5mm
 フナムシ(Ligia sp.)_分類群03-6a
 採取:神奈川県横須賀市 荒崎(2014年8月) 
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:16.6mm
 特徴:フナムシ科フナムシ属(Ligia属)と思われる幼体。
     姿かたちは成体と変わらない。
 フナムシの他の画像はこちら。  
フナムシ(Ligia sp.)の画像です。
 ミズムシ亜目(080)_分類群01
 採取:新潟県柏崎市 笠島(2014年4月)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:3.3mm
 特徴:ミズムシ亜目(Asellota)と思われる。
     触角が長い。
2mm
ミズムシ亜目(Asellota)の画像です。
500μm
ウミクワガタ亜目(Gnathiidea)の幼生の画像です。
 ウミクワガタ_分類群01-1a
 採取:神奈川県葉山町 長者ヶ崎(2014年8月)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.6mm
 特徴:ウミクワガタ亜目(Suborder Gnathiidae)の
     プラニザ幼生と思われる。
     胸部が太い。
     眼が側方に突出しているが眼柄はない。
10mm
ヘラムシ(Valvifera)の画像です。
 ヘラムシ(060)_分類群03-3a
 採取:新潟県柏崎市 薬師堂(2014年4月)
 
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:24.2mm
 特徴:大型のヘラムシ。
     顕微鏡撮影としては限界サイズ。
     海藻に付着していたものを採取した。
 
その他のヘラムシ亜目の画像はこちら。 
2mm
 ウミナナフシ(040)_分類群02-4a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.5mm
 特徴:大型のウミナナフシ。
     前方の胸脚は咬脚状、後方は歩脚状。
 その他のウミナナフシ亜目の画像はこちら。
 
ウミナナフシ亜目(Anthuridea)の画像です。
 シリケンウミセミ_分類群01
 採取:神奈川県柏崎市 城ケ島(2013年7月) *夜間
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:3.8mm
 特徴:シリケンウミセミ(Dynoides dentisinus
     の雄と思われるが小さい。幼体かもしれない。
     日本海岸動物図鑑II(西村三郎編著)によれば
     雄の大きさは7mmとのこと。
 その他の等脚目の画像はこちら。 
1mm
シリケンウミセミ(Dynoides dentisinus)の画像です。
等脚目(Isopoda)
 ワレカラ_分類群02-3a
 採取:ひたちなか市磯崎(2012年6月)*昼間 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.3mm(触角を除く)
 特徴:小型のワレカラ。体色は赤〜オレンジ色。
 その他のワレカラの画像はこちら。 
2mm
ワレカラ(Caprella)の画像です。
 スンナリヨコエビ(270)_分類群200-1a
 採取:神奈川県三浦市 油壺(2013年7月) 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.9mm
 第1触覚:2.4mm
 第2触覚:1.5mm
 特徴:スンナリヨコエビ(Maera sp.)と思われる。
 その他のヨコエビの画像はこちら。 
1mm
スンナリヨコエビ(Maera sp.)の画像です。
端脚目(Amphipoda)
タナイス目 (Tanaidacea)
 タナイス(02)_分類群01
 

 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:3.8mm
 特徴:雄と思われる。
     鋏脚が大きい。

 他の画像はこちら。 
1mm
タナイスの画像です。
 ナギサクーマ_分類群03
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.3mm (*尾肢含む)
 特徴:ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われる。
 他の画像はこちら。
  
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
クーマ目 (Cumacea)
 アミ(01-1)_分類群01
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
 
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.6mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 他の画像はこちら。
 
2mm
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
アミ目 (Mysidacea)
2015/3/1 更新
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
アミ目 
 クーマ目 
 タナイス目 
 端脚目 
 
等脚目 
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 フクロエビ上目には、アミ目(アミ)、ロフォガスター目、クマ目、タナイス目、ミクトカリス目、
 スペレオグリフス目、テルモスバエナ目、等脚目(ワラジムシ、ダンゴムシ、フナムシ、ウオノエ、
 ヤドリムシなど)、端脚目(ヨコエビ、ワレカラ)
が含まれます。アミ目以外は人間生活に
 関わりの薄い生物ですが、分解者や、魚などの捕食者の餌として食物連鎖の中で
 重要な地位を占めています。ウオノエ、ヤドリムシのように寄生性の生物もいます。
  等脚目のワラジムシ、ダンゴムシ、端脚目のヨコエビは陸上にも進出しています。

  フクロエビ上目は育房を持つことが特徴です(テルモスバエナ目を除く)。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo