クラゲノミ(01)-2a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*海岸(夜間)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm
 特徴:クラゲノミ亜目(Suborder Hyperiidae)と思われる。
     眼が大きい。
     ヨコエビ亜目に似ているが、底節板がほとんど見えない。
500μm
クラゲノミ亜目(Suborder Hyperiidae)の画像です。
5mm
マルエラワレカラ(Caprella penantis)の画像です。
2mm
マルエラワレカラ(Caprella penantis)の画像です。
2mm
モクズヨコエビ属(Hyale 属)の画像です。
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
 マルエラワレカラ_分類群02-3-2a
 採取:新潟県柏崎市 米山(2014年4月)
 
 撮影倍率:x0.67(実体顕微鏡)
 体長:11.4mm(触角を除く)
 特徴:マルエラワレカラ(Caprella penantis)と思われる。
     体節や胸脚が太く頑丈。
     中央に赤い線がある。
     海藻に付着していたものを採取した。
     
2015/2/11 更新
 顕微鏡写真集 
 ----------------
 軟甲綱
 ----------------
 真軟甲亜綱
  フクロエビ上目
   端脚目
 ----------------
 
ヨコエビ亜目
 ワレカラ亜目
 クラゲノミ亜目


 モクズヨコエビ (083)_分類群14-1a
 採取:静岡県沼津市 柄浦湾(2013年11月) 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:7.2mm
 第1触覚:1.9mm
 第2触覚:2.4mm
 特徴:第2触角に剛毛が密生している。
     この特徴はフサゲモクズ(Hyale barbicornis)に似ている。
     第2咬脚の形状もフサゲモクズに類似する。
 マルエラワレカラ_分類群02-3a
 採取:ひたちなか市磯崎(2012年6月)*昼間 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.3mm(触角を除く)
 特徴:小型のワレカラ。体色は赤〜オレンジ色。
     胸部が太い。
     胸部腹側に育房と思われる構造がある。
     流れ藻に付着していた。
 ツガルワレカラ_分類群06-1a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月) 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:15.1mm(触角を除く)
 特徴:第2咬脚の形状がツガルワレカラ
     (Caprella tsugarensis)の雄に類似する。

ツガルワレカラ(Caprella tsugarensis)の画像です。
コブワレカラ(Caprella verrucosa)の画像です。
フサトゲモクズ(Protohyale sp.)の画像です。
スンナリヨコエビ(Maera sp.)の画像です。
1mm
------------------------------------------------------------
 
端脚目(Amphipoda)ヨコエビ亜目(Gammaridea)ワレカラ亜目(Caprellida)
 クラゲノミ亜目(Hyperiidae)、インゴルフィエラ亜目を含むグループです。
 ヨコエビはエビに似ていますが、エビと違って背甲の発達が悪いので簡単に区別できます。
 ワレカラは特異な形態で海藻などに付着しています。泳ぎは不得意です。
 クラゲノミは外洋でプランクトン生活をしています。
 インゴルフィエラ亜目は地下水中に生活していて、見つかることは稀と思います。

------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著  
          保育社、1995年、p172-205.

 参考文献:(2)日本産海洋プランクトン検索図説、千原光雄・村野正昭
          東海大学出版会 1997年 p1131-1203.

------------------------------------------------------------
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
クラゲノミ亜目(Hyperiidae)
2mm
2mm
ワレカラ亜目(Caprellida)
2mm
ヨコエビ亜目(Gammaridea)
トップページに戻ります。
 アゴナガヨコエビ(020)_分類群02a-4a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(夜間)
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:5.4mm以上
 第1触覚:1.7、1.9mm
 第2触覚:2.6、2.6mm
 特徴:複眼が大きい。胸肢(歩脚)の棘は短い。
     第1尾肢は、第2尾肢よりも長い。
     第3尾肢は、第1尾肢、第2尾肢よりも長い。
 コブワレカラ_分類群03-2a
 採取:ひたちなか市磯崎(2012年6月)*昼間
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:3.1mm(触角を除く)
 特徴:側面から観察した画像。
     小型のワレカラ。体色は薄い赤色。
     胸節の背側に突起があることが特徴。
     育房を持っている。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 スンナリヨコエビ(270)_分類群200-1a
 採取:神奈川県三浦市 油壺(2013年7月) 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.9mm
 第1触覚:2.4mm
 第2触覚:1.5mm
 特徴:スンナリヨコエビ(Maera sp.)と思われる。
     第2咬脚が非常に大きい。

 フサトゲモクズ (280)_分類群210-1a
 採取:神奈川県横須賀市 観音崎(2013年7月) 
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 体長:6.4mm
 第1触覚:1.8mm
 第2触覚:2.8mm
 特徴:フサトゲモクズ(Protohyale sp.)と思われる。
     第2咬脚が大きい。
     胸脚が歩脚状に発達している。
     側面に特徴的な模様がある。