甲殻類の画像集 
------------------
軟甲綱
------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
------------------
アミ目
Mysida

==================
アミ科
(Mysidae)


シリエラ亜科
(Siriellinae)

ヨアミ
 Siriella sp1
 Siriella sp2
 Siriella sp3
 Siriella sp4
------------------
ガストロサックス亜科
(Gastrosaccinae)

アルケオミシス
 Archaeomysis sp.
シキシマフクロアミ
 Arc. vulgaris
------------------
アミ亜科
(Mysinae)

ヒペレリスロプス
 Hypererythrops sp.
ニホンイサザアミ
 Neomysis japonica
クロイサザアミ
 Neo. awatschensis
コマセアミ
 Anisomysis ijimai
------------------
不明
 分類群02 (020)
 分類群03 (030)
 分類群04 (040)
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p157-159.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 アミ(01-1)_分類群01_2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:暗視野照明で尾部を観察した。
     尾肢に円形の平衡胞を確認できる。

 アミ(01-1)_分類群01_2a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.2mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:エビに似た形状。
     眼が大きく、腹部が長い。
     腹肢、育房を確認できなかった。

 アミ(01-1)_分類群01_1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:透過光で尾部を観察した。
     尾肢に球形の平衡胞を確認できる。
     平衡胞を確認できたことから、この種をアミ目の一種と同定できた。
     アミ目は尾肢内肢基部に平衡胞を有することが特徴。

 アミ(01-1)_分類群01_1a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.6mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:エビによくにた形状。
     眼が大きく、腹部が長い。
     背甲は薄く、透明。
     腹肢、育房を確認できなかった。

2b
2a
1b
1a
200μm
2mm
200μm
2mm
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
 アミ(01-1)_分類群01_7c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:明視野照明(透過光)で尾部を観察した。
     透過光を用いると平衡胞を容易に確認できる。

 アミ(01-1)_分類群01_7b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:眼の拡大像。

 アミ(01-1)_分類群01_7a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
   *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:9.3mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:大きな育房を持つ個体。
     育房には多数の棘が生じている。

 アミ(01-1)_分類群01_6f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:明視野照明(透過光)でペニス(雄性生殖器)と思われる構造を観察した。


 アミ(01-1)_分類群01_6e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:明視野照明(透過光)で尾部を観察した。
     透過光を用いると平衡胞を容易に確認できる。

 アミ(01-1)_分類群01_6d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:暗視野照明で尾部を観察した。
     暗視野では平衡胞の確認が難しい。

 アミ(01-1)_分類群01_6c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角基部に焦点を合わせた画像。


 アミ(01-1)_分類群01_6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1、第2触角に焦点を合わせた画像。

 アミ(01-1)_分類群01_6a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:10.2mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:5対の発達した腹肢を持つ個体。
     育房を持たない。

 アミ(01-1)_分類群01_5a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:8.7mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:眼が大きく、腹部が長い。
     腹部は透明。育房を持つ。

 アミ(01-1)_分類群01_4d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
     眼の基部の半透明の部分は眼柄と呼ばれる構造。

 アミ(01-1)_分類群01_4c
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:頭部を拡大した。
     長い毛状の棘が伸びた構造は、
     第2触角鱗片と思われる。

 アミ(01-1)_分類群01_4b
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:暗視野照明で尾部を観察した。
     尾肢に球形の平衡胞を確認できる。
 アミ(01-1)_分類群01_4a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:5.0mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:小型の個体。
     眼が大きく、腹部が長い。
     背甲は薄く、透明。
     腹肢、育房を確認できなかった。

 アミ(01-1)_分類群01_3e
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
     眼の基部の半透明の部分は眼柄と呼ばれる構造。

 アミ(01-1)_分類群01_3d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸肢外肢の基部に焦点を合わせた画像。
     オキアミのような鰓はない。
 アミ(01-1)_分類群01_3c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:対側の尾肢に焦点を変えた画像。
     対側の尾肢の平衡胞を確認できる。
     平衡胞は一対(2個)ある。

 アミ(01-1)_分類群01_3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:暗視野照明で尾部を観察した。
     尾肢に球形の平衡胞を確認できる。

 アミ(01-1)_分類群01_3a
 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)
  *海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.0mm(*触角含まない、尾肢含む。)
 特徴:小型の個体。
     眼が大きく、腹部が長い。
     背甲は薄く、透明。
     腹肢、育房を確認できなかった。

7c
7b
7a
6f
6e
6d
6c
6b
6a
5a
4d
4c
4b
4a
3e
3d
3c
3b
3a
200μm
200μm
2mm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
2mm
2mm
200μm
200μm
200μm
2mm
200μm
200μm
200μm
200μm
2mm
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
ここをクリックするとアミ(01)の画像が開きます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 ヨアミ(Siriella 属)は1cm程度の夜行性のアミで、夜間にネットサンプリングを行うと採取できます。
 このページでは2011年11月26日の夜に茨城県(平磯)で採取したヨアミ(Siriella 属)を紹介します。
 生きているときは透明ですが、死ぬと白くなります。頭部に近い胸部だけ赤〜オレンジ色になります。
 非常に繊細で、輸送中に死にやすく、さらに死ぬと壊れやすく、取り扱いには注意を要します。
 アミが壊れやすいのは、背甲が頭胸部に癒着していないために胸部の強度が弱いことが理由です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2019 Neko no Shippo
2017/3/16更新
トップページに戻ります。