採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
 ゾエア(カニダマシ)_分類群01
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.2mm
 特徴:異尾下目カニダマシ科(Porcellanidae)のゾエア幼生と思われる。
     額棘が非常に長い。額棘は柔らかく頑丈ではない。
     後側棘も長いが曲がっている。夜間、プランクトンネットで採取した。
2mm
カニダマシ(Porcellanidae)のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
 ゾエア幼生(異尾下目)_分類群09
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.4mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     エビ類のゾエアよりも頭胸部が太い。
     眼柄が発達している。
500μm
異尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像
 ゾエア幼生(異尾下目)_分類群09
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2014年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.4mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     このゾエアは三浦半島でよく見つかる。
     赤色と黄色の色素を持っていて綺麗。
     生きているときは透明。

500μm
異尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像
 ゾエア ヘイケガニ科(Dorippidae)_分類群01
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)*夜間採取
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 体長:6.8mm(棘を含めた長さ)
 特徴:ヘイケガニ科のゾエア幼生と思われる。
     額棘と背棘が著しく長い。
1mm
ゾエア ヘイケガニ科(Dorippidae)の画像
 ゾエア(短尾下目)_分類群02
 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2014年5月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm
 特徴:短尾下目のゾエア幼生と思われる。
     一般的なカニのゾエアに似るが背棘がない。
500μm
短尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
 ゾエア(短尾下目)_分類群01
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm
 特徴:短尾下目のゾエア幼生と思われる。
     背棘が特徴的。
500μm
短尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
カニ(短尾下目)のゾエア幼生
 ゾエア(異尾下目)_分類群05
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.4mm
 特徴:短尾下目(カニなど)のゾエアに似ているが背甲が小さい。
     眼が大きく、楕円形。
     背甲に赤色の点紋がある。
1mm
異尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
 ゾエア(異尾下目)_分類群01
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7mm
 特徴:異尾下目のゾエア幼生と思われる。
     ヤドカリのほか、タラバガニ、コシオリエビ、カニダマシなどが含まれる。
     異尾下目の場合、ゾエアの次の成長段階はグラウコトエ。
     夜間、プランクトンネットで採取した。
500μm
異尾下目のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
 ゾエア(エビ類)-分類群01
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.3mm
 特徴:大きな眼が特徴。
     腹部が筒状で長くエビ型。
     頭胸部の背甲は小さい。
     背甲に額棘がないか、非常に短い。
1mm
エビ類のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
 ゾエア(エビ類)-分類群01
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.9mm
 特徴:エビ類のゾエア幼生と思われる。
     保存状態の良い個体。
500μm
エビ類のゾエア幼生(Zoea)の画像です。
ヤドカリ(異尾下目)のゾエア幼生
カニ(短尾下目)のゾエア幼生
エビ類のゾエア幼生
顕微鏡写真集 
-------------------
軟甲綱
===================
真軟甲亜綱
 Eumalacostraca
-------------------
ホンエビ上目
 Eucarida

-------------------
オキアミ目
 Euphausiacea


カリプトピス幼生
 (Calyptopis)

ファーシリア幼生
 (Furcilia)

-------------------
十脚目
 Decapoda


幼生

プロトゾエア
(クルマエビ下目)

エラフォカリス幼生
(クルマエビ下目)

ゾエア幼生
 (Zoea)
 エビ類
 異尾下目 1
 異尾下目 2
 カニダマシ科
 短尾下目 1
 短尾下目 2
 ヘイケガニ科

ミシス幼生
(クルマエビ下目)


グラウコトエ幼生
(異尾下目)

メガロパ幼生
(短尾下目)

-------------------
成体

エビ類

クルマエビ下目
Penaeidea

ユメエビ科
 (Luciferidae)


-------------------
コエビ下目
Caridea


テナガエビ科
 (Palaemonidae)


スジエビ
 (Palaemon paucidens
イソスジエビ
 (Palaemon pacificus
スジエビモドキ
 (Palaemon serrifer
ユビナガスジエビ
 (Palaemon
   macrodactylus


-------------------
モエビ科
 (Hippolytidae)


-------------------
エビ類の不明種

不明種01 (052)
不明種03 (052-3)
不明種05 (052-5)
不明種06 (052-6)

===================
ヤドカリ (異尾下目)
Anomura


ホンヤドカリ
 (Pagurus filholi

不明種01 (061)

===================
カニ (短尾下目)
Brachyura


クモガニ科
 (Majidae)


不明種01 (071)
不明種02 (073)
不明種03 (075)
不明種04 (076)


----------------------------------------------------------------------------------------------------
 ゾエア(Zoea)は十脚目(エビ、カニ、ヤドカリ)の幼生です。シラスの中に入っているので誰でも一度は
 眼にしたことがある(食べがあるたことがある)と思います。ゾエア幼生は眼が大きいことや、長い棘があることが
 特徴です。エビ類のゾエアは腹部が長くエビ型の形状、カニ類(短尾下目)のゾエアは腹部に対して
 頭胸部が大きいことが特徴です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2017/6/24 更新
トップページに戻ります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説 原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1439-1479.
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------