プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
 プロトゾエア_分類群01-4a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     眼は不明瞭。
     背甲に大きな突起はなく、尾肢の突起も短い。
     腹部の体節は多く、背甲が丸いことなどが、
     クルマエビ科のプロトゾエア幼生に似ている。
4a
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-4c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:同じ個体を100倍で観察した画像。
     口器に焦点を合わせた。
 プロトゾエア_分類群01-4b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:同じ個体を100倍で観察した画像。
     腹部、尾肢に焦点を合わせた。
4c
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
4b
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-3c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:同じ個体を側面から観察した画像。
 プロトゾエア_分類群01-3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:付属肢に焦点を合わせた画像。
 プロトゾエア_分類群01-3a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     背甲は丸く、突起がない。
     眼は不明瞭。
     腹部の体節は多く、背甲が丸いことなどが、
     クルマエビ科のプロトゾエア幼生に似ている。
3c
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
3b
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
3a
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影したが画像。
     尾肢の保存状態が悪い。
2b
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-2a
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生に似ている。
     複眼が生じていない。
     頭胸部の1対のオレンジ色の構造は複眼の原器と思われる。
     腹部の体節は多い。
     付属肢は触角と顎脚と思われるが、
     顎脚は未発達。
     一般的なエビ類のゾエア幼生よりも小さい。
2a
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
顕微鏡写真集 
-------------------
軟甲綱
===================
真軟甲亜綱
 Eumalacostraca
-------------------
ホンエビ上目
 Eucarida

-------------------
オキアミ目
 Euphausiacea


カリプトピス幼生
 (Calyptopis)

ファーシリア幼生
 (Furcilia)

-------------------
十脚目
 Decapoda


幼生

プロトゾエア
(クルマエビ下目)

エラフォカリス幼生
(クルマエビ下目)

ゾエア幼生
 (Zoea)
 エビ類
 異尾下目 1
 異尾下目 2
 カニダマシ科
 短尾下目 1
 短尾下目 2
 ヘイケガニ科

ミシス幼生
(クルマエビ下目)


グラウコトエ幼生
(異尾下目)

メガロパ幼生
(短尾下目)

-------------------
成体

エビ類

クルマエビ下目
Penaeidea

ユメエビ科
 (Luciferidae)


-------------------
コエビ下目
Caridea


テナガエビ科
 (Palaemonidae)


スジエビ
 (Palaemon paucidens
イソスジエビ
 (Palaemon pacificus
スジエビモドキ
 (Palaemon serrifer
ユビナガスジエビ
 (Palaemon
   macrodactylus


-------------------
モエビ科
 (Hippolytidae)


-------------------
エビ類の不明種

不明種01 (052)
不明種03 (052-3)
不明種05 (052-5)
不明種06 (052-6)

===================
ヤドカリ (異尾下目)
Anomura


ホンヤドカリ
 (Pagurus filholi

不明種01 (061)

===================
カニ (短尾下目)
Brachyura


クモガニ科
 (Majidae)


不明種01 (071)
不明種02 (073)
不明種03 (075)
不明種04 (076)


 プロトゾエア_分類群01-5a,5b
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生と思われるが同定は難しい。
     頭胸部の1対のオレンジ色の構造は複眼の原器と思われる。
     一般的なエビ類のゾエア幼生よりも小さい。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説 千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1441、1462.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プロトゾエア(Protozoea)の画像
2017/6/19 更新
トップページに戻ります。
 プロトゾエア_分類群01-12a
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2015年9月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:小さなプロトゾエア。
     日本海洋プランクトン検索図説によれば
     クルマエビ科のプロトゾエア期は3期あるそうなので、
     この個体は第1期かもしれない。
500μm
500μm
200μm
11d
7b
7a
6a
6b
プロトゾエア(Protozoea)の画像
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 根鰓亜目(Dendrobranchiata)、クルマエビ下目、クルマエビ科(Penaeidae)は、卵から孵化した後に、
 ノープリウス(6期)、プロトゾエア(3期)、ミシス(3期)、成体という順に成長します。プロトゾエア(Protozoea)は
 腹部に多くの体節があることが特徴です。ここでは、プロトゾエアと思われる個体を掲載します。
 ここで紹介する個体は複眼の原器と思われる構造は出現しているのですが、複眼が完成していません。
 プロトゾエアの初期段階と思われます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

200μm
500μm
500μm
500μm
500μm
200μm
200μm
500μm
500μm
11c
9a
 プロトゾエア_分類群01-1d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から見た画像。
     腹部〜尾部に焦点を合わせた。
1d
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から見た画像。
1c
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾肢に焦点を合わせた画像。
1b
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
1a
500μm
プロトゾエア幼生(Protozoea)の画像です。
 プロトゾエア_分類群01-1a
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生に似ている。
     複眼が生じていない。
     頭胸部の1対のオレンジ色の構造は複眼の原器と思われる。
     腹部の体節は多い。
     付属肢は触角と顎脚と思われる。
 プロトゾエア_分類群01-11a-11d
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2015年9月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm
 特徴:日本海洋プランクトン検索図説のクルマエビ科の
     プロトゾエア幼生に似ている。
     頭部先端に未発達の複眼が1対ある。
 プロトゾエア_分類群01-10a
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生と思われる。
     プロトゾエア幼生の頭部はノープリウス幼生に似ている。
 プロトゾエア_分類群01-9a
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生と思われる。
     頭胸部と腹部の間に付属肢の原器が並んでいる。
 プロトゾエア_分類群01-8a
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生と思われるが同定は難しい。
     頭胸部の先端付近にノープリウス眼がある。
 プロトゾエア_分類群01-7a,7b
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生と思われる。
     小型の個体で、腹部の体節も不明瞭。
     ノープリウス幼生に似た頭部に、ゾエアに似た腹部が付く。
 プロトゾエア_分類群01-6a,6b
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm
 特徴:クルマエビ下目のプロトゾエア幼生と思われる。
     小型の個体で、腹部の体節も不明瞭。
200μm
200μm
12a
11b
11a
10a
8a
5b
5a
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像
プロトゾエア(Protozoea)の画像