採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p306-307.
----------------------------------------------------------------------------------------------------

 スジエビ(Palaemon paucidens
 採取:北海道 月形町(2016年9月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:42.3mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:淡水産のスジエビ(Palaemon paucidens)と思われる。
     スジエビモドキほどではないが、縞模様が単純。
3mm
スジエビ(Palaemon paucidens)の画像
 スジエビモドキ(Palaemon serrifer
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:15.6mm
 特徴:スジエビモドキ(Palaemon serrifer)と思われる。
     スジエビモドキはコエビ科目テナガエビ科に属する。
     日本海岸動物図鑑[II]によれば成長すると40mm程度になる。
     横浜市や横須賀市など三浦半島周辺でよく見つかる。
2mm
スジエビモドキ(Palaemon serrifer)の画像
 イソスジエビ(Palaemon pacificus
 採取:千葉県 房総半島 鴨川市(2015年3月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:39.2mm(額角と尾肢を含めた長さ)
 特徴:イソスジエビ(Palaemon pacificus)と思われる。
     房総半島では大型の個体がよくみつかる。

3mm
イソスジエビ(Palaemon pacificus)の画像
顕微鏡写真集 
-------------------
軟甲綱
===================
真軟甲亜綱
 Eumalacostraca
-------------------
ホンエビ上目
 Eucarida

-------------------
オキアミ目
 Euphausiacea


カリプトピス幼生
 (Calyptopis)

ファーシリア幼生
 (Furcilia)

-------------------
十脚目
 Decapoda


幼生

プロトゾエア
(クルマエビ下目)

エラフォカリス幼生
(クルマエビ下目)

ゾエア幼生
 (Zoea)
 エビ類
 異尾下目 1
 異尾下目 2
 カニダマシ科
 短尾下目 1
 短尾下目 2
 ヘイケガニ科

ミシス幼生
(クルマエビ下目)


グラウコトエ幼生
(異尾下目)

メガロパ幼生
(短尾下目)

-------------------
成体

エビ類

クルマエビ下目
Penaeidea

ユメエビ科
 (Luciferidae)


-------------------
コエビ下目
Caridea


テナガエビ科
 (Palaemonidae)


スジエビ
 (Palaemon paucidens
イソスジエビ
 (Palaemon pacificus
スジエビモドキ
 (Palaemon serrifer
ユビナガスジエビ
 (Palaemon
   macrodactylus


-------------------
モエビ科
 (Hippolytidae)


-------------------
エビ類の不明種

不明種01 (052)
不明種03 (052-3)
不明種05 (052-5)
不明種06 (052-6)

===================
ヤドカリ (異尾下目)
Anomura


ホンヤドカリ
 (Pagurus filholi

不明種01 (061)

===================
カニ (短尾下目)
Brachyura


クモガニ科
 (Majidae)


不明種01 (071)
不明種02 (073)
不明種03 (075)
不明種04 (076)


2mm
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 ユビナガスジエビ(Palaemon macrodactylus
 採取:東京都(2016年7月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:13mm
 特徴:テナガエビ科に似ているが縞模様がなく、点紋がある。
     「海辺のエビ・ヤドカリ・カニ・ハンドブック」渡部哲也著、
     文一総合出版に記載されているユビナガスジエビ
     (Palaemon macrodactylus)に似ている。
     葛西海浜公園で採取した。
ユビナガスジエビ(Palaemon macrodactylus)の画像
2017/6/25 更新
トップページに戻ります。
スジエビモドキ(Palaemon serrifer)の画像
 スジエビモドキ(Palaemon serrifer
 採取:神奈川県横須賀市 荒崎(2014年8月)
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:18.5mm
 特徴:イソスジエビ、スジエビモドキなどの
     テナガエビ科のスジエビ属(Palaemon)と思われる。
     まだ幼体と思われる。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 テナガエビ科(Palaemonidae)は、抱卵亜目(Pleocyemata)コエビ下目(Caridea)に属しています。
 テナガエビ科はテナガエビ亜科とカクレエビ亜科に分けられていて、合計で98属もある大きなグループです。
 テナガエビ亜科は主として淡水域に生息しますが、汽水域から沿岸域にも多くの種が生息しています。
 ここでは、沿岸性テナガエビ亜科のスジエビ属(Palaemon)を紹介します。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

5mm