、×1000(下の写真) 
 ・スケールバーは白抜き線は50μm、黒実線は10μm
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
Arachnoidiscus japonicus
掲示板へ移動します
  アラクノイディスクス属は海藻などの植物の表面に付着して生活する海生の珪藻です。
 アラクノイディスクス属の殻は表面は平らな円形で、中心域では同心円状の模様が、中心域
 外側から殻周縁にかけては放散状の肋が発達します
  アラクノイディスクス属は新生代の海成堆積層からも化石として産出します。
 化石種の画像は化石珪藻のページに掲載しています。
 *この属はスチクトディスクス目(Stictodiscales)スチクトディスクス科(Stictodiscaceae)に
 属するとする研究もあります。

Arachnoidiscus japonicus
 アラクノイディスクス属 01-02
 (個別のページはありません)
 (Arachnoidiscus japonicus Schadbolt ex Pritchard)

 殻径;101.8μm
 特徴;殻面には同心円状の模様の中心域と中心域
  周縁から殻周縁にかけて放散状に伸びる明瞭な肋
  が認められる。
  放散状の肋間には肋間を横断するように配列する
  胞紋と、肋間を横断する方向に伸びるやや不明瞭
  な肋やこれらの肋をつなぐように伸びる肋が多数認
  められる。
  殻周縁の隣り合う肋間にはおおむね等間隔に3本
  の周縁肋が存在し、肋中間付近の周縁肋は比較的
  長く殻中心と殻周縁の中間付近まで伸びる。
  中心域はやや歪で、円形の無紋域とその周りを囲
  む2-3列の孔の環状列が存在する。内側の環状列は
  角の丸いくさび形の孔からなり、外側の環状列は
  四角形の孔からなり、部分的に2列に増える。
  この殻はアラクノイディスクス属01-01の標本と様相
  が異なる点が多いが、前述の標本の殻とは異なる1
  組2枚のもう一方の殻の可能性がある。

 ・採取地;兵庫県南部須磨海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500
 ・スケールバーは白抜き線は50μm
Arachnoidiscus japonicus
メールへ移動します