顕微鏡写真集 
-------------------
軟甲綱
===================
真軟甲亜綱
 Eumalacostraca
-------------------
ホンエビ上目
 Eucarida

-------------------
オキアミ目
 Euphausiacea


カリプトピス幼生
 (Calyptopis)

ファーシリア幼生
 (Furcilia)

-------------------
十脚目
 Decapoda


幼生

プロトゾエア
(クルマエビ下目)

エラフォカリス幼生
(クルマエビ下目)

ゾエア幼生
 (Zoea)
 エビ類
 異尾下目 1
 異尾下目 2
 カニダマシ科
 短尾下目 1
 短尾下目 2
 ヘイケガニ科

ミシス幼生
(クルマエビ下目)


グラウコトエ幼生
(異尾下目)

メガロパ幼生
(短尾下目)

-------------------
成体

エビ類

クルマエビ下目
Penaeidea

ユメエビ科
 (Luciferidae)


-------------------
コエビ下目
Caridea


テナガエビ科
 (Palaemonidae)


スジエビ
 (Palaemon paucidens
イソスジエビ
 (Palaemon pacificus
スジエビモドキ
 (Palaemon serrifer
ユビナガスジエビ
 (Palaemon
   macrodactylus


-------------------
モエビ科
 (Hippolytidae)


-------------------
エビ類の不明種

不明種01 (052)
不明種03 (052-3)
不明種05 (052-5)
不明種06 (052-6)

===================
ヤドカリ (異尾下目)
Anomura


ホンヤドカリ
 (Pagurus filholi

不明種01 (061)

===================
カニ (短尾下目)
Brachyura


クモガニ科
 (Majidae)


不明種01 (071)
不明種02 (073)
不明種03 (075)
不明種04 (076)


Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 エビ類は、根鰓亜目(Dendrobranchiata)と、抱卵亜目(Pleocyemata)の一部を合わせたエビ型の十脚目の総称です。
 根鰓亜目にはクルマエビ科、サクラエビ科、ユメエビ科などが含まれ、全てがエビ類です。根鰓亜目は受精卵を海中に
 放出することが特徴です。抱卵亜目にはコエビ下目、ザリガニ下目、アナジャコ下目、イセエビ下目、異尾下目(ヤドカリなど)、
 短尾下目(カニ)などが含まれます。抱卵亜目のうち、、異尾下目(ヤドカリなど)と短尾下目(カニ)を除いたものが
 エビ類に含まれます。抱卵亜目は雌が受精卵を腹肢につけて保護します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
500μm
1mm
1mm
500μm
3mm
2mm
2017/6/30 更新
トップページに戻ります。
 エビ類_分類群06
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:4.0mm
 特徴:エビ類の幼体と思われる。
     頭胸部に対し、腹部が長い。
     夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
未分類のエビ類の画像
 エビ類_分類群05
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 体長:7.7mm
 特徴:エビ類の幼体と思われる。
     頭胸部に対し、腹部が長い。
     前方の胸脚が鋏脚になっている。
未分類のエビ類の画像
 エビ類_分類群03
 採取:新潟県 出雲崎市(2016年4月)
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 体長:11.6mm
 特徴:エビ類の幼体かもしれない。
     相対的に眼が大きく、背甲の発達が悪い。
     夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
未分類のエビ類の画像
 エビ類_分類群01
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.8mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     三浦半島でよく見つかるが所属不明。
     額角が小さく、眼柄が短い。
未分類のエビ類の画像
不明・種類調査中
 モエビ科(Hippolytidae)
 採取:北海道 岩内町(2016年9月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:11.6mm
 特徴:第1触覚にブラシのような毛が密生している。
     房総半島で採取した個体に似ている。
     夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
モエビ科(Hippolytidae)の画像
 スジエビモドキ(Palaemon serrifer
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:15.6mm
 特徴:スジエビモドキ(Palaemon serrifer)と思われる。
     スジエビモドキはコエビ科目テナガエビ科に属する。
     日本海岸動物図鑑[II]によれば成長すると40mm程度になる。
     横浜市や横須賀市など三浦半島周辺でよく見つかる。

 スジエビ属(Palaemon)の画像集
スジエビモドキ(Palaemon serrifer)の画像
抱卵亜目(Pleocyemata)
コエビ下目(Caridea)
1mm
ユメエビ属(Lucifer sp.)の画像
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p285-418.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

根鰓亜目(Dendrobranchiata)
クルマエビ下目(Penaeidea)
 ユメエビ属(Lucifer sp.)
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2015年9月) *夜間 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.1mm
 特徴:ユメエビ属(Lucifer属)と思われる。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
     触覚が切れてしまっている。