珪藻綱不明分類群 01-01
 (Bacillariophyceae)
 (個別のページはありません)

 殻径;21.5μm
 殻高;31.8μm
 特徴; 殻面と殻蓋の境界は丸みを帯びる。
  殻面から短い棘状突起が複数伸び、隣り合う個体と連結
  する(上・左下の写真)。
  殻帯面には帯面を横切る複数の筋状構造が認められる
  (下2枚のの写真)。
  Round et al.(1990)のLauderia属と類似する。


 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
珪藻綱不明分類群01
 ・殻は円柱状である。
 ・殻面には複数の棘状突起が存在し、隣り合う個体とこれらの突起で連結する。
 ・殻帯面には帯面を横切る筋が複数存在する。
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
 珪藻綱不明分類群 02-01
 (Bacillariophyceae)
 (個別のページはありません)

 殻径;24.1μm
 殻高;全体 41.0μm
     殻面 9.7-10.3μm
 特徴;殻面と殻帯面の境界は明瞭である。
  殻帯面は複数の帯からなる(下の写真)。
  殻面には複数の粒状突起が散在する(下の写真)。


 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
珪藻綱不明分類群02
 ・殻面はドーム形、殻帯面は円柱状である。
 ・殻面には複数の粒状突起が存在する。
 珪藻綱不明分類群 02-02
 (Bacillariophyceae)
 (個別のページはありません)

 殻径;23.6μm 
 胞紋密度;14.5-19.5/10μm
 特徴;殻面はドーム形である。
  殻面全体を通して胞紋が存在するが、規則性のあ
  る配列は無い(下の写真)。
  殻面中心付近に複数の粒状突起が散在し、殻周縁
  付近には認められない(上の写真)。


 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱不明分類群03
 ・殻は細長い楕円形である。
 ・殻長軸方向には緩やかに蛇行する条線が複数認められる。
 珪藻綱不明分類群 03-01
 (Bacillariophyceae)
 (個別のページはありません)

 殻長;55.0μm
 殻幅;9.7μm
 条線密度;9-9.5/10μm
 胞紋密度;12-15/10μm
 特徴;殻形は細長い楕円形である。
  殻左側殻縁にやや目立つ線構造が走る。
  この線構造は殻端と殻中心付近で殻縁を離れて走
  る(写真矢印A・B)。
  この線構造は矢印Aの位置で結節の様な構造を持つ。
  この線は縦溝である可能性がある。
  縦方向に条線のような構造が複数本認められる。
  これらの条線のような構造はおそらく殻及び帯片の
  境界と考えられる。
  この標本はおそらくアクナンテス属の無縦溝殻面を
  若干斜めから見たものと考えられる。


 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱不明分類群04
 ・殻帯面は線形で、端部はやや幅が広がり、末端は丸みを帯びる。
 ・殻と帯境界に粒状構造が認められる。
 珪藻綱不明分類群 04-01
 (Bacillariophyceae)
 (個別のページはありません)

 殻長;49.5μm
 殻高;全体 3.8-5.1μm
 粒状構造密度;3-5.5/10μm
 特徴;殻と帯の境界付近には粒状股が短い線状の構
  造がやや不均質に並ぶ。


 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
珪藻綱不明分類群05
 ・殻面は楕円形で、殻端は小突起状に突出する。
 ・条線はおおむね平行に配列する。
 ・軸域は線状で縦溝は無い。
珪藻綱の一種(Bacillariophyceae)
 珪藻綱不明分類群 05-01
 (Bacillariophyceae)
 (個別のページはありません)

 殻長;27.3μm
 殻幅;12.7μm
 条線密度;13-14/10μm
 胞紋密度;13.5-14.5/10μm
 特徴;条線は殻端で緩い放散状となる。
  条線は四角形の胞紋からなる胞紋列を伴う。
  軸域は狭く、殻端に達するように見える。
  この標本はフラジラリア亜綱の一種か、バシラリア
  亜綱アクナンテス目の一種の無縦溝殻と考えられる。

 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.


                                               製作者:NaCl & Au
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 バシラリア亜綱
 珪藻綱不明分類群
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
掲示板へ移動します
  珪藻綱のうち、亜綱レベルで同定できなかった分類群を紹介します。
メールへ移動します