イソスジエビ(Palaemon pacificus)_8a
 採取:新潟県 長岡市(2016年5月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:35.9mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     日本海側で採取した個体。


3mm
3mm
9a
8a
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
2mm
6b
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
顕微鏡写真集 
-------------------
軟甲綱
===================
真軟甲亜綱
 Eumalacostraca
-------------------
ホンエビ上目
 Eucarida

-------------------
オキアミ目
 Euphausiacea


カリプトピス幼生
 (Calyptopis)

ファーシリア幼生
 (Furcilia)

-------------------
十脚目
 Decapoda


幼生

プロトゾエア
(クルマエビ下目)

エラフォカリス幼生
(クルマエビ下目)

ゾエア幼生
 (Zoea)
 エビ類
 異尾下目 1
 異尾下目 2
 カニダマシ科
 短尾下目 1
 短尾下目 2
 ヘイケガニ科

ミシス幼生
(クルマエビ下目)


グラウコトエ幼生
(異尾下目)

メガロパ幼生
(短尾下目)

-------------------
成体

エビ類

クルマエビ下目
Penaeidea

ユメエビ科
 (Luciferidae)


-------------------
コエビ下目
Caridea


テナガエビ科
 (Palaemonidae)


スジエビ
 (Palaemon paucidens
イソスジエビ
 (Palaemon pacificus
スジエビモドキ
 (Palaemon serrifer
ユビナガスジエビ
 (Palaemon
   macrodactylus


-------------------
モエビ科
 (Hippolytidae)


-------------------
エビ類の不明種

不明種01 (052)
不明種03 (052-3)
不明種05 (052-5)
不明種06 (052-6)

===================
ヤドカリ (異尾下目)
Anomura


ホンヤドカリ
 (Pagurus filholi

不明種01 (061)

===================
カニ (短尾下目)
Brachyura


クモガニ科
 (Majidae)


不明種01 (071)
不明種02 (073)
不明種03 (075)
不明種04 (076)


イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
5b
3mm
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
4b
2mm
1mm
2mm
3a
2c
2b
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p306.
 参考文献:(2)海辺のエビ・ヤドカリ・カニ ハンドブック 渡部哲也 著 文一総合出版、2014年、p9.
----------------------------------------------------------------------------------------------------

1b
1a
2mm
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)はタイドプールに普通に見られる透明なエビです。
 額角は先端に2~3歯、少し離れて6~11歯があり、先端部が上に向きます。体長は最大で5cmほど。
 淡水産のスジエビ(Palaemon paucidens)よりも黒褐色の縞模様が複雑です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

3mm
3mm
2mm
1mm
1mm
 
2mm
2a
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_4a
 採取:千葉県 房総半島 南房総市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:25.0mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     生きているときの体色に近い。
     死ぬと新鮮であっても白色になる。
     エタノールに浸けるとすぐに赤色になる。


 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_4b
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:額角の拡大画像。
     上縁は先端に近いところに小さな歯は1つ、
     そこから離れて大きな歯が8歯ある。
5a
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
4a
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_7a
 採取:千葉県 房総半島 鴨川市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:29.9mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。


7a
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_3a
 採取:千葉県 房総半島 南房総市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:32.6mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     干潮時にタイドプールの中で多数見つかった。

 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_2a
 採取:千葉県 房総半島 南房総市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:33.8mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     アシナガスジエビよりも胸脚が短い。


 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_2b
 
撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:額角の拡大画像。
     先端の歯が失われている。


 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_2c
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:尾肢の画像。
     いわゆるエビのしっぽ。
2mm
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
2017/6/25 更新
トップページに戻ります。
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_9a
 採取:新潟県 長岡市(2016年5月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:36.9mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     日本海側で採取した個体。

イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_6a
 採取:千葉県 房総半島 鴨川市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:39.2mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     房総半島では大型の個体がよくみつかる。

 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_6b
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:額角の拡大画像。
     上縁は先端に近いところに小さな歯は2つ、
     そこから離れて大きな歯が7歯ある。
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_5a
 採取:千葉県 房総半島 鴨川市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:44.3mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     イソスジエビはコエビ科目テナガエビ科に属する。
     日本海岸動物図鑑[II]によれば成長すると50mm程度になる。


 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_5b
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 特徴:額角の拡大画像。
     上縁は先端に近いところに小さな歯は2つ、
     そこから離れて大きな歯が8歯ある。
6a
 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_1a
 採取:千葉県 房総半島 南房総市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:30.5mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     イソスジエビはコエビ科目テナガエビ科に属する。
     日本海岸動物図鑑[II]によれば成長すると50mm程度になる。


 イソスジエビ(Palaemon pacificus)_1b
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 特徴:額角の拡大画像。
     上縁は先端に近いところに小さな歯は2つ、
     そこから離れて大きな歯が7歯ある。

イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像