十脚目 スジエビ属(Palaemon)_分類群01
 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2013年10月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:7.8mm
 特徴:テナガエビ科のエビと思われる。
 その他の十脚目の画像はこちら。
 
2mm
スジエビ属(Palaemon)の画像です。
 十脚目 ミシス幼生_分類群01-1a
 採取:神奈川県葉山町 長者ヶ崎(2014年8月)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.8mm
 特徴:クルマエビ下目のミシス幼生と思わる。
     ミシス幼生(Mysis)はアミ目(Mysida)に似ているが、
     ホンエビ上目 十脚目 クルマエビ下目の幼生。
1mm
ミシス幼生(Mysis)の画像です。
 オキアミ目 カリプトピス幼生(3)
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.0mm
 特徴:オキアミ目のカリプトピス幼生(Calyptopis)と思われる。
     オキアミはアミに似ているが、ホンエビ上目に属する。
 その他のオキアミ目の画像はこちら。
 
500μm
オキアミのカリプトピス幼生(Calyptopis)の画像です。
ホンエビ上目 (Eucarida)
 アミ目_分類群01
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.7mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:成体の雄。
     雄は発達した腹肢を持ち、触角が長い。
2mm
アミの画像です。
 アミ目_分類群01
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:7.2mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:成体の雌。
     育房内に卵を持っている。
     フクロエビ上目は育房を持つことが特徴。
 その他のフクロエビ上目の画像はこちら。
 
2mm
アミの画像です。
フクロエビ上目 (Peracarida)
2015/11/12更新
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 
軟甲綱
  真軟甲亜綱
 ---------------
 フクロエビ上目
 

 ホンエビ上目

  
オキアミ目

 
 
十脚目
-------------------------------------------------------------------------------------
 
真軟甲亜綱には、軟甲綱のなかでも最も多様なグループです。フクロエビ上目の
 アミや、ホンエビ上目の大型のエビ、カニは水産資源上、重要なグループです。また、
 食用にならないようなヨコエビ(フクロエビ上目 端脚目)や、ワラジムシ(フクロエビ上目
 等脚目)も分解者として、食物連鎖の中で重要な地位を占めています。

  軟甲綱には、他にコノハエビ亜綱、トゲエビ亜綱(シャコなど)がありますが、
 どちらも多様性は小さいので、真軟甲亜綱のみが多様性に富んだ大きなグループ
 ということになるかもしれません。真軟甲亜綱は、さらに、厚エビ上目、フクロエビ上目、
 ホンエビ上目に細分されます。

-------------------------------------------------------------------------------------
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo