5mm
クモガニ科(Majidae)の画像です。
500μm
短尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
500μm
メガロパ(Megalopa)の画像です。
500μm
短尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
500μm
グラウコトエ(Glaucothoe)の画像です。
3mm
 ホンヤドカリ (成体)
 採取:神奈川県横須賀市 荒崎(2014年8月)
 
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:13.9mm
 特徴:貝殻を割って腹部を取り出した。
     右側のハサミが大きい。
     第2胸脚、第3胸脚の先が白い。
     ホンヤドカリ(Pagurus filholi)に似ている。

     他の画像はこちら。
2mm
カニダマシ(Porcellanidae)のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
500μm
異尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
500μm
異尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
 スジエビ属(Palaemon)_(成体)
 

 採取:神奈川県横須賀市 荒崎(2014年8月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:14.0mm
 特徴:イソスジエビ、スジエビモドキなどの
     テナガエビ科のスジエビ属(Palaemon)と思われる。
     筋模様はスジエビモドキに似ている。
    他の画像はこちら 
3mm
スジエビ属(Palaemon)の画像です。
2mm
ユメエビ(Lucifer)の画像です。
ミシス幼生(Mysis)の画像です。
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
抱卵亜目(Pleocyemata)
短尾下目(Brachyura)
 プロトゾエア幼生
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)*夜間採取
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生に似ている。
     頭胸部の1対のオレンジ色の構造は複眼の原器と思われる。
     腹部の体節は多い。
     その他の画像はこちら。
1b
 ゾエア(異尾下目)
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)

     *夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.3mm
 特徴:異尾下目のゾエア幼生と思われる。
     背側から観察した画像。
     黄色や赤色の模様がある。

     他の画像はこちら。
トップページに戻ります。
2015/2/27 更新
 ゾエア(異尾下目)
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)*夜間採取

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7mm
 特徴:異尾下目のゾエア幼生と思われる。
     異尾下目にはヤドカリのほか、タラバガニ、コシオリエビ、
     カニダマシなどが含まれる。
     異尾下目の場合、ゾエアの次の成長段階はグラウコトエ。
     他の画像はこちら。
 メガロパ幼生
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月) 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.0mm
 特徴:短尾下目(カニ)のメガロパ幼生。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
     第1胸脚(ハサミ)が大きい。
     第2〜第5胸脚は歩脚になっている。

     他の画像はこちら。
 ゾエア(短尾下目)
 採取:茨城県日立市会瀬港(2012年8月)*夜間
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     背棘は上方、額棘は下方に伸びている。
     側棘は確認できない。
     他の画像はこちら。
ホンヤドカリ(Pagurus filholi)の画像です。
抱卵亜目(Pleocyemata)
異尾下目(Anomura)
 ユメエビ (成体)
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月) *夜間 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.8mm
 特徴:ユメエビ属(Lucifer属)と思われる。
     一般的なエビとは形がかなり異なる。
     その他の画像はこちら。
 ミシス幼生
 採取:神奈川県葉山町 長者ヶ崎(2014年8月)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.2mm
 特徴:クルマエビ下目のミシス幼生と思わる。
     その他の画像はこちら。
 
1mm
2a
根鰓亜目(Dendrobranchiata)
クルマエビ下目(Penaeidea)
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------
 
十脚目エビ類ヤドカリ(異尾下目)カニ(短尾下目)のなかまです。
 歩脚は5対、10本あることから十脚目と呼ばれています。
 十脚目には、ノープリウス、プロトゾエアゾエアメガロパ、デカポディト、グラウコトエ
 などの幼生がみられます。エビ類の根鰓亜目は卵からノープリウス幼生が孵化しますが、
 その他の分類群では、より発生の進んだゾエアなどの幼生として孵化します。
 サワガニのように、親と同じ形の稚ガニまで成長してから孵化する例もみられます。

--------------------------------------------------------------------------------------------

 グラウコトエ
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年4月)*夜間採取
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.3mm
 特徴:異尾下目(ヤドカリなど)のグラウコトエ幼生と思われる。
     グラウコトエ幼生は親と同じ形の幼体(稚ヤドカリ)になる前の
     最後の幼生時期。
     カニのメガロパ幼生に相当する。
     脚の形を整えているときに眼が少し潰れてしまった。
     背甲はうすく、脚の基部が見えている。
     第4、第5胸肢は縮小している。

     他の画像はこちら。
抱卵亜目(Pleocyemata)
コエビ下目(Caridea)
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 --------------------
 軟甲綱
 --------------------
 真軟甲亜綱
  ホンエビ上目
 --------------------
 
十脚目

 
幼生
 プロトゾエア (011)
 
 ゾエア (010) 
  エビ類 (012)
  異尾下目1 (013-1)
  異尾下目2 (013-2)
  カニダマシ (013-3)
  短尾下目1 (014)
  短尾下目2 (015)
 ミシス (030) 
 グラウコトエ (040) 
 メガロパ (020) 

 
成体
  エビ類(050) 
  ユメエビ (053)
  テナガエビ (051)
  不明種 (052)
  ヤドカリ(060) 
  不明種 (061)
  カニ(070) 
  モガニ (074)
  不明種1 (071)
  
不明種2 (073)
 ゾエア(カニダマシ)
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間採取
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.2mm
 特徴:異尾下目カニダマシ科(Porcellanidae)のゾエア幼生と思われる。
     他の画像はこちら。
 クモガニ科
 

 採取:新潟県柏崎市(2014年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:13.6mm
 特徴:脚を広げた幅は約35mm。
     クモガニ科(Majidae)モガニ亜科
     (Acanthonychinae)と思われる。
     ヨツハモガニ(Pugettia quadridens)に似ている。
     脚に縞模様があり、背甲の縁に突起がある。
 ゾエア(短尾下目)
 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2014年5月)*夜間採取
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm
 特徴:短尾下目のゾエア幼生と思われる。
     一般的なカニのゾエアに似るが背棘がない。
     他の画像はこちら。