採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p239-284.
------------------------------------------------------------------------------------------------
 ナギサクーマ_分類群03-6c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:歩脚と腹肢に焦点を合わせた画像。
 ナギサクーマ_分類群03-6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹部と尾肢に焦点を合わせた画像。
 ナギサクーマ_分類群03-6a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.1mm (*尾肢含む)
 特徴:ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われる。
     赤色の点紋がある。 腹部を伸ばした状態の画像。
 ナギサクーマ_分類群03-5c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹部に焦点を合わせた画像。
     クーマの腹部は可動性が大きい。
 ナギサクーマ_分類群03-5b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸部に焦点を合わせた画像。
     胸部は腹部よりも細い。
 ナギサクーマ_分類群03-5a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.9mm (*尾肢含む)
 特徴:ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われる。
     赤色の点紋がある。
     腹部を曲げている状態の画像。
 ナギサクーマ_分類群03-4d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾肢に焦点を合わせた画像。
 ナギサクーマ_分類群03-4c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:向きを変えて撮影した画像。
     腹肢を伸ばした。
     腹肢は歩脚よりも長い。
 ナギサクーマ_分類群03-4b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹部に焦点を合わせた画像。
     腹節にも赤い点紋がある。
 ナギサクーマ_分類群03-4a
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.3mm (*尾肢含む)
 特徴:ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われる。
     腹部が太く、長いことが特徴。
     赤色の点紋がある。
     歩脚には外肢がなく、腹肢が発達している。
     尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)はない。  
6c
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
6b
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
6a
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
5c
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
5b
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
5a
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
4d
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
4c
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
4b
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
4a
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
500μm
 ナギサクーマ_分類群02-3c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹部に焦点を合わせた画像。
     腹節にも黒色のもようがある。  
 ナギサクーマ_分類群02-3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾肢に焦点を合わせた画像。
 ナギサクーマ_分類群02-3a
 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.0mm (*尾肢含む)
 特徴:ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われる。
     腹部が太く、長いことが特徴。
     黒色の点紋がある。
     歩脚には外肢がなく、腹肢が発達している。
     尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)はない。
3c
500μm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
3b
3a
500μm
500μm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
 ナギサクーマ_分類群01-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹肢、枝状肢に焦点を合わせた画像。
 ナギサクーマ_分類群01-2a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.2mm (*枝状肢含む)
 特徴:発達した腹肢を持つ。
     腹節が太く、相対的に頭胸部が小さく見える。
     頭胸部が赤い。
2b
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
2a
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
1b
1mm
 ナギサクーマ_分類群01-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:枝状肢に焦点を合わせた画像。
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
1a
1mm
ナギサクーマ(Bodotriidae)の画像です。
1mm
顕微鏡写真集 
-----------------------
軟甲綱
-----------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
-----------------------
クーマ目
Cumacea

=======================
ナギサクーマ科
(Bodotriidae)


ナギサクーマ
 (Bodotria spp.)

-----------------------
クーマ科
(Diastylidae)

サザナミクーマ
 (Dimorphostylis spp.)

-----------------------
カザリクーマ科
(Lampropidae)


カザリクーマ
 (Lamprops spp.)

ニシキクーマ
 (Hemilamprops sp.)

-----------------------
ナンノクーマ科
(Nannastacidae)


ナンノクーマ 1 (012)
 (Nannastacus
フクラナンノクーマ (017)
 (Nannastacus gibossus
フクラナンノクーマ? (018)
 (Nannastacus gibossus?)
ナンノクーマモドキ (013)
 (Scherocumella
スナコツブクーマ (016)
 (Cumella rigida
コツブクーマ (014)
 (Cumella spp.)

------------------------
シロクーマ科
(Leuconidae)


シロクーマのなかま

-----------------------
科不明

 A群
 B群
 群不明


Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2015/1/18 更新
トップページに戻ります。
------------------------------------------------------------------------------------------------
 
ナギサクーマ科(Bodotriidae)は腹部(第1〜第6腹節)が太く、発達しています。
 また自由関節する尾節がないことから、科レベルでの同定は容易です。
 体色は赤やオレンジ、
大型の種類が多く(といっても5mm以下ですが)、見つけやすいクーマです。
 ただ、昼間に採取したことはありません。夜間に海面近くまで泳ぎだしてくるようです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
500μm
ナギサクーマ科(Bodotriidae)の画像
 ナギサクーマ_分類群01-1a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.0mm (*枝状肢含む)
 特徴:発達した腹肢を持つ。
     腹肢は第3〜第5歩脚よりも長い。
     腹肢は5対。
     背面から観察できなかったが、
     尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)はないと思われる。
 ナギサクーマ_分類群03-7a
 採取:神奈川県 三浦半島 三浦市(2015年9月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.1mm (*枝状肢含む)
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
     ナギサクーマ属(Bodotria 属)と思われるが、
     アサセクーマ属(Cyclaspis 属)にも似ている。
7a