クモガニ科
 

 採取:新潟県柏崎市(2014年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:13.6mm
 特徴:脚を広げた幅は約35mm。
     クモガニ科(Majidae)モガニ亜科
     (Acanthonychinae)と思われる。
     ヨツハモガニ(Pugettia quadridens)に似ている。
     脚に縞模様があり、背甲の縁に突起がある。
     カニはホンエビ上目、十脚目短尾下目に属する。
5mm
クモガニ科(Majidae)の画像です。
2mm
ドロクダムシ科(Corophiidae)の画像です。
 コノハエビ(01)_分類群01
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
    *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.4mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:大きな背甲を持つ。
     背甲は半透明で、消化管や、胸肢が透けて見える。
     背甲から後方(左側)に向かって伸びる大きな脚は腹肢。
 その他のコノハエビの画像はこちら。
 
1mm
コノハエビ(Phyllocarida)の画像です。
トップページに戻ります。
2015/3/1 更新
 顕微鏡写真集 
 ------------------
 
軟甲綱
  コノハエビ亜綱
  真軟甲亜綱
 ------------------

 -------------------------------------------------------------------
 
軟甲綱は、エビ、カニ、ヤドカリなどを含む、大きな分類群です。軟甲綱の学名が
 “柔らかい殻”を意味しているので、和名も軟甲綱とされています。貝などの
 石灰質の堅い殻に比較しすると、エビやカニの甲羅は柔らかいから、というのが、
 軟甲綱の由来だそうです。“実際にはエビやカニの甲羅は堅いのに”と
 思われるかも知れません。ただ、実際には軟甲綱の小型種、特にアミ類などは、
 殻が非常に脆弱で、軟甲綱の名前も大きく間違っているとは思えません。
 一般には甲殻類の殻は堅くて丈夫、と思われていますが、同じ節足動物の
 昆虫類と比較すると殻は脆弱で弱いです。
 -------------------------------------------------------------------
 ドロクダムシ (51)_分類群51
 

 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2014年5月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:フクロエビ上目端脚目ヨコエビ亜目 
     ドロクダムシ科(Corophiidae)と思われる。 

     
ヨコエビなどの端脚目は海岸で多く見つかる。 
真軟甲亜綱 (Eumalacostraca)
コノハエビ亜綱 (Phyllocarida
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo