アミ(02)_分類群02-5a
 

 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.2mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 他の画像はこちら。 
5a
2mm
アミの画像です。
1a
2mm
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 
軟甲綱
 ---------------
  真軟甲亜綱
   フクロエビ上目
 ---------------
 アミ目
 

  
01-1(010)
  
01-2(011)
  
01-3(012)
  
02
  
03


2mm
分類群01(宮城県産)
分類群01(新潟県産)
分類群01(神奈川県産)
 アミ(01-3)_分類群01-4a
 

 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2013年7月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:12.7mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 特徴:成体の雌。
     三浦半島で採取した個体と同種と思われるが、
     体長が長く、大型。
     育房内に卵を持っている。
 アミ(01-3)_分類群01-3a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.7mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 他の画像はこちら。
 
アミの画像です。
 アミ(01-2)_分類群01-2a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:7.3mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 他の画像はこちら。 
ここをクリックするとアミ(01-2)の画像が開きます。
2015/1/18 更新
ここをクリックするとアミ(03)の画像が開きます。
6a
アミの画像です。
4a
3a
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
 アミ(01-1)_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.6mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 他の画像はこちら。
 
分類群01(茨城県産)
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
アミ(Mysidacea)はエビに似ていますが、系統的には異なる分類群です。エビのような
 背甲を持つことが大きな特徴ですが、エビの背甲がしっかりと胸部を覆っていることに対し、
 アミの背甲は
前部(第3胸節まで)が癒合しているだけで、後部は遊離しています。
 また、名前の似ているオキアミはホンエビ上目(エビを含む)に属する分類群です。
 オキアミは脚の基部に外部に露出した鰓を持つことが特徴ですが、アミは胸肢に
 鰓を欠くことから区別できます。また、アミ独自の特徴として、尾肢内肢に平衡胞を
 持つこと、育房を持つことがあります。
  アミは非常に柔らかく、壊れやすい生き物です。標本にすると胸肢が外れるだけでなく、
 頭部と胸部が分離してしまうことが多いです。背甲の後部が遊離しているためでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説
        千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1010-1084.
        (2)節足動物の多様性と系統 (バイオディバーシティ・シリーズ 6)  
 
          石川良輔編、岩槻邦男・馬渡峻輔監修、裳華房、 
          2008年、p245-248.

-----------------------------------------------------------------------------------------
 アミ(3)_分類群03-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年4月)
     *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.0mm (*触覚含まない、尾肢含む。)
 他の画像はこちら。 
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
2mm
分類群03
分類群02
2mm
2a
2mm
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo