9b
500μm
クーマの画像です。
8a
500μm
ニッポンシロクーマ属(Nippoleucon属)の画像です。
7a
500μm
コツブクーマ(Cumella 属)の画像です。
6a
500μm
コツブクーマ(Cumella 属)の画像です。
5a
500μm
ナンノクーマモドキ(Scherocumella 属)の画像です。
4a
500μm
ナンノクーマ属(Nannastacus 属)の画像です。
2a
1mm
サザナミクーマ(Dimorphostylis 属)の画像です。
1a
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
トップページに戻ります。
2015/1/20 更新
 ナンノクーマモドキ_分類群01-5a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.7mm (*尾肢含む)
 特徴:頭部先端の呼吸筒が長く伸びている。
     呼吸筒の形状がヤマトナンノクーマモドキ
     (Scherocumella japonica)に似ている。
 他の画像はこちら。  
 ナンノクーマ_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.8mm (*枝状肢含む)
 特徴:小型のクーマ。
 イバラナンノクーマ(Nannastacus spinulosus)または、
 ハリナンノクーマ(Nannastacus gamoi)に似ている。
 
他の画像はこちら。  

3a
 カザリクーマ_分類群01-3a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年8月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.7mm
 特徴:生きている個体を撮影した。
 他の画像はこちら。  
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
クマ目
 ナギサクーマ科
 
  ナギサクーマ (1)
 クーマ科 
  サザナミクーマ (1)
 カザリクーマ科 
  不明種(1)
 ナンノクーマ科 
  不明種(1)
  ナンノクーマモドキ (1)
  コツブクーマ (1)
 シロクーマ科 
  不明種(1)
 不明・未同定 
  A群 (1)
  B群 (1)
  
不明群 (1)
 クーマ_A群(01)_分類群01-9a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm (*尾肢含む)
 特徴:尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)はない。
     歩脚は細長い。
     第5歩脚は特に長く、外肢がない。
 他の画像はこちら。 
クーマ科
 サザナミクーマ_分類群01-2a
 

 採採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.1mm(枝状肢含む)
 特徴:サザナミクーマ属(Dimorphostylis 属)と思われる。
 他の画像はこちら。  
 ナギサクーマ_分類群03-1a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.3mm (*尾肢含む)
 特徴:ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われる。
 
他の画像はこちら。  
ナギサクーマ科
------------------------------------------------------------
 
クーマ(Cumacea)はエビに似ていますが、背甲が胸部全体を覆わないことや、
 眼が退化的、体をくねらすような動きなどから見慣れると簡単に識別できます。
 腹部はエビやアミよりも細く、自由に動きます。
 腹部の動きは蛇やミミズが体を動かす様子に似ています。
 大きくても数cm程度の大きさで、人間の生活とは関わりの薄い生物です。
  クーマは夜間にプランクトンネットを使うと大量に採取できることがあります。

------------------------------------------------------------
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著
 
       保育社、1995年、p239-284.

------------------------------------------------------------
不明種
 シロクーマ_分類群01-8a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2012年1月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm(枝状肢含む)
 特徴:生きている個体を撮影した。
     発達した2対の触角?を持つことが特徴。
 
他の画像はこちら。  
シロクーマ科
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 コツブクーマ_分類群02-7a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.6mm (*尾肢含む)
 特徴:ナンノクーマ科コツブクーマ属(Cumella 属)に似ている。
 
他の画像はこちら。  
 スナコツブクーマ_分類群01-6a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm
 特徴:大きな背甲が特徴的。
     スナコツブクーマ(Cumella rigida)に似ている。
ナンノクーマ科
500μm
カザリクーマ科
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo