クロイサザアミ(Neomysis awatschensis)_10a
 採取:東京都 三番生 (2018年4月)*海岸
 体長:7.4mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:写真は雄の個体。
     額角が三角形に突出し先端は鈍く尖る。
     この特徴はクロイサザアミ(Neomysis awatschensis)に類似する。
     写真は雄の個体。Neomysis属は雄の第4複肢外肢が長い。
     干潮時の干潟で採取した。
 
備考:クロイサザアミ(Neomysis awatschensis)の画像集
10a
2mm
クロイサザアミ(Neomysis awatschensis)の画像
 アミ(04)_分類群04-14a
 採取:千葉県 房総半島 南房総市 (2015年3月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長16.8mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
     大型種。
     育房を持っているので雌と思われる。
 備考:アミ(04)の画像集
1mm
14a
アミの画像
 アミ(03)_分類群03-13a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年4月)
     *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.0mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:エビによくにた形状。
     眼が大きい。
     腹肢、育房はない。
 備考:アミ(03)の画像集

2mm
13a
ここをクリックするとアミ(03)の画像が開きます。
 アミ(02)_分類群02-12a
 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.2mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:成体と思われる。胸部と腹部に茶色の模様がある。
     腹肢を持つ。
 備考:アミ(02)の画像集

12a
2mm
アミの画像です。
8a
ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)の画像
 ヨアミ(Siriella sp.3)_1a
 採取:神奈川県三浦半島 三浦市(2015年9月)*海岸
 撮影倍率:x40 体長:9.4mm
 特徴:尾節の形状からシリエラ属(Siriella sp.)と同定した。
     写真は雄の個体で、発達した腹肢がある。
     夜8時頃に、プランクトンネットで採取した。
 備考:ヨアミ(Siriella sp3)の画像集
1mm
4a
ヨアミ(Siriella sp)の画像
 ヨアミ(Siriella sp.2)_3a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:7.3mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:眼が大きい。腹肢はなく、腹部は透明。育房がある。体色は白色。
     頭胸部内部にオレンジ色の器官が透けて見えている。
     夜8時ころに、プランクトンネットで採取した。

 備考:ヨアミ(Siriella sp2)の画像集
2mm
3a
ここをクリックするとアミ(01-2)の画像が開きます。
 ヨアミ(Siriella sp.1)_1a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.6mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:眼が大きく、腹部が長い。
     背甲は薄く、透明。
 備考:ヨアミ(Siriella 属)の画像集
1a
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1010-1084.
        (2)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6) 石川良輔編、
        岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、2008年、p245-248.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2mm
アミ亜科(Mysinae)
2mm
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
2mm
 オカダヨアミ(Siriella okadai)_2a
 採取:神奈川県 横浜市(2016年8月)*海岸
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:9.5mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
     尾節の形状と第1触覚内鞭の形状から
     オカダヨアミ(Siriella okadai)と同定した。
     写真は雄の個体で、発達した腹肢がある。
 備考:オカダヨアミの画像集

1mm
2a
オカダヨアミ(Siriella okadai)の画像
 ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)_9a
 採取:茨城県 涸沼 (2018年1月)*海岸
 体長:14.3mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:大型の雌の個体。
     尾節側縁の棘は約30本でやや少ない。
 
備考:ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)の画像集
1mm
Since 2005/9 Copyright 2019 Neko no Shippo
シリエラ亜科(Siriellinae)
甲殻類の画像集 
------------------
軟甲綱
------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
------------------
アミ目
Mysida

==================
アミ科
(Mysidae)


シリエラ亜科
(Siriellinae)

ヨアミ
 Siriella sp1
 Siriella sp2
 Siriella sp3
 Siriella sp4
------------------
ガストロサックス亜科
(Gastrosaccinae)

アルケオミシス
 Archaeomysis sp.
シキシマフクロアミ
 Arc. vulgaris
------------------
アミ亜科
(Mysinae)

ヒペレリスロプス
 Hypererythrops sp.
ニホンイサザアミ
 Neomysis japonica
クロイサザアミ
 Neo. awatschensis
コマセアミ
 Anisomysis ijimai
------------------
不明
 分類群02 (020)
 分類群03 (030)
 分類群04 (040)
2019/11/24更新
トップページに戻ります。
未同定種群
11a 0
 ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)_8a
 採取:東京都 葛西臨海公園 (2017年10月)*海岸
 体長:10.4mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:葛西臨海公園で採取した雄の個体。
     Neomysis
属は雄の第4複肢外肢が長い。
     夜間、岸壁で群れを作って泳いでいたものを採取した。
 備考:ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)の画像集
アミ目 ヒペレリスロプス属(Hypererythrops sp.)の画像
7a
 ヒペレリスロプス属(Hypererythrops sp.)_7a
 採取:神奈川県 横浜市 (2016年8月)*海岸
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:6.6mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
     尾節の形態からヒペレリスロプス属(Hypererythrops sp.)と同定した。
 備考:ヒペレリスロプス属の画像集
2mm
6a
アルケオミシス(Archeomysis sp.)の画像
ガストロサックス亜科(Gastrosaccinae)
アミ目 アルケオミシス属(Archaeomysis sp.)の画像
5a
 アルケオミシス属(Archaeomysis sp.)_5a
 採取:北海道紋別市(2016年9月)*海岸(砂浜)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:11.4mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:砂浜の砂を海水に入れたところ泳ぎだした。
     日本海岸動物図鑑[II]のナミフクロアミ
     (Archaeomysis grebnitzkii)に似ている。
 備考:アルケオミシス属の画像集
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 アミ(Mysida)はエビに似ていますが、系統的には異なる分類群です。エビのような背甲を持ちますが、
 エビの背甲がしっかりと胸部を覆っていることに対し、アミの背甲は前部(第3胸節まで)が癒合しているだけで、
 後部は遊離しています。また、名前の似ているオキアミはホンエビ上目(エビを含む)に属する分類群です。
 オキアミは脚の基部に外部に露出した鰓を持つことが特徴ですが、アミは胸肢に鰓を欠くことから区別できます。
 また、アミ独自の特徴として、尾肢内肢に平衡胞を持つこと、育房を持つことがあります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 コマセアミ(Anisomysis ijimai)_11a
 採取:東京都 伊豆大島 (2018年3月)*海岸
 体長:9.1mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:コマセアミとしては大型の個体。雄。額角が三角形で突出しない。目が大きい。
     第4腹肢は3節、外肢の先端羽毛状の毛を持つ棘と、毛を持たない棘がある。
     尾節の先端は丸く、くびれがある。くびれと基部の間に5本程度の棘がある。
     夜間のネットサンプリングで採取した。
 備考:コマセアミ(Anisomysis ijimai)の画像集
コマセアミ(Anisomysis ijimai)の画像
5mm
9a
ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)の画像
500μm
 アルケオミシス(Archeomysis sp.)_6a
 採取:新潟県 糸魚川市 (2017年5月)*海岸
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:11.5mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:尾節の形状はシキシマフクロアミ(Archeomysis vulgaris)に似ている。
     しかしながら雄の第3複肢内肢が分節しているように見え、
     この特徴はナミフクロアミ(Archeomysis grebnitzkii)に類似する。
     夜間のプランクトンネットで採取した。
     写真は雄の個体。雄の第3複肢は長い。
 備考:シキシマフクロアミ(Archeomysis vulgaris)の画像集