Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
キマトシラ科不明分類群01(Cymatosiraceae)
 ・殻帯面観は長い四角形で、殻面はレンズ状に隆起し、両殻端も小突起状に隆起する。
 ・両殻端には糸状の長い刺毛が存在する。
 ・殻中心には短い隔壁様の構造が認められる。
 キマトシラ科不明分類群 01-01
 (Cymatosiraceae)

 殻長;26.7μm
 殻高;7.2-7.3μm
 条線密度;12-15/10μm
 特徴;殻帯面は四角形で、殻面はレンズ状に隆起し、
  両殻端は小突起状に隆起する。
  殻には胞紋列からなる条線が存在する。
  両殻端には糸状の長い刺毛が存在する。
  殻中心には短い擬隔壁に似た構造が存在する。
  山路(1979)のPlagiogramma vanheurckii Grunow
  とこの分類群は、大きさや形、殻中心の偽隔壁様の
  構造の存在などの点で類似する。また、Tomas
  (1997)のPlagiogtammopsis vanheurckii(Grunow)
  Hasleに見られる両殻端の長い刺毛がこの分類群で
  も観察できるが、一方でP.vanheurckiiに見られる殻
  縁の複数の短い線毛(pili)はこの分類群の光学顕
  微鏡観察では認められなかった。

 ・採取地;茨城県北部会瀬港(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000
 ・スケールバーは10μm
キマトシラ科(Cymatosiraceae)
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・Tomas, C. R.,1997. Identifying marine phytoplankton, Academic Press.
 ・山路 勇, 1979. 日本海洋プランクトン図鑑, 保育社.


                                                製作者:NaCl & Au
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

 キマトシラ科不明分類群 02-02
 (Cymatosiraceae)

 殻長;33.1μm
 殻高;6.4-11.2μm
 殻縁刺毛密度;14-15/10μm
 特徴;殻帯面は細長い四角形で、殻中心と両殻端が
  隆起する。これらの隆起部は隣り合う個体の隆起部
  と接するように見える。
  殻縁には短い刺毛が等間隔に並び、隣り合う個体
  の刺毛とかみ合うように伸びる。
  この分類群は鎖状の長い群体を作る。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500(左の写真)、×1000(右の写真)
 ・スケールバーは白抜き線は50μm、黒実線は10μm
キマトシラ科(Cymatosiraceae)
キマトシラ科(Cymatosiraceae)
  このページではキマトシラ科のうち属レベルでは同定できなかった分類群を紹介します。
 キマトシラ科は海生の珪藻で、底生であったり、浮遊性であったりします。多くの分類群は
 海岸域で見られます。
  キマトシラ科の画像は、本頁以外に化石珪藻のページに「キマトシラ属」「キセレビエラ属
 コイズミア属」のページがあります。これらの化石キマトシラ科のうち、キセレビエラ属とコ
 イズミア属は絶滅種です。

掲示板へ移動します
 キマトシラ科不明分類群 02-01
 (Cymatosiraceae)

 殻長;45.3μm
 殻高;9.6μm
 殻縁刺毛密度;8-8.5/10μm
 特徴;殻帯面は細長い四角形で、殻中心と両殻端が
  隆起する。これらの隆起部は隣り合う個体の隆起部
  と接するように見える(上の左右の写真)。
  殻縁には短い刺毛が等間隔に並び、隣り合う個体
  の刺毛とかみ合うように伸びる(上の左右の写真)。

 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000
 ・スケールバーは10μm
キマトシラ科(Cymatosiraceae)
キマトシラ科(Cymatosiraceae)
キマトシラ科(Cymatosiraceae)
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
キマトシラ科不明分類群02(Cymatosiraceae)
 ・殻帯面観は長い四角形で、殻中心と両殻端が隆起し、隣り合う個体と接する。
 ・殻縁には等間隔に短い刺毛が並び、隣の個体の刺毛と互い違いに伸びる。
 ・この分類群は鎖状の群体を作る。
メールへ移動します