顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
タナイス目 
 タナイス科 
  ノルマンタナイス (1)

 不明・未同定 
  分類群 (1)
  
分類群 (2)
 タナイス(02)_分類群01-3a
 

 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:3.8mm
 特徴:雄と思われる。
     鋏脚が大きい。

 その他の画像はこちら。 
3a
1mm
タナイスの画像です。
 タナイス(01)_分類群01-3a
 

 採取:茨城県日立市会瀬港(2012年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.5mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     最も前方の脚(第1胸肢)は顎脚になっている。
     大きな鋏脚は第2胸肢。
     第2胸肢の後方に歩脚状の胸脚がある。

 その他の画像はこちら。 
2a
1mm
タナイスの画像です。
 ノルマンタナイス(Zeuxo normani-1a
 

 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2014年5月)
 撮影倍率:x40(実体顕微鏡)
 体長:2.8mm
 特徴:ノルマンタナイス(Zeuxo normani)の雌と思われる。
     鋏脚が小さい。
     背面に特徴的な模様がある。

 その他の画像はこちら。 
1a
500μm
2015/1/21更新
不明種01 茨城県産
ノルマンタナイス(Zeuxo normani)の画像です。
------------------------------------------------------------
 
タナイス(Tanaidomorpha)は立派なハサミを持っていることが特徴です。
 拡大して観察するとザリガニやロブスターに匹敵するほどの立派なハサミです。
 このハサミ(鋏脚)は第2胸肢で、第1胸肢は顎脚になっています。
 ハサミに続く第3〜第8胸肢は歩脚になっています。
 一般的なタナイスは1cm以下ですが、深海性の種類は10cm以上になるそうです。

------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)   
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、 
          2008年、p249-251.

------------------------------------------------------------
不明種01 兵庫県産(瀬戸内海)
ノルマンタナイス(Zeuxo normani
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo