カザリクーマ?_分類群01-2a
 

 採取:茨城県日立市会瀬港(2012年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.1mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     透明なクーマで消化管が透けて見える。
     尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)がある。
     尾節の先端の棘を確認できていない。
     腹肢はない。
2b
1mm
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
2a
1mm
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
 カザリクーマ_分類群01-1a
 

 採取:茨城県日立市会瀬(2011年8月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.7mm
 特徴:生きている個体を撮影した。
     尾節(第6腹節と自由に関節する尾節)がある。
     腹肢はない。
1a
 カザリクーマ_分類群01-1h
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で背甲を観察した。
     眼が1つしかないことが分かる。
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1h
 カザリクーマ_分類群01-1g
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:向きを変えて撮影した画像。
     尾節に焦点を合わせた。
     尾節の先端には複数の棘がある。
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1g
1mm
 カザリクーマ_分類群01-1e
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から観察した画像。
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1e
500μm
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1b
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
2015/1/18 更新
------------------------------------------------------------
 
カザリクーマ科(Lampropidae)は第6腹節と自由関節する尾節を持ちます。
 尾節の末端には棘があります。腹肢の有無や、歩脚の外肢の形状は性別によって
 異なるそうです。主に尾節の形状によって同定しました。

------------------------------------------------------------
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著
        保育社、1995年、p239-284.

------------------------------------------------------------
500μm
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 
クマ目
 ナギサクーマ科
 
  ナギサクーマ (1)
 クーマ科 
  サザナミクーマ (1)
 カザリクーマ科 
  不明種(1)
 ナンノクーマ科 
  不明種(1)
  ナンノクーマモドキ (1)
  コツブクーマ (1)
 シロクーマ科 
  不明種(1)
 不明・未同定 
  A群 (1)
  B群 (1)
  
不明群 (1)
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 カザリクーマ?_分類群01-2b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾節と眼に焦点を合わせた画像。
     眼が赤い。
200μm
200μm
200μm
500μm
 カザリクーマ_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:背面から観察した画像。
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1d
 カザリクーマ_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:背甲、胸節、第1触角、歩脚などに焦点を合わせた。
     背甲の先端部は尖っている(擬額角)。
500μm
500μm
トップページに戻ります。
 カザリクーマ_分類群01-1f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:尾節と尾肢に焦点を合わせた。
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1f
 カザリクーマ_分類群01-1c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹部に焦点を合わせた画像。
     腹肢はない。
カザリクーマ(Lampropidae)の画像です。
1c
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo