顕微鏡写真集 
---------------------
軟甲綱
---------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
---------------------
クーマ目
Cumacea

=====================
ナギサクーマ科
(Bodotriidae)

ナギサクーマ
 (Bodotria spp.)
---------------------
クーマ科
(Diastylidae)

サザナミクーマ
 (Dimorphostylis spp.)
ミツオビクーマ
 (Diastylis tricincta)
---------------------
カザリクーマ科
(Lampropidae)

カザリクーマ
 (Lamprops spp.)
---------------------
ナンノクーマ科
(Nannastacidae)

ナンノクーマ 1 (012)
 (Nannastacus
フクラナンノクーマ (017)
 (Nannastacus gibossus
フクラナンノクーマ? (018)
 (Nannastacus gibossus?)
ナンノクーマモドキ (013)
 (Scherocumella
スナコツブクーマ (016)
 (Cumella rigida
コツブクーマ (014)
 (Cumella spp.)
コツブクーマ (040)
 (Cumella sp.)
コツブクーマ (041)
 (Cumella sp.)
----------------------
シロクーマ科
(Leuconidae)

シロクーマのなかま
---------------------
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_2c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹部に焦点を合わせた画像。
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:背甲の輪郭と、歩脚に焦点を合わせた画像。
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_2a
 採取:茨城県日立市(2016年3月)*海岸 夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.9mm
 特徴:大きな背甲が特徴的。
     スナコツブクーマ(Cumella rigida)に似ている。
2c
2b
2a
200μm
200μm
200μm
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_3c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角と歩脚に焦点を合わせた画像。
     腹肢はない。
     腹部~尾肢に焦点を合わせた画像。
     背面から観察できなかったが、
     尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)はないと思われる。
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角と歩脚に焦点を合わせた画像。
     腹肢はない。
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_3a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm
 特徴:大きな背甲が特徴的。
     スナコツブクーマ(Cumella rigida)に似ている。
3c
3b
3a
500μm
500μm
500μm
コツブクーマ(Cumella 属)の画像です。
コツブクーマ(Cumella 属)の画像です。
コツブクーマ(Cumella 属)の画像です。
スナコツブクーマ(Cumella rigida)の画像
スナコツブクーマ(Cumella rigida)の画像
スナコツブクーマ(Cumella rigida)の画像
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------
 
参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p263-265.
-------------------------------------------------------------------------------------------
 スナコツブクーマ(Cumella rigida)_1a
 採取:秋田県男鹿市(2018年8月)*海岸 夜間採取
 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 体長:2.1mm
 特徴:背甲後部が大きく隆起している。
     夜間のネットサンプリングで採取した。
500μm
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 コツブクーマ(Cumella 属)は第6腹節と自由関節する尾節を持ちません。
 日本海岸動物図鑑によれば擬額角は短く背甲前面で左右合わさって突出し、呼吸筒は擬額角の中に収まり、
 左右が密に合わさります。雌は第3顎脚と第1、2歩脚に外枝を持ち、雄は第3顎脚と第1~4歩脚に外枝を持ちます。
 全海洋に分布し、約60種が知られているとのこと。浅海種は眼を持ちますが、深海種は眼を欠く傾向があるとのこと。
 ここでは、スナコツブクーマ(Cumella rigida)を紹介します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
スナコツブクーマ(Cumella rigida)の画像
1a
2019/11/17 更新
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2019 Neko no Shippo